2016年12月 7日 (水)

カクテルくるみ割り人形三部作

おつかれ様です。

いよいよ

one店頭のイチョウが散り始めました

「クリスマス」のフレーズが無くとも

クリスマスムードが盛り上がる

チャイコフスキー作のバレエ曲

🎶くるみ割り人形🎶

今年こそ 

くるみ割り人形の

オリジナル・カクテル制作に

チャレンジしてみよう

*くるみリキュールnocello 1/3
*ウォッカstolichnaya1/3
*リレlillet1/3

Img_0238_2

全ての材料をシェイクしグラスに注ぎ

金平糖を沈める

1.くるみ割り人形にちなみ
クルミのリキュールと
作曲者チャイコフスキーの故郷酒ウォッカ。

2.🎶金平糖の踊り🎶と呼ばれる一節より
金平糖を飾ります。

3.クリスマスのキラキラ感を
液体の透明感として反映させたい。

3+.ワクワクする曲のイメージから
007のテーマ曲が思い浮かび
転じて
ボンド・マティニーに調合される
アペリティフ・ワインに絞り込む。

以上のような過程で

oneのナッツクラッカー・カクテル

nutscracker cocktailの出来上がり

上記の創作過程では

冬らしさを反映出来なかったので

冬こそ美味しいマンハッタン・カクテルを

🎶くるみ割り人形🎶風にアレンジ。

*ライ/バーボン・ウイスキー
very old st.nick1/3
*くるみリキュールnocello 1/3
*スイート・ヴェルモットbiermu1/3

Img_0242

全ての材料をステアしグラスに注ぎ

オレンジの皮の香り付けをして

ミントチェリーを飾る

1.せっかくですから                                                                                       サンタクロース・モチーフのウイスキーに                                                        くるみのリキュールを注ぎます。

2.🎶スペインの踊り🎶と呼ばれる一節から
スペイン産のヴェルモットをチョイス。

3.チェリーもクリスマスカラーに。

冬ならではのホットカクテルにも

🎶くるみ割り人形🎶な

湯気を漂わせてみましょう

厳冬の定番カクテル、

アイリッシュ・コーヒーに

くるみリキュールの調合をします

*アイリッシュ・ウイスキーblackbush30ml
*くるみリキュールnocello15ml
*ホット・コーヒー適量
*コーヒー豆2粒
*ホイップクリーム適量

Img_0244

温めたホットグラスへ

コーヒー豆を二粒落とし

ウイスキーを少量落とし、焼いた後に

ウイスキーとリキュールを注ぐ

そして、

熱いコーヒーを注いだ後に、

軽くホイップした生クリームを浮かべる

三者三様の

🎶くるみ割り人形🎶カクテル。

どれがお好みでしょうか。

2016年10月 6日 (木)

肉球グラスのマンハッタン・カクテル

おつかれ様です。

10/17(月)は臨時休業します。

銀杏の実が落ち始め

すっかりと

秋めいてきました。

one入り口の白い空間にも

珍入者が…。

赤い額に

ひと休みのトンボ。

Image

〜10/10展示中の田中千智「猫物語」。

さて、

白い空間に

一体何匹の猫がいるのでしょう?

oneオマージュの一杯は

肉球グラスのマンハッタン・カクテル。

黒ネコの描かれた

ジャパニーズウィスキーへ

スペイン産ベルモットを注ぎ、

丸氷を沈め、

オレンジの皮、

グリオッティーヌ・チェリー添えの

組み合わせで調合します。

Image_2

お酒のシメには

ジャコウネコと深い関わりのあるコーヒー、

コピ・ルアクはいかがでしょう。

Image_3

秋の夜長をキャット・ウォークで

帰れる事うけあいです。

2016年9月22日 (木)

中秋の名月カクテル三部作

おつかれ様です。
きれいなお月さまの秋。
月にまつわるカクテルの紹介。

○ブルームーン・カクテル

ジン30
ヴァイオレットリキュール15
レモン15
ラベンダーシロップ1tsp

全ての材料を
シェイクしてグラスへ
月に見立てた柑橘の皮を飾る

Image

♪月の裏で会いましょう♪

深夜ドラマもカッコよかった

○ムーンライト・カクテル

ジン20
白ワイン20
キルシュ5
グレープフルーツジュース15

全ての材料を
シェイクしてグラスへ
月に見立てた柑橘の皮を飾る

Image_2

かすかに揺れる萩を

キラキラと照らします

○ムーンライトキッス・カクテル

バイオレット45
ホワイトキュラソー5
パイナップルジュース30
レモンジュース5
ラベンダーシロップ1tsp

全ての材料を
クラッシュアイスと共に
シェイクして氷も一緒にグラスへ

Image_3

映画「ゴースト」の陶芸シーン。

主題歌「アンチェインド・メロディ」を

グッチ裕三インプットしているone。


- [ ]

2016年9月15日 (木)

店名変更のお知らせ

おつかれ様です。

沖縄の儀間さんmadeくまモンが

oneバックバーに出現!

中身は

SAMAROLIサマローリのラム酒ですが

「KUMAROLI」くまローリ!や

「GIMAROLI」ぎまローリ!と

正確にボケましょう。

沖縄県伊江島産ラム酒漬の

冬瓜スライスをプレゼント。

Image

10月は猫画。

田中千智の猫物語が10/1〜10/10に

one入り口、ホワイトスペースで開催。

犬モチーフのロゴでoneの当店ですが、

期間中はBarニャンに様変わり!

Image_2

坪庭の塀に

キャットウォークを拝める事の出来るone。

たまに

長めの猫も駆け抜けます。

…イタチ。

そちらさんに

どうも双子ちゃんが生まれたようで

坪庭へ下りてきて

追いかけっこする様子を激写!

Image_3

…坪庭フクロウ・バー計画は

見送る事にします。

2016年9月 8日 (木)

ロング・アイランド・アイスティー秘話

おつかれ様です。
one入り口の白い空間で
〜9/18開催のダンボール・アート。
沖縄の儀間さん作。

日本なら
カブキ、スシ、スモウかな?
ハリウッド、ファストフード、バスケと
いったアメリカン・デザイン。

ダンボールという機能紙で切り貼り再構築。
時間や量の見える現代アートに。

私は美味しくなるまで長い目で見る
ブランデーやウイスキーが好きですが、
パパパっと
手早く作るカクテルの作り手。

Image

言わんがな

カクテルはアメリカ生まれ。

儀間さんへ
勝手にシンパシーを感じています。

9/11は儀間さんの
ギャラリートーク15:30〜17:00もあります。

会期中のオマージュ・カクテルは
ロング・アイランド・アイスティーと
呼ばれる一杯。

Image_2

四種類の蒸留酒
(ジン・ウォッカ・ラム・テキーラ)を
等分にミックスして
レモンと
オレンジの皮のリキュールを足し
アメリカを代表するコーラを注ぐと
あら不思議!
見た目も、味わいも、
「ティー」になります。

「私の故郷のお酒なんだとか
私の好きなお酒なんだとか」
世界中の酒場どちらでも
繰り広げられるコミュニケーション。

人種のるつぼ、ニューヨークで
出来上がるのも、うなずけます。

Image_3

S、M、Lの三種類を取り揃えています。

2016年8月28日 (日)

メッセージにありがとう

おつかれ様です。

9/2,3,4は休業します。

たくさんのお祝いメッセージを

ありがとうございます。

夏休み 家族の濃さに作る カルピス

このシンプルな一歩を忘れずに。

Image

2016年9月より

天神・日本銀行前へ移転営業の

屋台バーえびちゃん。

ご近所さんとまではなりませんが

oneと同じ昭和通り沿い仲間になります。

ベロタクシさーん、

循環運行をお願いします。

Image_2

同じく9月に

西新から大名へお引越しの

Bar Porte du bonheurさん。

私とは

同じ釜の飯を食った同胞。

そのシノギを削ったバー、

DURANDの名前を引き継ぎしての

凱旋営業。

マスターの好きなシャンパン、

ビルカール・サルモンを

エールを込めて

しばらく

グラス提供させて頂きます。

Image_3

2016年8月19日 (金)

TOUMEIなカクテル

おつかれ様です。

one入り口の白い空間で〜8/21開催のTOUMEIのガラス展。

三点の飲用ガラスに

三杯のドリンクを提案しております。

無色透明なクリスタル・グラスを

ドリンク提供にほぼ用いるone。

今回、三者三様の色付きガラスのお陰で

新しい価値観が見えました。

ジン・ライム。

ジェニパーベリー、

1種類のみの香りを持つジン・ショリゲルを

輪切りライムでシンプルに。

忌野清志郎の唄う

♪ジン・ライムのようなお月さまぁ♪は

あんがい三日月ではなく満月なのかも。

Image

ベンチャーウイスキー、

イチローズ・モルト。

ミズナラの葉をにほわす濃いヒスイ色と

ミズナラ樽での熟成を経たハチミツ色。

まるで、

あつらえたかの様な色合いのグラスへ

注ぎます。

Image_2

聖杯のような風格を持つ

青の洞窟色のガラスへは

アブサン・ソーダ。

透明な液体の白く変化する様子が

神秘さを増します。

Image_3

2016年8月 5日 (金)

リオ五輪カクテル

おつかれ様です。

いよいよ目前に迫るリオ五輪。

渇きを癒す一杯を。

コルコバード・カクテル
・ゴールド テキーラ 30ml
・ドランブイ リキュール10ml
・ブルーキュラソー リキュール20ml
・レモネード 60ml
クラッシュアイスと共にシェイクして、
共にグラスへ注ぐ。

巨大なキリスト像の立つ

コルコバードの丘から

リオ・デ・ジャネイロの眺めを

グラスへ映したスタンダード・カクテル。

Image

パクチー・モヒート
a.カシャーサ 45ml
b.パクチーの葉 適量
c.角砂糖一個
d.アンゴスチュラ ビターズ 2ダッシュ
e.ソーダ 適量
f.ライムジュース 15ml

1.a,b,cと
クラッシュアイス大さじ1を入れた器を
スリコギで、みぞれ状になるまで潰す。
2.クラッシュアイスを入れたグラスへ1を。
3.d,eを加え、グラスに霜が回るまで
かき混ぜる
4.fを注ぎ、2本のストローを挿す

ブラジル産のラム、カシャーサと

ブラジル料理に欠かせないパクチーの葉で

夏の定番モヒートをアレンジしたカクテル。

葉巻モンテクリストNo.2と飲りつつ

書いとりますが上々です。

Image_2

コンフェイト・カクテル
*カシャーサ 1/3
*マディラワイン ボアル10年 1/3
*ガリアーノ リキュール 1/3
*レモンジュース 1tsp
全ての材料をシェイクしグラスへ注ぎ
金平糖を沈める

ブラジル産のローカル・ラム、カシャーサも

リオ五輪を契機に流通へ向く

700mlサイズ(左)をメインに据え

世界浸透を目指しちゃうようです。

コンフェイトはブラジルで金平糖の意味。

oneオリジナル・カクテル。

Image_3

2016年7月23日 (土)

なつにまどろむたしかなつ

おつかれ様です。

7/23(土)〜7/31(日)の間、

oneエントランスのwhite spaceで

開催される中島大輔作陶展。

氏の作品を観てお飲みいただければ

より一層美味しくなる一杯二杯三倍。

Image

oneカウンターで

ニッコリ佇むシャレコウベ。

パステルカラーと写しとりレース文様が

モニカ・ベルッチ。

007最新作「スペクター」の冒頭'死者の日'シーンにシンクロします。

7月の日差しにキラキラな

ボンド・マティニー。

劇場サイズより小さめサイズでの

会期中提供です。

Image_2

土を大切にされる作風から私は、

わらひもで編まれるボトルデザインを連想。

クレマン6年熟成。

暑いエリアでの寝かせは2倍弱の満足感!

サトウキビの一番搾りから出来る

マルティニク島産です。

本来ボトルに巻かれた藁ひもは

運搬の際にボトルどうしがぶつかっての

損傷を防ぐめの工夫。

日差しを避ける帽子に使われたり、

濁りを避けるためストローに使われたり、

'わら'ってスグレモノ。

酒文化先進国の

フランス・コニャック地方のブランデーにも

同様の工夫を見ることが出来ます。

Image_3

氏のライフワークに通じる肌色。

ハッと匂い立つエロス。

シルク・ストッキングスと呼ばれる

ミステリアスな一杯を。

人間の業の味わい、テキーラを使う

やや甘め、

ややポッチャリの

スタンダード・カクテル。

2016年7月10日 (日)

ヘミングウェイなカクテル

おつかれ様です。

7/10(日)は臨時休業します。

お客様から

ヘミングウェイの飼っていた猫は

6本指だったんだよ。

そして、

なんとその遺伝子は

今も残っているんだよ、と伺いました。

へぇ〜、全く知りませんでした。

ありがとうございます。

ヘミングウェイあっての夏のone。

猫が盗み酒するくらいに美味しいアブサンを

シャンパンに落とすカクテル

「デス イン ジィアフタヌーン」

彼の「午後の死」という

タイトルの作品から

生まれた一杯。

陽の長い夏へ溶け出しまどろめます。

Image

彼がキューバで飲んでいた

'モヒート'というカクテルもあります。

先日、

エメラルド・モヒートと

題した一杯をいただきました。

ライムと

アンゴスチュラ・ビターズの代わりに

フレッシュ・キウイの酸味と苦味を使う

新解釈のモヒート。

さすがはアマン東京のバー!

このエメラルド・モヒートは

ほぼほぼの再現ですが

oneでもお愉しみいただけます。

Image_2

ヘミングウェイの肖像入キューバ産ラムは

イタリアの瓶詰め業者サマローリ社の一本。

長めのハバナ・シガーや

ミント・チョコとのマリアージュで

時間をお忘れ下さい。

パナマ帽をお忘れなく。

Image_3

最近の写真

  • Img_0244
  • Img_0242
  • Img_0238_2
  • Image
  • Image_2
  • Image_3
  • Image_3
  • Image_2
  • Image
  • Image_2
  • Image
  • Image_3