2016年8月28日 (日)

メッセージにありがとう

おつかれ様です。

9/2,3,4は休業します。

たくさんのお祝いメッセージを

ありがとうございます。

夏休み 家族の濃さに作る カルピス

このシンプルな一歩を忘れずに。

Image

2016年9月より

天神・日本銀行前へ移転営業の

屋台バーえびちゃん。

ご近所さんとまではなりませんが

oneと同じ昭和通り沿い仲間になります。

ベロタクシさーん、

循環運行をお願いします。

Image_2

同じく9月に

西新から大名へお引越しの

Bar Porte du bonheurさん。

私とは

同じ釜の飯を食った同胞。

そのシノギを削ったバー、

DURANDの名前を引き継ぎしての

凱旋営業。

マスターの好きなシャンパン、

ビルカール・サルモンを

エールを込めて

しばらく

グラス提供させて頂きます。

Image_3

2016年8月19日 (金)

TOUMEIなカクテル

おつかれ様です。

one入り口の白い空間で〜8/21開催のTOUMEIのガラス展。

三点の飲用ガラスに

三杯のドリンクを提案しております。

無色透明なクリスタル・グラスを

ドリンク提供にほぼ用いるone。

今回、三者三様の色付きガラスのお陰で

新しい価値観が見えました。

ジン・ライム。

ジェニパーベリー、

1種類のみの香りを持つジン・ショリゲルを

輪切りライムでシンプルに。

忌野清志郎の唄う

♪ジン・ライムのようなお月さまぁ♪は

あんがい三日月ではなく満月なのかも。

Image

ベンチャーウイスキー、

イチローズ・モルト。

ミズナラの葉をにほわす濃いヒスイ色と

ミズナラ樽での熟成を経たハチミツ色。

まるで、

あつらえたかの様な色合いのグラスへ

注ぎます。

Image_2

聖杯のような風格を持つ

青の洞窟色のガラスへは

アブサン・ソーダ。

透明な液体の白く変化する様子が

神秘さを増します。

Image_3

2016年8月 5日 (金)

リオ五輪カクテル

おつかれ様です。

いよいよ目前に迫るリオ五輪。

渇きを癒す一杯を。

コルコバード・カクテル
・ゴールド テキーラ 30ml
・ドランブイ リキュール10ml
・ブルーキュラソー リキュール20ml
・レモネード 60ml
クラッシュアイスと共にシェイクして、
共にグラスへ注ぐ。

巨大なキリスト像の立つ

コルコバードの丘から

リオ・デ・ジャネイロの眺めを

グラスへ映したスタンダード・カクテル。

Image

パクチー・モヒート
a.カシャーサ 45ml
b.パクチーの葉 適量
c.角砂糖一個
d.アンゴスチュラ ビターズ 2ダッシュ
e.ソーダ 適量
f.ライムジュース 15ml

1.a,b,cと
クラッシュアイス大さじ1を入れた器を
スリコギで、みぞれ状になるまで潰す。
2.クラッシュアイスを入れたグラスへ1を。
3.d,eを加え、グラスに霜が回るまで
かき混ぜる
4.fを注ぎ、2本のストローを挿す

ブラジル産のラム、カシャーサと

ブラジル料理に欠かせないパクチーの葉で

夏の定番モヒートをアレンジしたカクテル。

葉巻モンテクリストNo.2と飲りつつ

書いとりますが上々です。

Image_2

コンフェイト・カクテル
*カシャーサ 1/3
*マディラワイン ボアル10年 1/3
*ガリアーノ リキュール 1/3
*レモンジュース 1tsp
全ての材料をシェイクしグラスへ注ぎ
金平糖を沈める

ブラジル産のローカル・ラム、カシャーサも

リオ五輪を契機に流通へ向く

700mlサイズ(左)をメインに据え

世界浸透を目指しちゃうようです。

コンフェイトはブラジルで金平糖の意味。

oneオリジナル・カクテル。

Image_3

2016年7月23日 (土)

なつにまどろむたしかなつ

おつかれ様です。

7/23(土)〜7/31(日)の間、

oneエントランスのwhite spaceで

開催される中島大輔作陶展。

氏の作品を観てお飲みいただければ

より一層美味しくなる一杯二杯三倍。

Image

oneカウンターで

ニッコリ佇むシャレコウベ。

パステルカラーと写しとりレース文様が

モニカ・ベルッチ。

007最新作「スペクター」の冒頭'死者の日'シーンにシンクロします。

7月の日差しにキラキラな

ボンド・マティニー。

劇場サイズより小さめサイズでの

会期中提供です。

Image_2

土を大切にされる作風から私は、

わらひもで編まれるボトルデザインを連想。

クレマン6年熟成。

暑いエリアでの寝かせは2倍弱の満足感!

サトウキビの一番搾りから出来る

マルティニク島産です。

本来ボトルに巻かれた藁ひもは

運搬の際にボトルどうしがぶつかっての

損傷を防ぐめの工夫。

日差しを避ける帽子に使われたり、

濁りを避けるためストローに使われたり、

'わら'ってスグレモノ。

酒文化先進国の

フランス・コニャック地方のブランデーにも

同様の工夫を見ることが出来ます。

Image_3

氏のライフワークに通じる肌色。

ハッと匂い立つエロス。

シルク・ストッキングスと呼ばれる

ミステリアスな一杯を。

人間の業の味わい、テキーラを使う

やや甘め、

ややポッチャリの

スタンダード・カクテル。

2016年7月10日 (日)

ヘミングウェイなカクテル

おつかれ様です。

7/10(日)は臨時休業します。

お客様から

ヘミングウェイの飼っていた猫は

6本指だったんだよ。

そして、

なんとその遺伝子は

今も残っているんだよ、と伺いました。

へぇ〜、全く知りませんでした。

ありがとうございます。

ヘミングウェイあっての夏のone。

猫が盗み酒するくらいに美味しいアブサンを

シャンパンに落とすカクテル

「デス イン ジィアフタヌーン」

彼の「午後の死」という

タイトルの作品から

生まれた一杯。

陽の長い夏へ溶け出しまどろめます。

Image

彼がキューバで飲んでいた

'モヒート'というカクテルもあります。

先日、

エメラルド・モヒートと

題した一杯をいただきました。

ライムと

アンゴスチュラ・ビターズの代わりに

フレッシュ・キウイの酸味と苦味を使う

新解釈のモヒート。

さすがはアマン東京のバー!

このエメラルド・モヒートは

ほぼほぼの再現ですが

oneでもお愉しみいただけます。

Image_2

ヘミングウェイの肖像入キューバ産ラムは

イタリアの瓶詰め業者サマローリ社の一本。

長めのハバナ・シガーや

ミント・チョコとのマリアージュで

時間をお忘れ下さい。

パナマ帽をお忘れなく。

Image_3

2016年6月24日 (金)

UFO

おつかれ様です。

6/24はUFO記念日

Image

 

フライング・ソーサー・カクテル

ライト ラム 1/2
ドライ ヴェルモット 1/4
スイート ヴェルモット 1/4
グレナデン 1ダッシュ

氷を入れたシェイカーに
全ての材料を入れ
シェイクしてグラスへ注ぐ

富士山を背景に浮かぶUFO

Image_2

2016年6月23日 (木)

梅雨に美味しいウィスキーの飲み方

おつかれ様です。

Barや試飲会で嗅いだ

赤チンっぽさに

一瞬でほだされ

ご自宅に

ラフロイグや

アードベグの

ウィスキー・ボトルがあるよって方、

いらっしゃいますよね。

保健室の先生が好みじゃありませんか。

・・・梅雨にご自宅での一杯をご提案。

a.アードベグ・ソーダ・バック
   

   シングル・モルト・ウィスキー、
   アードベグ10年を
   ソーダとジンジャーエールの双方で割り
   レモンを搾ったハイボール・スタイル

Image

b.スモーキー・                                                                                             オールド・ファッションド・カクテル

   長期熟成のラフロイグに
   オレンジ、ミント、チェリーを添える。
   甘み調整の角砂糖(出来れば                                                                                  アンゴスチュラビターズに浸したもの)も添える。

Image_2

また、梅雨のくぐもった空気には

海辺に蒸留所のある

シングル・モルト・ウィスキーも

潮風を運んでくれます。

Image_3

スコットランド本島北部のプルトニー

同島東部のバンフ

同島南部のロッホ ロモンド

立地由来なそれぞれの潮っぽさ。

どれも、さらっとした風味にあと口。

テンポよくサクサクと飲れます。

2016年6月14日 (火)

ライバルを探して

おつかれ様です。

五月に京都・東山で開業した

終生のライバルからのFB友達申請。

しのぎを削った

修行店名DURANDを継承されています。

彼の名前'セイイチロウ'に

ちなみ

'イチ'のエールを。

まずは

Image

平野啓一郎氏のエッセイ掲載

ウィスキーヴォイス最新53号。

ハリウッド映画に見られる

自宅で振る舞われる

ウィスキーへのふしぎ感に始まる

眼を見張り

膝を打ち

心を潤しちゃう2000字。

文脈から

私と同年代なようで

ごひいきのもの書きさん。

つづいて

世界一のナポリ・ピッツアを

うたうミケーレ氏。

(看板イラストが

バーオスカーの長友さんそっくり!)

福岡市大名でも食べられます。

そちらで

最高の一枚を

焼いてもらいました。

Image_2

ゴキゲンな父の日ウィーク。

子供への真摯さが

このうえないお店。

シメに

日本一の山

富士がアイコンの

大手門フレンチ・TTOAHISUさん。

Image_3

何かあると

日本で呼吸する以上は

四季に尋ねるがおトクだよなぁ

と思うのですが

それを

丁寧な仕事で簡潔に

ホンヤクこんにゃくされているお店。

こちらの

Wコンソメスープを頂いてから

oneでも御通しで

スープを提供したい熱が

再燃しています。

ごちそうさまと

次回予約を

一緒にさせてもらっています。

2016年6月10日 (金)

早すぎないギムレット

おつかれ様です。

6月の雨をかぐと

ロゼが恋しくなります。

ジューンブライドと言いますし

ハッピーピンクに染まる水無月。


しっとり蒸し暑い6月は

とりあえずのグラス・シャンパンを

ロゼ・シャンパンに変えたくなるone。

シャルリエ・エ・フィスのロゼは

ピノ・ノワール100%で作られる

作り手の見える一杯。

Image_4

いつものシャンパンも

スイカを絞って

ロゼ★シャンパン⁈と遊んでみたり…

見た目と香り、

ダブルで夏先取りの一杯。


村上春樹氏も訳した

「ギムレット(カクテル)には早すぎる」

というくだり。

"I suppose it's a bit too early for a gimlet,"

he said.

初ものスイカをジンと合わせて

ギムレット仕立てにする

夏に「早すぎないギムレット」も

6月の楽しみ。

Image_5

この時季

野菜や果物がずらり並ぶ小さな一角から

一段と青さの映える山椒の実が

顔を覗かせます。

oneは山椒ウォッカをホームメイド。

雨の匂いに

ピキッとヒビをいれる芳香と

ビリッとしびれる味わいを

ウォッカに封じ込めます。

Image_6

いつもは

トマト丸一個のカクテル、

ブラッディー・メアリーを

同時期に出回る

ダーク・チェリーに変えて

水無月のブラッディー・メアリーに。

「ブラッディー・ミナヅキー」

なんてこった、パンナコッタ。


6月の蒸し暑さも

味方につける一杯。

夏を元気に過ごせますよう

ねがいを込めて調合します。

2016年5月22日 (日)

「戦争とおはぎとグリーンピース」 出版記念カクテル

おつかれ様です。

5/31まで展示中の

婦人の新聞投稿欄<紅皿>集

「戦争とおはぎとグリーンピース」

出版記念 田中千智 原画展。

西日本新聞の女性投稿欄<紅皿>

紅皿とは口紅用の紅が

塗られた小皿やちょこのことで

お水を含ませた筆や薬指で溶くと

鮮やかな赤となり頰や目元

爪を彩るのにも用いられたそう

終戦を契機に

社会へ飛び出す<ごりよんさん>の

アイコンではないしょうか。

Image

「戦争とおはぎとグリーンピース」

出版記念カクテル

<紅皿benizara>

材料

ヴァイオレット・リキュール   10ml                                                                  キュンメル                          20ml                                                                                        カムパリ                             10ml                                                                                           ペリエ                                30ml                                                                                              レモンジュース                      1tsp

作り方

a.上記の材料を
  氷の入った
  ミキシング・グラスに注ぎ
  ステアする
b.液体の澄んできた頃合いで
  冷やしておいたグラスへ
  注ぎ替える
c.ザクロの種をグラスに沈める

わたしは

表紙のふたりの女性(同一人物?)の

<間>が好きで

その経年変化というか

時間をグラスに映そうと試みました

Image_2

田中千智さんの描かれた絵の

シングル・モルト・ウィスキー、

カリラもお飲み頂けます。

トロワ・リヴィエールという

カリブ海・マルティニーク島産の

さとうきび酒・ラムを寝かせた樽での

熟成を経た特別な一本です。

そのラムを舐めながら

このカリラをお飲みいただければ

樽から浸み出した<時間>を

感じていただけます

Image_3

梅雨入り前の気持ち良い季節を

絵を観たり

ページをめくったり

グラスに尋ねたり

より快適な<時間>をお過ごし下さい

最近の写真

  • Image_3
  • Image
  • Image_2
  • Image
  • Image_2
  • Image_3
  • Image_3
  • Image_2
  • Image
  • Image_3
  • Image_2
  • Image