« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

あらう

おつかれ様です。

今日は洗濯&クリーニングをします。
すると思います。
先日の出張で、樽酒をいっぱいに吸ったタキシードとシャツはウッディで甘く♪気絶するほど悩ましい ですが
師走に備え、モミの木の香りにリフレッシュしなきゃ。


12/1(金)は臨時営業します。その代わり12/3(日)はお休みします。


ウオッカ・ギムレットを飲みに来て下さい。

写真はヴェニスで。

2006年11月28日 (火)

ぬれていこう

おつかれ様です。

お客様が無いときの慰みにラジオを聴くことがあります。先日「やさしい夜遊び」というサザンの桑田さんのfm番組 http://www.tfm.co.jp/yoasobi を聴く機会に恵まれました。来客があっても聞き逃さぬようRecボタンを。
Act Against AIDS の活動の一環で
アメリカの歌のカバーばかりのライブをするようで予習としてその時に演奏する往年の名曲を流してありました。彼のハイテンションなおしゃべりはもちろん、選曲とそのコメントが素晴らしかったー。
そのなかでB.バカラックの曲をB.J.トーマスが歌った「雨にぬれても」が、かかりました。映画「明日に向かって撃て」の主題歌。♪RaindropsKeepFallin'OnMyHead〜と滑り出すボクトツしたミディアムテンポの歌です。
間奏中、和訳を佳ちゃんがよみあげます。

雨がぁ降ってくる。
ちょうどベッドにからだが収まりきれない男のように なんか最近しっくりいかないんだよね。
雨が頭の上におっこってくる。
降りつづける。
だから太陽に向かってちょっと一言 言ってやった。どうもお前の最近のやり方 気にいらないと言ってやったんだよ。
本来の仕事 忘れてんじゃないの〜雨ばっかり降らしやがって

でも一つだけわかっている事がある。
向かってこい というくらいの雨がよこした このうつな気分に 俺 絶対負けないから。

そのうち幸せの方が俺にあいさつしにやってくるからね。


写真は 「M-30 RAIN」という雨のカクテル。映画「ラストエンペラー」の30曲目の曲に、ちなんで作られました。
哀しい雨のブルーグレーです。

2006年11月26日 (日)

出張アジテーター

おつかれ様です。

今日は出張。と言ってもカクテルを作る依頼ではなく、牡蠣焼きバーベキューの現場に、日本酒と白ワインを注ぎに行って来ます。カクテルで表現できないとなるとある意味、♪翼の折れたエンジェル 状態で、「エンターテイナー」としてのバーテンダーの力量が問われちゃうなぁ。

日本酒は薦樽(コモダル)が準備されているようで、えっとイメージとして優勝を決めた朝青龍関が「おめでとうございます」とムシロに包まれた樽酒の鏡割りをするように宴がスタート。

今回、クライアントは僕の尖った頭で鏡割りをしてみたい衝動に駆られているようだったので、垂直落下式ブレインバスターに備え写真の水中メガネを持参します。

ところで寄り道。写真のシルエットは尾形光琳作MOA美術館所蔵の「紅白梅図」の水流の曲面に見えませんか?

それから、辛口白ワインの代表 CHABLIS シャブリ、フランス、ブルゴーニュ地方の最北地生まれ、名前は土地からです。一見、石コロだらけの畑の奥深く、しぶとく根を張るブドウの木は貝殻の化石をふんだんに含む土壌に育ちます。つまり、その土壌由来によるミネラル分が、てんこ盛りです。
シャブリと牡蠣の相性が合うと言われるのはこの理由です。

宮本武蔵ばりのヒシャクとボトルの両刀差しで演出する本日の宴。僕からの提案として「ゲストの方々に酒器を持参していただいては?」このテーマがゲスト共通の話題。そこをくすぐり、あおるために青山二郎さんや小林秀雄さんをツケヤキバ。ふむふむ。
宴の主旨に合わせて自分をチューンアップ。なんだかこの仕込みの時間が楽しいんだよなー。

隠し玉として、シングルモルト LAPHROAIG ラフロイグをスネに仕込んでいきます。一か八か赤チンの刺激臭がくせになる、チャールズ皇太子お墨付きのスコッチウイスキー。

原産地のアイラ島では牡蠣が豊富にとれ、生牡蠣をズルっとほお張ったあとに、追っかけラフロイグして磯の香りの広がりを楽しんでいるとのこと。バグパイプも持っていこう。遥かなるケルトを偲ぼっと。と、文化的な香りもさせつつ、日本酒でなごやかに、シャブリで華やかに。

「のだめカンタービレ」のSオケ、チアキの指揮者っぷりが目標だ〜。Let's swing!えいえいおー。

2006年11月25日 (土)

素顔のままで

おつかれ様です。

もうすぐ12月です。ホットカクテルも少しずつオーダー頂く様になってきました。クリスマスっぽいCDも奥から手前に配置しました。今年はどんな締めくくりを迎えられるのだろう?

スタートダッシュしたいので12/1(金)の定休日は臨時営業します。この日は映画「武士の一分」の公開初日です。楽しみだなぁ。たぶん、いつもよりキリリっと働いていると思います。

替わりに12/3(日)はお休みします。最後の陶芸教室です。打ち上げがてら温泉に行くようなので井上萬二先生の背中を流してこようと思っています。写真は先生の後ろ姿。

特に何か作りたい!ってわけではじめた陶芸ではなく、何かしら萬二先生のカッコいいエッセンスを肌で感じたい!と思い立ったわけなのですが、どうかなぁ?写し取れたのだろうか?

例えばピンチの時、誰それさんだったら、どうするだろう?って検証する思考回路のひとりに萬二先生のイメージが加わって来ているのか?

僕なんかはただ、それがカッコいいか、悪いかの価値基準、するかせんかで生きてきちゃったもんで、十代は親父やプールの先輩、映像スターや活字の中の二つの価値基準を知り、二十代はバーテンダーの価値基準に出会って、BAR ONEを出してからの三十台は「おっこの人はっ」って鼻が利く出会いを追い求めている。

価値基準わかって欲しいって、おふくろ求めちゃうと、ヒビがはいるってのも、うっすら滲み刻まれている。

さっ、この出会いを大切に。全力をケチるな。あっちゅう間に年越しだ。

2006年11月24日 (金)

てがみ+はがき=はみがき

おつかれ様です。

昔「バーテンダーは歯が命!」って俳優の東幹久さんが、CMやってなかったっけ?ん、「キールロワイヤルです」と記憶がかぶっているかな?

青白い顔色が多い僕らの業界ですが、ジンやウォッカなどの北国生まれのお酒だけならともかく、ラムやテキーラなどのラテンなお酒は褐色の肌に真っ白の歯がマストです。白い歯キラリならベストです。マシュマロマンはゴーストです。

写真は僕の歯へのお手紙。元気のいい「サトチン」が書いてくれました。かかりつけの歯医者さんのスタッフです。目に触れるトコに貼って「今日からは心入れ替え美歯になってやる〜」と歯ブラシに励みますが毎回、三日坊主。

ですが先日大変美味しいパンとパン職人さんに会いました。咀嚼-ソシャク-よく噛んで味わうという感覚を教わりました。

和食のおだしにあたるのがカクテルのジュース。美味しいジュースを絞ることができるという仕事の上で初めて成立する美味しいカクテル。カクテルを調合するとき左手の親指付け根にひとさじ落としてペロッと味見します。瞬時に何が足りないと脳に指令を出すベロを繰り返し鍛えてきました。でも、どうやら、そればかりに頼りすぎていたようです。

アゴを動かして食べることは食感だけでなく、唾液にもオファーして、デンプンとその作用をベロは量っている。その量を味わいっていうのかな?

パン職人さんは考え過ぎだよーって言われてたけれど、アゴを動かすと使っているベロが違うことに驚いた。きちんとアゴを動かすために、まず歯を平静に保つことからチャレンジしよう。そのことを自分から指令することは、自然と美歯につながるはず。めでたしめでたし。

サトチン、リベンジ待っててねー。いつもありがとねー。

2006年11月22日 (水)

てがみ+はがき=てがき


おつかれ様です。

バーテンダーに必要な要素の一つに「スピード」が挙げられます。写真のハガキを送ってくれた「ヒロ」は僕が知っている限り一番はやいバーテンダーです。

まだ、僕がキャナルの櫻家にいた頃、一日の営業が終わって、報告かてがら一杯飲もうと本拠地であるBAR DURANDの重たい扉を開けると「いらっしゃいませ」と姿もないのに出迎えてくれるのが彼でした。
毎回必ず彼の「いらっしゃいませ」が一番で、飛び出してくるのです。
おそらく僕だけじゃなくゲストがいらっしゃる度にスタッフの誰よりも早くお迎えしていたと思います。
たぶん毎回。
サービス業なら当然のことなのですが、これは大切な事です。

テニスプレーヤーが速いサーブに反応できるようリラックスしながら集中して構えていますが彼の「いらっしゃいませ」の一連の反応はこれと同じだと思います。

一番に「いらっしゃいませ」できる事は、一番ゲストに接する機会に恵まれますし、そうすると一番にゲストに顔を覚えていただけます。それは「やりがい」につながっていきます。

♪さらば青春の光。最近の彼はガチガチのバーテンダーに少し距離を置いています。ハガキはフランスでのブドウ収穫を終えての一枚。昨日久しぶりに彼のお酒をいただきましたが「いらっしゃいませ」+なんだかとても頼もしくなっていました。
これから、伸びしろいっぱいの彼。
早く潰しとかなきゃ。HAHAHA

2006年11月21日 (火)

「思い出トランプ」拾い読み



おつかれ様です。

BARでかかる曲で
We're All Alone.という美しいメロディがあります。

近頃、解釈が二通りあるコトを知ったとです。

私たちは二人っきり。
   と
私たちはみんな一人。

もーいけずー。
白黒つけすぎー。

そんな時、僕は We Are the World.大きな声で歌マネで。
シンディ・ローパーのパートが血管きれそうになるけれど。
ところでライオネル・リッチーは元気してるのかな?

明日はお休み、えいえいおー。














2006年11月20日 (月)

掟破り


おつかれ様です。

「うん、新橋寄りの銀座だな」黒目の大きなシェフはそう答えました。答えるというより伝えるに近いゆっくりとした口調。

「東京に出てこい出てこいって、じゃぁ、場所はどのあたりがいいんですか?」あまりに気合の入った(自分ではリラックスしてSWINGしているつもり)僕のシェーキングを見て、あんまりシェフが笑うもんだから、つい、突きつけた質問でした。

僕が一番気持ちよく泳げる場所。充実感を得られる空気。憧れの最果ての地、銀座。「いつかはクラウン」じゃないですが「いつかは銀座」で、というバーテンダーは多いんじゃないかなぁ。ただ漠然とひっそりと棲みついていた野心が、かすかに鈍く光ったような、よーなー、よな、ようなぁ。シェフの軽い一言が、もたらした第三日曜のかすかな汗ばみ。

しかしまーどうして福岡の飲食店は第三日曜にお休みしてるお店が多いこと多いこと。シェフのおもてなし考えるのに、やおいかんかったー。おまけに雨。

大雑把な僕はマーケティング丸無視で、生意気(やせがまん)営業させていただいています。定休日はBAR ONEのONEからの思いつきで1,11,21,31日にさせていただいています。

最初はBAR DOBERMAN ドーベルマンにしようと思っていたのですが、似た名前の繁盛店があると聞き、すでにドーベルマンのロゴマーク http://blog.q-ring.jp/tb/barone/52 作成をお願いしていたので、また大雑把にドーベルマンは犬、犬だからワンでいっか?と決まりました。だから店名のBAR ONEは犬の鳴き声のONEです。ドーベルマンのロゴマークのみの名刺をひっくり返し、音読すると鳴き声が聞こえる、なんちゃってBARです。

そして、今日はBAR ONEを精度の高い間接フリーキックで盛り立てて頂いている、とき宗さんと浅野シェフが遠くに関わっている仏/江戸料理「成光」さんのOPEN。ホテル イルパラッツォ前、0927117170。ランチもやっています。

開店前に来て忌憚のない意見を述べよとのミッションが・・。申し訳ありせんが本日20日は八時からの開店にさせていただきます。よろしくお願いします。

2006年11月19日 (日)

おでん君とボジョレーと、ときどきキムチ

おつかれ様です。

今日はリリー・フランキーさん原作の「東京タワー」がテレビドラマであるというので録画予約して家を出てきました。わくわく。

僕は夜の東京タワーが大好きで、飲み歩きしていると、休憩がてら、あのオレンジに向かって歩き倒す事がよくあります。この時ばかりは、ひとり東京を往く、もの寂しさが、気ままさに変わるようです。

いいよなー、東京タワーって。なんだか孤高。もちろん、いろいろな表情があるんだろうけれどラジオのDJがみんなにしゃべりかけているのに、リスナーは自分に語りかけていると受け取るようなそんな錯覚を起こしちゃっているんだろうな、俺。

ラジオのチカラ。さきの西方沖地震を思い出します。
荒れた自宅を軽く片付け、渡辺通りを北にBAR ONEへ急ぐ。ごったがえす人波に揉まれ、右手にガラス総割れの福ビル見ながら駆け出したなぁ。

さいわいビルは傾いてなかった。階段を上る。甘い香りが漂う。あせる右手を左で押さえて鍵を開け、扉を押す。ドウォーン!すごく厚い香りの壁に、層に、押し戻されつつも、照明スイッチONじゃあ。

・・・途方に暮れまくり、ラジオをつなぐ。落ち着いて避難場所に集まって、という意味だったのか、流れてきたのが♪サタディ イン ザ パークの力強いイントロ。どれだけ勇気づけられたことか。この場を借りてお礼を、ありがとうございました。えっちらおっちら、なんとかその日に半分片付けられたのもあの一曲がきっかけだったなぁ。

さぁて今日はもう看板の明かりOFFにしよう。
写真は夜の12時過ぎて照明OFFの東京タワー。




2006年11月18日 (土)

目利き


おつかれ様です。

やっぱりそうだよねと、ご近所の県立美術館へ。詩人 大岡信コレクション。絵あり書あり字ありコラボあり。
 あぁんぐり こりゃ愉しいな また来よう 枯れる唇 潤う目ヂカラ
ん、短歌じゃないって。俵さん原作、阿木耀子さん監督の映画「TANNKA」http://www.tannka.jp も楽しみ。BAR ONEをお好きな方でしたら、きっといいですよ、大岡さん。

コレクションの中にトランクに作品を詰め込んだモノがあったけれど写真はBAR ONEのポストに詰め込まれた福岡市長選のチラシと横浜市長杯カクテルコンペの集合写真。中田横浜市長さんが真ん中に。夏の終わりだったなぁ。

メディアのためのサービスショットだと思っていたのに、わざわざ出場選手にまで、ご丁寧に。というか、粋な計らいだなぁ。過去の戦歴に思い入れはしないタチですが、正直にうれしいもの。宮内マスターに感謝。

思い返せば、よくもまぁあんなに徹底して尖がったレシピで挑戦したよなぁ[TOSHIZO]。http://blog.q-ring.jp/tb/barone/128ブレのない自信になっとります。テーマを頂いたマンゴーちゃんにも感謝。近いうちに[FUWAKU]に挑戦しようと思います。今度は賞が取れるよう自己へのこだわり控えめに。

ところで福岡市長選はどうなるのだろう?地元住民にひたすら、しぶとい人がいいかなぁ。例えば、市長杯のイベントして、山笠、どんたく以外のふだんの博多も大好き!って静かにうなづけるような。

最近の写真

  • E506edd462874610947574631b9f6fca
  • 7aea619600f04f04b7d855b118e47c21
  • E6ac86e9c8434d478399c290f142821f
  • 17416f4ead634519a17deb4113538954
  • 2f6ebc6c1a5349c3a20f1a717aa35f5a
  • 660573dd4d8b487d9da3778f8ffc5d5e
  • Img_3256_2
  • Img_3251
  • Img_3248