2017年10月22日 (日)

秋のシガーカクテル

おつかれ様です。

bar oneは毎月1,11,21,31日に

定休日を頂いておりますが、

11/2(木)は

臨時休業します。

bar oneエントランスの

white spaceで

10/21(土)〜10/30(月)開催の

福嶋さくら個展/一編。

アクリル画のとある箇所に

刺繍を施した作品です。

ラジオから流れるフレーズに

ふと

巻き取られる日常。

日常の暮らしの中

記憶にふけるきっかけ。

きっかけに刺繍。

そんなoneの解釈からの

オマージュカクテルはこちら。

Img_2138


Brunswick Sour
ブランズウィック・サワーと
呼ばれる一杯

・white rum
ホワイトラム 3/6
・lemon juice
レモンジュース 1/6
・sugar siro
シュガーシロップ 1tsp
・red wine
赤ワイン 2/6

1.赤ワイン以外の材料を
シェーカーに入れ
いっぱいの氷とともに
シェークしグラスに注ぐ

2.赤ワインをゆっくりと浮かべる
シラー種を選ぶと
秋っぽい仕上がりに


どことなく

煙ただよう秋。

秋のフルーツ・ラフランスで作る

葉巻と相性の良い

シガーカクテルを紹介します。

Img_2141


・calvados brandy
カルバドス 2/3
・Baileys Original Irish Cream
べイリーズ 1/3
・poire silop
ポワール シロップ 適量
・Claude Blanchet
ラフランス 1/4個

1.全ての材料に
クラッシュアイスを入れ
ミキサーにかける

2.とろとろをグラスに注ぎ
焦がしたラフランスの皮を飾る

3.葉巻くゆらせごくり


秋の深まりと共に

美味しさの増す

スペイサイド・ウィスキー。

アイラ川、リベット川、

そしてスペイ川と

地形を空想しながら

飲んでみては。

Img_2142


恵那寿や(えなすや)さんの

栗きんとん、

喜多林堂さんの

割板ピーナツ、

ピエトロ・ロマネンゴ
(PIETRO ROMANENGO)さんの

シュガーボンボン。

ウィスキーの

すすむこと、

すすむこと。

2017年9月25日 (月)

めぐみの秋に飲むお酒

おつかれ様です。

bar oneは毎月1,11,21,31日に

定休日を頂いておりますが、

9/30(土)は臨時休業します。

〜そろそろ十五夜。

ブルームーン ウサギのもちつき 見えるかな

blue moon cocktail

*ジン 1/2
gin
*レモン・ジュース 1/4
lemon juice
*ヴァイオレット・リキュール 1/4
violet liqueur

全ての材料をシェーカーに入れ
氷を詰めシェークしグラスへ注ぐ

Img_1887


いわゆる

スタンダード・カクテルなのですが

oneはお月見仕様で

ラベンダー・シロップを
lavande sirop

少量加えるアレンジで

提供しています。

ススキ🌾とラベンダーって

かぶりませン?

〜芸術の秋。

映画のタイトルに頻繁に使用される

「マンハッタン」。

カクテル発祥の地アメリカには

彼の地の地名そのものや

地名の入ったカクテルが

いくつかありますが

マンハッタン・カクテルはその代表。

アメリカのHERO

ケネディ大統領の愛した葉巻・

アップマンをくゆらせながら

一緒にいかがでしょう?

manhattan cocktail

*ライ・ウイスキー 3/4
rye whiskey
*スウィート・ヴェルモット 1/4
sweet vermouth
*アロマティック・ビターズ 3振り
aromatic bitters
*グリオッティーヌ・チェリー 3個
griottines cherry
*オレンジの皮 2枚
orange peel

1.ミキシング・グラスに氷を組み
氷中央にヴェルモットを注ぐ。

2.グラスの周りに霜がふるまでステアして
ヴェルモットを捨て切る。

3.アロマティック・ビターズを
ミキシング・グラスへ振る

4.霜がスルーッと涙するまで待ち
ビターズを捨て切る

5.スウィート・ヴェルモット、
ライ・ウイスキーの順に注ぎ
再びステアしてグラスへ注ぐ。

6.オレンジの皮で
香りのみをグラスへ飛ばし
チェリーを飾る

Img_1891


マンハッタン・カクテルは

ライ麦主体のライ・ウイスキーと

赤ワインのハーブ酒、ヴェルモットを

混ぜ合わせて作る一杯。

一般的に、

ライ麦はたわわに実っても

こうべを垂らさないようですが

ことさら

秋冬に飲むマンハッタン・カクテルは

豊穣を感じて頂けると思います。

マンハッタン 馳せるはこうべを 垂れるライ

〜収穫を祝う秋。

ぶどうもお祝いされます。

ワインとなってブランデーとなって

お祝いする側にも回ります。

甘く優しい

コニャック・ブランデーは

うわあ、美味しい‼️

生きてて良かったーと

おへその下あたりから感じられます。

大自然への恵みをいささか

オーバーランして

一個人の健康のありがたみにまで

行き着く訳です。

Img_1894

oneは虫歯の治療が終わる度に

ふくよかなコニャックに癒されます。

ふねを漕ぐ わかっちゃいるけど チョコレート

2017年9月 7日 (木)

実りの秋の一杯を


におつかれ様です。

沢山のお祝い🎂メッセージを

ありがとうございました☺️

9/7(木)〜9/17(日)は宮下大輔展

[series 20170907]を

oneエントランスの白い空間で開催します👏

広島生まれの氏とお話しする機会が

五年前くらいにありました。

カセット・テープ📼の話で

盛り上がりました。


今回、6年振りの個展は

自身収集の既製品や部品を並べた作品を

展開します。

作品へのオマージュ・カクテルとして

選んだのは

ファイン アンド ダンディ fine & dandy。

one十八番のホワイト・レディ・カクテルに

アロマティック・ビターズを

垂らす一杯です。

Img_1865_2


fine & dandy

*ジン 1/2
gin
*レモン・ジュース 1/4
lemon juice
*ホワイト・キュラソー 1/4
white curaçao
*アロマティック・ビターズ 3dsh
aromatic bitters

アロマティック・ビターズ以外の材料を
シェーカーに入れ氷を詰めた後に
氷の上からビターズを垂らし
シェークしてグラスへ注ぐ

夏が記憶になりはじめたら

セプテンバー・モーン・カクテル

september mornは

いかがでしょうか?

Img_1861_2


september morn

*ホワイト・ラム 3/4
white rum
*ライム・ジュース 1/4
lime juice
*グレナデン・シロップ 適量
grenadine syrup
*卵白 適量
the white of an egg

全ての材料をシェーカーに入れ
氷を詰めシェークしグラスへ注ぐ


♪朝焼けの光の中にの立つ影は~♪

…………9月の朝もやの情景です。

グレナデン・シロップの赤を減らして

アロマティック・ビターズを加えて

色褪せてゆく夏を強調しています。


9月には

シングルモルトウィスキー、

「ク」ライネリッシュを飲りませんか?

Img_1859_2


読「ク」書の秋も間近。

oneはジュン「ク」堂で

みつくろった文庫本を

肴に夜長を楽しみます。

2017年7月17日 (月)

給食番長の夏休み

おつかれ様です。

bar oneは

7/27(木)〜7/30(日)、

8/10(木)、8/12(土)を臨時休業します。

そして、いよいよ、

あの「給食番長」が夏休み早々

bar oneエントランスの

white space へやってきます。

7/17(月)〜7/30(日)

よしながこうたく絵本原画展。

オマージュ・カクテル、

今回は宇治金時。

Img_1173 自家製のあま酒をベースにした意欲作です。

基本的にノンアルコール・カクテルですが

ご希望でジャマイカン・ラムを調合します。

給食番長宇治金時と呼んでいます。

Img_1174 スイカのマルガリータも

よしなが氏の作品に馴染みます。

Img_1177 給食番長の夏休み。

葉巻とラム酒でリラックス。

家族サービスの息抜きに。

 

2017年7月 3日 (月)

曲線酒で乗り切る梅雨前線

おつかれ様です。

barスペースへの入口、white spaceで

7/1(土)~7/9(日)開催の菅雄嗣展。

scraped paintingという

キャンバスに塗布した絵の具から

筆跡や痕跡を描き出す作品。

スピードの象徴・ハイウェイという題材は

ひっかき傷やシワの質感に

時間量のみならず匂いまで

もたらしています。

oneはスタンダード・カクテル、

beach comber ビーチコーマーを

オマージュの一杯として提供します。

湾の曲線に引き寄せる大波の意味のほか、

砂浜に櫛をする人、転じて

砂浜で漂着物集めに興じるピュアな心を

模した一杯です。

砂浜に櫛をする事から

キャンバスを引っかく事を連想しています。

white rum                            1/2

white curaçao                     1/6

maraschino liqueur             1/6

lime juice                              1/6

Img_1121


梅雨入りから

よくオーダーを頂くようになった

レモン・グラスのハイボール。

レモン・グラスの実り方は

菅氏の描くハイウェイ曲線に類似点が幾つか。

Img_1130


海が近くなる七月。

舟遊びを匂わす

シングルモルトウイスキーは

いかがでしょうか?

スコットランド本土最北にある

海岸沿いの蒸溜所、

old pulteney オールド プルトニー。

そちらからの

clipperと呼ばれる帆船レース記念の一本。

そのいきいきとした味わいは

風をいっぱいに受けた帆の曲線のよう。

Img_1117

2017年5月25日 (木)

ミント・ジュレップを飲み干す前に

おつかれ様です。
昨日は久しぶりの雨。
今日はきっと
野原に跳ねるバッタが見られるでしょう。

Img_1013

grass hopper cocktai
グラスホッパー(バッタ)と呼ばれる一杯。
グリーン・ミント・リキュール 1/3
ホワイト・カカオ・リキュール 1/3
フレッシュ・クリーム 1/3
なめらかな口当たりの一杯は
夏へ跳ねる気持ちをまどろませます。

晩春、低く飛び交う姿の見られるツバメ。
空模様に反比例曲線を描きます。
目で追っているうちに
飲んで帰ろっとよぎっちゃったなら、
GLEN ELGINグレンエルギン。

Img_1008

ツバメ(岩ツバメ)の描かれた
シングルモルトウィスキー。
その強い主張のない味わいが
底知れぬ旨さへつながる
よせてはかえすツバメ返し。

五月のまぶしさへ
さらにだめ押しをする
山椒の実の青さ。
ちりちりと燃える線香花火状の実をほぐし
無味無臭のウォッカに漬け込みます。

Img_1009

ブラッディメアリーカクテルの隠し味や
カカオ、チョコの甘さを軽くするのに
重宝します。

2017年4月21日 (金)

沖縄オマージュカクテル2017

おつかれ様です。

one入り口のwhitespaceで

4/21(金)ー30(日)開催の

石垣克子展/遠くに、近くに

オマージュ・カクテル1番め。

○泡盛(白百合)                  1/3
○ガリアーノ                     1/3
○マディラワインBOAL10y  1/3
○レモンジュース               1tsp
上記の材料と氷をシェイクしグラスへ注ぎ
金平糖を落とす

Img_0877以前、

マディラワイン・カクテル・

コンペティションで

こさえたoneオリジナルカクテル、

🍸confeit(コンフェイト)🍸をアレンジ。

カシャーサと呼ばれる

ブラジル産蒸留酒仕様を

沖縄県石垣島産泡盛「白百合」仕様へ。

作品を観ればハッピー飲めばジューシー

遠くに、近くにオマージュ2番め。

これも

以前出場の

泡盛カクテル・コンペティション

oneオリジナルカクテル、

🍸かなた🍸の2017版。

○泡盛(白百合)                   1/2
○アップル・リキュール        1/4
○ヨーグルト・リキュール     1/4
○ライム(皮をむいたもの)     1/8カット
上記の材料とクラッシュアイスを適量入れ
ミキサーにかけ
コーラルスタイル(泣かない粉糖)仕上げの
グラスへ注ぐ

Img_0884

アップル×ヨーグルトをまとう

フローズン白百合の

喉元過ぎてのプハーがクセになるかも。

泡盛はリンゴとの相性が1番良いと言う

カム・シャン・グリッペ/Cam Chien Grippe

浅野シェフの薫陶を受けて調合したっけなぁ。

めぐりめぐってめぐまれて

3番めのオマージュ・カクテル。

私は

春の沖縄に咲くコーヒーの白い花を

いつか見てみたいと思っています。

○泡盛(白百合) 30ml
○淹れたてエスプレッソコーヒー 45ml
○ローズ・リキュール 10ml
上記の材料と氷をシェイクしグラスへ
氷と共に注ぐ

Img_0887

15年ほど前、

BarAUGUSTA/バーオーガスタ・

品野マスターに頂いた

カクテル🍸バリスタ🍸がルーツ。

oneの近くに遠くに様々に派生しています。

熱々エスプレッソをシェイクすると

ふんわり泡立ちます。

耳をそばだてると

気泡のささやきが聞こえます。

そんなうたかたを

小さく短く咲く白いコーヒーの花に

なぞらえて会期中、

🍸琉球スノー🍸と呼んでみます。

克子さんは

通りから見たoneの景色も

描いてくれています。

2017年3月23日 (木)

おつかれ様です。

3/25(土)〜3/30(木)は

臨時休業します。

前回ご提案の武雄カクテル、

「ノックアウト」は

oneの選択するボトル達では

シェイクの作り方より

ミキシング・グラスで混ぜ合わせる

ステアでの作り方がより美味しい事が

判りました。

お客様のあ・うんに感謝!

今回、

改めて「ノック・アウト・カクテル」を

提案します。
○ジン(素朴なもの) 1/3
○ドライ・ベルモット 1/3
○アブサン(甘過ぎないもの) 1/3
○ホワイト・ペパーミント・
リキュール 1tsp

Img_0592_4

①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
ドライ・ベルモットを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

ステアで作る冷た過ぎない一杯は

まだ肌寒い春先にこそ美味しいです。

芽吹きの匂うカクテル、

スティンガー(ブリティッシュ・スタイル)

○ブランデー(シャンパン・マール) 3/4
○ホワイト・ペパーミント・
リキュール 1/4
○アイスミント・リキュール(下味用) 

Img_0587_3

①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
アイスミント・リキュールを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記(上から二種)の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

基本的に

ステアという調合の際、

♪ヒヤキオーガン♪を

口ずさみ調合するoneですが

次に提案する

パリジャン・カクテルに関しては

♪ケ・セラ・セラ♪に変更します。

Img_0561

○ジン 1/2
○カシス・リキュール 1/4
○ドライ・ベルモット 1/4
①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
ドライ・ベルモットを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

サヨナラだけが人生だ、

どこか桜のようなエスプリを持つ

♪はなむけ♪カクテルです。

2017年3月 9日 (木)

ブラ武雄

おつかれ様です。

佐賀県武雄市で3/11〜3/20

maboroshi experiment マボロシ実験場
takeomaboroshi.com

と題したアートイベントがあります。

私は武雄に対して

温泉のイメージを強く持っていますが、

行政やTUTAYA、宇宙科学館など、

武雄の事を確かめたいなぁと

思っていたところ。

武雄へ行ってきます。

ワクワクを抑え切れないので

かの地にちなむ一杯をご紹介します。

まず

武雄は、タケオ。

アルファベット表記でtakeo 、

TaKeO→T.K.O.

頭文字に着目すると

テクニカル・ノック・アウト…。
Technical Knock Out

Img_0509

ノック・アウトと呼ばれる
古典カクテルがあります。
ジン 1/3
ドライ・べルモット 1/3
アブサン 1/3
ホワイト・
ペパーミント・リキュール 1tsp

シェイクして
ボクシング・グローブ似のグラスに注ぐ

次に

武雄市を流れる一級河川、六角川。

六つの角があるのかしらん。

川といえば

ミシシッピー川にあやかる

サザン・カムフォート・リキュール。

それを45mlに

キウイフルーツ1個と

お抹茶ふた匙、

クラッシュアイス適量を加えミキサーに。

六角川(ロッカクガワ)ですから

カクカクしたグラスに注ぎましょ。

Img_0534

最後に

スタンダード・カクテル、
ルビースター。
テキーラ 1/6
カムパリ 1/6
グレープフルーツジュース 2/3

シェイクしてグラスに注ぎ
☆を飾ります。

Img_0526

佐賀県立宇宙科学館プラネタリウムの

名物女性ナレーターの名前が

日本人発見の惑星名になった

エピソードから

カクテル・ルビースターを連想しました。

早春の武雄の空気に触れられますように。

2017年2月13日 (月)

クラウドファンディングでのお遍路さん表現

おつかれ様です。

2/19まで展示中の「同行三人」。

画家星氏がお遍路さんにて

88寺を描き(一人目)、

様々な表現をされる太湯氏が同行して

ドキュメント映像を記録(二人目)。

ふたりにに寄り添う空海(三人目)。

よって「同行三人」。

空海と云えば般若湯。

酒は厳しい戒律下でも

「癒し」としての許容量ならば悪くはない。

空海もまたバーマンなのですね。

「同行三人」へのオマージュ・カクテル「同行三杯」。

先ずは

般若'湯'ですから、ホット・カクテル。

巡礼のニュアンスを持つ

シャルトリューズと

パイナップルジュースを温め

グラスへ注ぎ、赤ワインの薬草酒、

ヴェルモットをたらり。

空海のバイタリティが

みなぎること請け合い。

Img_0480

日本人の酒の単位、一合180ml。

180mlのちょうど入る酒器、そばちょこ。

似たような大きさのロックグラスに

ウォッカとグレープフルーツ、氷。

そこへ88寺の絵に

頻繁に使われている「紫色」の

ヴァイオレット・リキュールたらりで

オリエンタル・ムードup。

Img_0466

控えめで小ぶりなそばちょこ形状は

そも

出汁と蕎麦の香りが楽しめるように。

香りの印象的な

青バナナ・リキュールを使うと

鼻先からもフラスコジークレー画の

グラデーションが伝わるやもしれない。

Img_0475

どうぞグラス片手に絵や映像を

お楽しみ下さい。

特別上映会が2/18の17:05〜18:15

その後、

撮影者太湯氏のトークイベントが

20時あたりまであります。

クラウドファンディングでの

お遍路さん秘話を

お聞かせ頂けると思います。

最近の写真

  • Img_2142
  • Img_2141
  • Img_2138
  • Img_1894
  • Img_1891
  • Img_1887
  • Img_1865_2
  • Img_1861_2
  • Img_1859_2