2017年7月17日 (月)

給食番長の夏休み

おつかれ様です。

bar oneは

7/27(木)〜7/30(日)、

8/10(木)、8/12(土)を臨時休業します。

そして、いよいよ、

あの「給食番長」が夏休み早々

bar oneエントランスの

white space へやってきます。

7/17(月)〜7/30(日)

よしながこうたく絵本原画展。

オマージュ・カクテル、

今回は宇治金時。

Img_1173 自家製のあま酒をベースにした意欲作です。

基本的にノンアルコール・カクテルですが

ご希望でジャマイカン・ラムを調合します。

給食番長宇治金時と呼んでいます。

Img_1174 スイカのマルガリータも

よしなが氏の作品に馴染みます。

Img_1177 給食番長の夏休み。

葉巻とラム酒でリラックス。

家族サービスの息抜きに。

 

2017年7月 3日 (月)

曲線酒で乗り切る梅雨前線

おつかれ様です。

barスペースへの入口、white spaceで

7/1(土)~7/9(日)開催の菅雄嗣展。

scraped paintingという

キャンバスに塗布した絵の具から

筆跡や痕跡を描き出す作品。

スピードの象徴・ハイウェイという題材は

ひっかき傷やシワの質感に

時間量のみならず匂いまで

もたらしています。

oneはスタンダード・カクテル、

beach comber ビーチコーマーを

オマージュの一杯として提供します。

湾の曲線に引き寄せる大波の意味のほか、

砂浜に櫛をする人、転じて

砂浜で漂着物集めに興じるピュアな心を

模した一杯です。

砂浜に櫛をする事から

キャンバスを引っかく事を連想しています。

white rum                            1/2

white curaçao                     1/6

maraschino liqueur             1/6

lime juice                              1/6

Img_1121


梅雨入りから

よくオーダーを頂くようになった

レモン・グラスのハイボール。

レモン・グラスの実り方は

菅氏の描くハイウェイ曲線に類似点が幾つか。

Img_1130


海が近くなる七月。

舟遊びを匂わす

シングルモルトウイスキーは

いかがでしょうか?

スコットランド本土最北にある

海岸沿いの蒸溜所、

old pulteney オールド プルトニー。

そちらからの

clipperと呼ばれる帆船レース記念の一本。

そのいきいきとした味わいは

風をいっぱいに受けた帆の曲線のよう。

Img_1117

2017年5月25日 (木)

ミント・ジュレップを飲み干す前に

おつかれ様です。
昨日は久しぶりの雨。
今日はきっと
野原に跳ねるバッタが見られるでしょう。

Img_1013

grass hopper cocktai
グラスホッパー(バッタ)と呼ばれる一杯。
グリーン・ミント・リキュール 1/3
ホワイト・カカオ・リキュール 1/3
フレッシュ・クリーム 1/3
なめらかな口当たりの一杯は
夏へ跳ねる気持ちをまどろませます。

晩春、低く飛び交う姿の見られるツバメ。
空模様に反比例曲線を描きます。
目で追っているうちに
飲んで帰ろっとよぎっちゃったなら、
GLEN ELGINグレンエルギン。

Img_1008

ツバメ(岩ツバメ)の描かれた
シングルモルトウィスキー。
その強い主張のない味わいが
底知れぬ旨さへつながる
よせてはかえすツバメ返し。

五月のまぶしさへ
さらにだめ押しをする
山椒の実の青さ。
ちりちりと燃える線香花火状の実をほぐし
無味無臭のウォッカに漬け込みます。

Img_1009

ブラッディメアリーカクテルの隠し味や
カカオ、チョコの甘さを軽くするのに
重宝します。

2017年4月21日 (金)

沖縄オマージュカクテル2017

おつかれ様です。

one入り口のwhitespaceで

4/21(金)ー30(日)開催の

石垣克子展/遠くに、近くに

オマージュ・カクテル1番め。

○泡盛(白百合)                  1/3
○ガリアーノ                     1/3
○マディラワインBOAL10y  1/3
○レモンジュース               1tsp
上記の材料と氷をシェイクしグラスへ注ぎ
金平糖を落とす

Img_0877以前、

マディラワイン・カクテル・

コンペティションで

こさえたoneオリジナルカクテル、

🍸confeit(コンフェイト)🍸をアレンジ。

カシャーサと呼ばれる

ブラジル産蒸留酒仕様を

沖縄県石垣島産泡盛「白百合」仕様へ。

作品を観ればハッピー飲めばジューシー

遠くに、近くにオマージュ2番め。

これも

以前出場の

泡盛カクテル・コンペティション

oneオリジナルカクテル、

🍸かなた🍸の2017版。

○泡盛(白百合)                   1/2
○アップル・リキュール        1/4
○ヨーグルト・リキュール     1/4
○ライム(皮をむいたもの)     1/8カット
上記の材料とクラッシュアイスを適量入れ
ミキサーにかけ
コーラルスタイル(泣かない粉糖)仕上げの
グラスへ注ぐ

Img_0884

アップル×ヨーグルトをまとう

フローズン白百合の

喉元過ぎてのプハーがクセになるかも。

泡盛はリンゴとの相性が1番良いと言う

カム・シャン・グリッペ/Cam Chien Grippe

浅野シェフの薫陶を受けて調合したっけなぁ。

めぐりめぐってめぐまれて

3番めのオマージュ・カクテル。

私は

春の沖縄に咲くコーヒーの白い花を

いつか見てみたいと思っています。

○泡盛(白百合) 30ml
○淹れたてエスプレッソコーヒー 45ml
○ローズ・リキュール 10ml
上記の材料と氷をシェイクしグラスへ
氷と共に注ぐ

Img_0887

15年ほど前、

BarAUGUSTA/バーオーガスタ・

品野マスターに頂いた

カクテル🍸バリスタ🍸がルーツ。

oneの近くに遠くに様々に派生しています。

熱々エスプレッソをシェイクすると

ふんわり泡立ちます。

耳をそばだてると

気泡のささやきが聞こえます。

そんなうたかたを

小さく短く咲く白いコーヒーの花に

なぞらえて会期中、

🍸琉球スノー🍸と呼んでみます。

克子さんは

通りから見たoneの景色も

描いてくれています。

2017年3月23日 (木)

おつかれ様です。

3/25(土)〜3/30(木)は

臨時休業します。

前回ご提案の武雄カクテル、

「ノックアウト」は

oneの選択するボトル達では

シェイクの作り方より

ミキシング・グラスで混ぜ合わせる

ステアでの作り方がより美味しい事が

判りました。

お客様のあ・うんに感謝!

今回、

改めて「ノック・アウト・カクテル」を

提案します。
○ジン(素朴なもの) 1/3
○ドライ・ベルモット 1/3
○アブサン(甘過ぎないもの) 1/3
○ホワイト・ペパーミント・
リキュール 1tsp

Img_0592_4

①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
ドライ・ベルモットを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

ステアで作る冷た過ぎない一杯は

まだ肌寒い春先にこそ美味しいです。

芽吹きの匂うカクテル、

スティンガー(ブリティッシュ・スタイル)

○ブランデー(シャンパン・マール) 3/4
○ホワイト・ペパーミント・
リキュール 1/4
○アイスミント・リキュール(下味用) 

Img_0587_3

①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
アイスミント・リキュールを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記(上から二種)の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

基本的に

ステアという調合の際、

♪ヒヤキオーガン♪を

口ずさみ調合するoneですが

次に提案する

パリジャン・カクテルに関しては

♪ケ・セラ・セラ♪に変更します。

Img_0561

○ジン 1/2
○カシス・リキュール 1/4
○ドライ・ベルモット 1/4
①氷を八分目に詰めたミキシンググラスへ
ドライ・ベルモットを
氷にまんべんなく当たるよう適量注ぐ。
②グラスに霜が降るまでステアし、
液体のみ注ぎ切る。
③改めて、
氷を避けて上記の材料を注ぎ、
ステアしグラスに注ぐ。

サヨナラだけが人生だ、

どこか桜のようなエスプリを持つ

♪はなむけ♪カクテルです。

2017年3月 9日 (木)

ブラ武雄

おつかれ様です。

佐賀県武雄市で3/11〜3/20

maboroshi experiment マボロシ実験場
takeomaboroshi.com

と題したアートイベントがあります。

私は武雄に対して

温泉のイメージを強く持っていますが、

行政やTUTAYA、宇宙科学館など、

武雄の事を確かめたいなぁと

思っていたところ。

武雄へ行ってきます。

ワクワクを抑え切れないので

かの地にちなむ一杯をご紹介します。

まず

武雄は、タケオ。

アルファベット表記でtakeo 、

TaKeO→T.K.O.

頭文字に着目すると

テクニカル・ノック・アウト…。
Technical Knock Out

Img_0509

ノック・アウトと呼ばれる
古典カクテルがあります。
ジン 1/3
ドライ・べルモット 1/3
アブサン 1/3
ホワイト・
ペパーミント・リキュール 1tsp

シェイクして
ボクシング・グローブ似のグラスに注ぐ

次に

武雄市を流れる一級河川、六角川。

六つの角があるのかしらん。

川といえば

ミシシッピー川にあやかる

サザン・カムフォート・リキュール。

それを45mlに

キウイフルーツ1個と

お抹茶ふた匙、

クラッシュアイス適量を加えミキサーに。

六角川(ロッカクガワ)ですから

カクカクしたグラスに注ぎましょ。

Img_0534

最後に

スタンダード・カクテル、
ルビースター。
テキーラ 1/6
カムパリ 1/6
グレープフルーツジュース 2/3

シェイクしてグラスに注ぎ
☆を飾ります。

Img_0526

佐賀県立宇宙科学館プラネタリウムの

名物女性ナレーターの名前が

日本人発見の惑星名になった

エピソードから

カクテル・ルビースターを連想しました。

早春の武雄の空気に触れられますように。

2017年2月13日 (月)

クラウドファンディングでのお遍路さん表現

おつかれ様です。

2/19まで展示中の「同行三人」。

画家星氏がお遍路さんにて

88寺を描き(一人目)、

様々な表現をされる太湯氏が同行して

ドキュメント映像を記録(二人目)。

ふたりにに寄り添う空海(三人目)。

よって「同行三人」。

空海と云えば般若湯。

酒は厳しい戒律下でも

「癒し」としての許容量ならば悪くはない。

空海もまたバーマンなのですね。

「同行三人」へのオマージュ・カクテル「同行三杯」。

先ずは

般若'湯'ですから、ホット・カクテル。

巡礼のニュアンスを持つ

シャルトリューズと

パイナップルジュースを温め

グラスへ注ぎ、赤ワインの薬草酒、

ヴェルモットをたらり。

空海のバイタリティが

みなぎること請け合い。

Img_0480

日本人の酒の単位、一合180ml。

180mlのちょうど入る酒器、そばちょこ。

似たような大きさのロックグラスに

ウォッカとグレープフルーツ、氷。

そこへ88寺の絵に

頻繁に使われている「紫色」の

ヴァイオレット・リキュールたらりで

オリエンタル・ムードup。

Img_0466

控えめで小ぶりなそばちょこ形状は

そも

出汁と蕎麦の香りが楽しめるように。

香りの印象的な

青バナナ・リキュールを使うと

鼻先からもフラスコジークレー画の

グラデーションが伝わるやもしれない。

Img_0475

どうぞグラス片手に絵や映像を

お楽しみ下さい。

特別上映会が2/18の17:05〜18:15

その後、

撮影者太湯氏のトークイベントが

20時あたりまであります。

クラウドファンディングでの

お遍路さん秘話を

お聞かせ頂けると思います。

2017年1月29日 (日)

節分カクテル三部作

おつかれ様です。
2/2は節分休業します。

鬼は外酒、ホットストレガ
hot stolega

Img_0406

liquore storega
ストレガ リキュール 45ml
hot water お湯 asyoulike 適量
clove 丁子 3peace
ザ「鬼」とまではいきませんが
魔女の顔が印象的な黄色のボトル
ストレガのお湯割り
丁子はお湯割りにする時の必需品。
基本の味わいが飛んでしまいがちな
ホットカクテルに輪郭を与え
バランス良く仕上げてくれるから不思議。

福は内酒、ハッピーハニー
happy honey

Img_0412

cognac brandy
コニャック ブランデー 1/2
grape fruits juice
グレープフルーツジュース 1/2
honey はちみつ asyoulike 適量
ひと口飲めば、
たちまち笑顔のハッピーな一杯。
蕎麦のはちみつにアレンジすると
風邪予防にもなります。

生きてりゃ
鬼も福もありますよん♫
清濁併せ呑み酒 ホワイト ルシアン
white russiun

Img_0430


vodka ウォッカ 3/4
chocolat silop 1/4
cream 生クリーム asyoulike 適量
クリームが清(白)、チョコレートが濁(黒)。
バレンタイン・デーに
シロクロつけたいあなたにも。
シビれさせるなら
山椒の実に漬け込んだ自家製ウォッカに
アレンジします。

2017年1月13日 (金)

おつかれ様です。

2017.1/14(土)よりoneエントランスの

white spaceで開催されます

「超抽象 超絵画/three crash」

三種類のオマージュ・カクテルを

紹介します。

まず

前田信明氏の作品へは

「aldila アルディラ」と呼ばれる一杯を。

「〜を超えて」の意のイタリア語。

Img_0342_2

white rum ホワイトラム 1/2
Frangelico liqueur フランジェリコ 1/4
blue curaçao ブルーキュラソー 1/4
lemon juice レモンジュース 1tsp

*全ての材料をシェークしてグラスへ

ラム酒の人懐こさを

ヘーゼルナッツの味わいと香りが支え

より立体的に仕上げます。

ヘーゼルナッツ・リキュールを生み出す

イタリアの空でしょうか海でしょうか

文字通り「全てを超えて」

飲み手の唇に伝わってきます。

そのような突き抜け感を持つので

ラム酒はジャマイカ産が心地良いと

捉えています。

次に
廣末勝己氏の作品へは

福岡八女産のキウイ・フルーツ、

「熟成っ娘」うれっこを

丸ごと一個仕様の一杯を。

Img_0353

kiwi fruits キウイ・フルーツ       1peace
southern comfort /
サザン・コムフォート                  15ml
tonic water トニック・ウォーター 15ml

*トニック・ウォーターを少し残して
上記の材料をミキサーにかけグラスへ。
*残りのトニック・ウォーターを注ぎ
軽くかき混ぜる

氏のお人柄のもたらす空気なのでしょう、

作風の「超え」に、まとまりとは言い難い

バランスを覚えます。

バランス、調和と捉えると緑色。

新緑の一杯で乾杯。


背格好が私とウリ二つの

原泰樹氏作品をトリの一杯に。

Img_0338_2


kiss of rose キス オブ ローズ 1/3
tio pepe ティオ ぺぺ 1/3
havana club 3y ハバナクラブ3年 1/3

全ての材料をシェイクしグラスに注ぐ。
コンペイトウを沈める。

「刺彩」の表題に閃いたバラのリキュール。

氏の第2の故郷、

スペイン産ドライ・シェリーを加え、

さぁどうしよう?

黄色系のお酒を試行錯誤の末に

ハバナ・クラブの三年に辿り着く。

「刺彩」の実際に尖った感じが欲しくて

コンペイトウを入れてみることに。

やっぱし、

この御三方、尖ってますもん。


なお、

1/14(土)16時〜は

オープニングイベントとして

ギャラリートークを、

18時〜は

ワイン片手にパーティーを行ないます。

皆様のご参加をお待ちしています。

2016年12月30日 (金)

酉年はカクテル・バーが吉

おつかれ様です。

酉年の来年。

カクテルはcocktailと綴ります。

雄鶏の美しい尾羽で

飲み物を混ぜた事に由来します。

私達の使うバースプーンに

その名残りがあるでしょうか。


十二支・犬猿の仲、サルとイヌの間に

割って入った立役者、トリ。

「間に入る」とドリンクといえば

カクテル「ビトウィーン・ザ・シーツ」

☆ブランデー 1/3
☆ラム 1/3
☆ホワイト・キュラソー 1/3
☆レモン・ジュース 1tsp(極極小量)

Img_0330



葉巻と好相性のシガーカクテル。

シンプルな美しいレシピは

ブランデーの産地や

ラムの熟成度合をアレンジする事で
季節感や

間に入るシーツの素材感、織りの

表現を狙えます。

“Between the sheets”とは、

“ベッドに入って”という意味。

執事(バトラー)さんがバーマンとなり

ご主人様のベッドサイドで

作っていたのかも知れません。


いわゆる

'にわとり'の酉年とはズレますが

冬にこそ美味しいモートラック蒸溜所の

Mortlach シングル・モルト・ウイスキー。

その中に

トリ(鷹)が目印の一本があります。

Img_0331

ゴードン&マクファイル社

GORDON&MACPHAILの

46%瓶詰めボトル。

初夢に縁起の良いとされる

一富士「二鷹」三茄子ですし

その味わいと共に

'トリ'ラベルをまぶたに焼き付けてみては。


紅白歌合戦ではありませんが

トリは

ホット・ウイスキーhot whiskeyを。


食べる酉年、焼き鳥。

焼き鳥やさんで

「玉ひも」と呼ばれる部分。

色・形・大きさともに

フルーツの金柑に似ている事から

「キンカン」の愛称で親しまれています。

oneではキンカン煮を

グローブとウイスキーとお水と一緒に温め

ホットグラスへ注いでいます。

Img_0333



立ち上る湯気が

トサカに見えたら御利益アリでしょう。

最近の写真

  • Img_1177
  • Img_1174
  • Img_1173
  • Img_1130
  • Img_1121
  • Img_1117
  • Img_1013
  • Img_1009
  • Img_1008
  • Img_0887
  • Img_0884
  • Img_0877