« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

気づけば干支はONEだった・・。

おつかれ様です。

今年の10大ニュースとかベストヒット100曲とか一年を通してのデータが整理されるこの時期。それなりに僕も振り返っています。

〜バーテンダーは職業というより生き方なので、どうしても一年の歴史は仕事にリンクしてしまいがち。今年の記憶を僕自身の糧としてカタチにして整理しておかなくちゃ。

瞬間、このブログを読み返そうという考えがよぎる。簡単に血となり肉となっている事が目視できるし忘却の彼方も脈打ち始めたりする。未公開の写真データもそう。今年僕は芸人として素晴らしい遺産をスタートしたんだなぁ。
じんわり、一番チカラを発揮できる時期にさしかかっている僕を実感。
きっかけを与えてくれた方々にありがとうございます。

「継続は〜」とよく言われますが、まめなブログの更新は、たくさんの情報を産み、淘汰され、そして一定量残る。その一定量がこれまでの僕を更新、なんとか、やりくりできる微量な電流が深いところで息吹く。その繰り返し。
もちつき、いや違った、満ち引き。なんか得ようと思ったら、なんか捨てなきゃね。

写真は今年一番おいしかったお酒、越の雪月花。と同時に一番悔しかったし、嬉しかったし、一番刺激になったBIG ONE。発酵とか熟成とかを背景にナリワイ立てているのだったら、もっと美味しいジュースを絞んなきゃってことがザックリとした更新内容。

しっかり爪を折り、引き出しの一番上にしまっておこう。いっぱいブログしたってカセットテープの保存のやり方が、概念が、しっくりきちゃうんだよなー。

来年も中指一本で綴っていくのかしら。

2006年12月28日 (木)

餅つきの前に


おつかれ様です。

大掃除は、どうですか、はかどっていますかー?
「今年の汚れは今年の内に」と、ごもっともなテレビコマーシャルがありましたよねー?

寒い寒い今日、ご紹介したいカクテルのテーマは「今年の風邪は今年の内に」。
今年引いた風邪は今年中にきっちり治して新年を迎えましょう。
写真の生のキンカン、かりんをたくさん使ったカクテルです。

酒は百薬の長。注射のダメな僕はこれ飲んで背すじにタオルいれて治します。

2006年12月26日 (火)

サプライズクリスマス

おつかれ様です。

BAR ONEにサンタさんがきましたっ!
出勤すると赤と白のしましまのくつ下。(写真)
もこもこもこっとプレゼントの入った。

思いがけず、うれしいクリスマス営業になりました。

毎日をサンタさんな気持ちで迎えよっと。

ありがとね〜サンタさーん。

いつも僕のそばにいてねー。

タキシードの裏に学ランの虎と龍みたいなサンタさんとトナカイの刺繍を忍ばせてはどうだろうか?

2006年12月24日 (日)

和菓子のクリスマスケーキ

 
おつかれ様です。

 
今日24日か明日25日とBAR ONEに遊びに行くと写真の和菓子の五島さん http://blog.q-ring.jp/tb/barone/18 
のさおもの「WINTER WONDER LAND」が食べれますよー。なんと幻想的でかわいいんでしょう。

いつかテリー・ギリアム監督に見せてあげたいです。吉田美和ちゃんも聞こえてきそうです。

サンタさんのバーボンを、すすりながら、もぐもぐして★ あ、シャムパンがあうかな?

2006年12月23日 (土)

不安なクリスマスあたり


おつかれ様です。さぁ、クリスマス。いい感じで営業できますように。

毎週土曜の五時あたりは仕込みしながらOPENしながらラジオ番組アヴァンティに耳を傾ける。今日は欧米ではクリスマスは家族と一緒にゆっくり過ごすという話題が。

〜なんだかここんところ「家族」を感じる事が多いんです。昨日は父と同じ年のゲストから始まり、二人目が生まれた親友の近況を聞き、夜更けにモトローラドコモ兄貴の映画「ゴッドファーザー」論。一昨日は後輩に「まず実家に電話を入れる」を指きりげんまんさせるためのお酒抜きの食事でした。

ブランディーやウイスキーなどに「FAMILY RESERVE」という商品名で流通しているのがあります。「家族で楽しむためのとっておき」というニュアンスで捉えていますが、きっとクリスマスに暖炉の前で人生ゲームしながら、ちびちび飲っているんじゃないでしょうか?やっぱり味はスペシャルな感じで、よりおいしいモノが多いです。この辺に僕は文化の違いを感じたりしていて、身内に優しいあちらと、厳しいこちら・・と、うーん信仰までこじつけるのは無茶ですね。

写真は先日行われたクリスマスジャズライヴの模様http://blog.q-ring.jp/tb/barone/182 。ご近所の光円寺での異文化交流。ご神体を直接パチリはバチあたりと収録班のカメラの背後から結局パチリするあたりがどうにも、信仰のとちくるった日本人だよなぁと、気恥ずかしい一枚。
 
パーカッション編成でのリズム隊は土着っぽくて儀式の場所に馴染んでいたことを一言添えておきます。

2006年12月21日 (木)

サマーさんまサンタサタン

おつかれ様です。

僕は寒さが本格的になると、「香ばしいかんじ」が欲しくなります。
「火」を連想して「あったか」を触発するからかなぁ。
コーヒーやほうじ茶はHOTなので、うなづけますが一方で、きなこアイスやプリンが無性に恋しくなります。
そういや耳から入るものもレゲエやボサノヴァといった人間の摩擦が濃ゆいタイプを選びっぽくなるなぁ。

こういった僕の趣向はリリースするカクテルにも反映されます。ちょっと胡椒っけを持つモミの木のリキュールやシャルトリューズ http://blog.q-ring.jp/tb/barone/43 はバックバーの前線にポジショニング。写真のカクテル「プランターズ・パンチ」に使うダーク・ラムも頻繁に活躍します。

サトウキビが原料のラムは樽熟成しなくても風味豊かです。ホワイト・ラムとかシルヴァー・ラムと呼ばれます。
一方、樽を焦がした成分をすったダーク・ラムはバニラやキャラメルの甘さ、スパイシーさで一段と滋味を増しています。

主にカリブ海沿岸が故郷のラムは夏のイメージが強いようですが、ダーク・ラムの味わいは、なんだか心をほっと落ち着かせてくれるんだなぁ。

「プランターズ・パンチ」は「香ばしいかんじ」を強調して作りますが、フレッシュ・ミントの仕上げで味の大逆転を狙うドラマティックな一杯です。

♪MERRY X'MAS IN SUMMER ってレゲエ調のサザンのうたがありましたが、真夏のクリスマスってな具合に愉しんでいただければ何よりです。

しあわせ〜ってなんだっけなんだっけ?

2006年12月19日 (火)

ベスト ベスター ベステスト

おつかれ様です。

いつもよりちょっとだけ贅沢したい時、贅沢な気分を味わいたい時、写真のキール・ロワイヤルはいかがでしょう?



〜「からすみ」というキレイなオレンジの食材を目にしたことないでしょうか?5ミリほどにスライスしたものを軽くあぶったり、大根に挟んだりして食べると燗酒が止まんなくなっちゃう珍味ですが、あれは出世魚ボラの卵巣の塩干しです。

同じ魚ですが大きさで呼び名が違います。一般に3センチくらいをハク、5〜10センチをオボコ・スバシリ、20センチくらいをイナ、30〜40センチをボラ、50センチ以上をトド。とどのつまりのトドは、ここが由来というトレビアをルアーを作るコーヒー屋ダンディから聞きましたhttp://blogs.yahoo.co.jp/tsurikawalove

僕はキール・ロワイヤルもこんな出世魚の呼び名のように捉えていて、カシスソーダ→キール→キール・ロワイヤルとカシス・リキュールを使う出世魚ならぬ出世カクテルです。

カシス・リキュールのソーダ割り→辛口白ワイン(アリゴテ種が望ましい)割り→シャムパン割り(ンよりムが望ましい)と割るほうのグレードが上がって行きます。勝手に宮沢りえちゃんの生き様とシンクロさせています。
どちらも、その時に応じた美味しさや輝きがあるんでがんす。

降格人事や大幅ボーナスダウンを耳にする年の瀬。背すじピンッと伸ばして、さくっと飲って、「それはそれ」そうれっ!て、人間の品位や徳はそんな折にオーラするんじゃないかしらん。

それはそれで、今回の007「カジノ・ロワイヤル」観賞後の乾きうるおいにも、もってこいです。

2006年12月15日 (金)

ボンド・マティーニ

おつかれ様です。

例年、映画007シリーズが公開されると決まって「ウォッカ・マティーニ」のオーダーが増えるのですが、これを読まれている方の中にもボンドになりきってオーダーされた方、いらっしゃいませんか?

僕はとても映画のヒーローに影響されやすいタチでブルース・リーの後はヌンチャクの真似したり、ロッキーの後は生卵を飲んでみたり、マトリックスの後は銃弾が避けれるようブリッジを練習したりします。

ですから「Shaken not stirred」シェイキン ノット ステアード そーっと混ぜんでよかけん、激しくキンキンに冷やしちゃってん。とウオッカ・マティーニを臆せずにオーダーするゲストを待ち望んでいます。枕に「大将!」ってつけば、そりゃもう博多の007ですたい。

現在公開中の007「カジノ・ロワイヤル」のウオッカ・マティーニはジンとウオッカを3対1の割合で混ぜベルモットの代わりにキナ・リレ・ブランを入れ冷たくなるまでシェイクしてレモンのピール(皮)を落とすモノ。細かく指定してマティーニへの愛着とこだわりをみせています。実際にVESPER ヴェスパーと愛する女スパイの名前つけ、愛称にします。しゃれとんしゃー。

ところが困った事に、どうもこのシーンの余波で欧米でのキナ・リレ・ブランの需要が殺到して日本への入荷がとても困難な状況になっています。10人足らずの少量生産で切り盛りしてるメーカーさんなのだそうです。最大手のサントリーさんがお手上げなのですから、よっぽどの事なのでしょう。困っちゃうなぁ。おうべいか。

でもでも、そういったナリキリで007のロマンを感じている野郎が海の向こうにも、いっぱいいるってのは何だか嬉しい。

写真は007ナリキリ小道具の鏡の銃型ブローチ。詳しいゲストのお話ではベレッタという銃。型番も教えていただいたんだけどなぁ。確かベレッタは007がワルサーPPK以前に持っていた銃だったと記憶しています。


2006年12月14日 (木)

SMAPに♪キムチという楽曲提供はどうでしょう?


おつかれ様です。

お酒がらみの事件が相次いだ今年。ちゃんとお酒を楽しんでいらっしゃる飲み手もその潮流を受け、その波をもろにかぶる飲食店もたくさん閉店していくことになりそうです。特に福岡市は。

BAR ONEは一般の福岡のお客様にウケがよろしくないみたいなので、なんとなーくやりくり出来ています。ラウド・マイノリティのゲストの皆様、ありがとうございます。でも、この街の空気がいつまで続くのか考えると、そんな流暢なこと言ってられへんなぁ、と頭を丸めて×、かかえて○、抱えて◎、いました。

そんな折、韓国の旅行者向けの九州エリア紹介誌に掲載のお話が舞い込んできました。首は横に振らない経営方針、やってみます。と船には、しがみ付いたものの、誌面はハングル語で覆いつくされています。果たしてコミュニケーションはとれるのか?

よぎる不安をよそに、韓流ブームにも乗り遅れていたことだし、この際、遅れを取り戻す絶好のチャンス。TIMの「命」もリバイバルだ、繰り返される不朽の名作。やり直しに遅過ぎるということは無い。と何処からか声が。
それにそれに、韓国の女性はアゴの線がきれいだ。よっしゃ。

そして確かクリスチャンの方が多いと聞くし、BARで使う用語はほぼ英語→最悪、筆談でなんとかなる。

そういうことで韓国に親しみを覚えるようにまず、キムチを口に入れる事から始めました。辛いのが苦手なこともあって、生まれて何度しか食べたことありません!やっこ一丁に少しのっけから始めて、今はお味噌汁に入れてトレーニングしています。美味しいキムチ、そうでないキムチと自分の趣向はわかる様になりました。でもキムチ自体の魅力には未だ開眼していません。

写真は親不孝通りのビビンバ、クッパなどの韓国料理をお手軽に食べさせていただける「菜ずき」さんの「カルグクス」。ハマっています。サンゲタンスープに、おいもとリンゴと、とうもろこしでできた半透明の麺。薬膳料理で辛すぎず、ダイエットにも良さそうです。食べると元気がでるし何よりスタッフのお姉さん方がいつも元気。それでいて金属のお箸やBGMは韓流。いい具合に飲食店のたのしいエッセンスが溶け込んでいます。

ちょっとずつ僕にも活力を与えてくれています。韓国のゲストが来ていただける日がたのしみだ。かむさむにだ。

2006年12月13日 (水)

お願いサンタさん

おつかれ様です。

僕はここ何年かサンタさんに願い事しています。サンタさんとは限らずお寺や神社、お仏壇の前でもグローバルに同じ願い事をしています。
先ほど、おてんと様はひとつと言えども、やっぱり同じ言語は伝わりにくいよなぁとコミュニケーションの慎ましい化がよぎりました。
お酒や女性はもとより森羅万象にも少しずつ優しさを増やして行くでがんす。

願い事をした後に、「タダとは言いません、このハードルを超えられたシルシとして、与えて下さい」とハードルの設定をします。ハードル自体はアヤフヤなものですが僕はバチアタリを信じるタチなので、なかなかどうして、やってのけます。このカエッコ(give and take)をスリルに置き換え日々のやりくりに励んどりますと。

雨音が聞こえています。足元の悪い中わざわざ遊びに来てくださるゲストのみなさんに写真のサンタさんマドラーをあげることにするべ。連日の飲みごとで弱った肝臓をいたわる一杯 http://blog.q-ring.jp/tb/barone/135 に挿しちゃウンダーベルグ(胃腸薬の祖先のお酒です)。

感謝をあらわさなきゃ感謝はもらえないんだなぁ。釣船茶屋ざうおさんで大きな鯛を釣り上げた半ズボンの男の子が、おばあちゃんとお母さんのありがとうに、俺だけの力じゃないんだって感じで照れくさそうにしてたのを思い出します。偶然舞い込んだリアルな初めての名誉。と同時に地に足が届く。身の丈がわかる。自分がどういう要素で構成できているかがわかる。

今年で判断下すも良し、年度で来年三ヶ月で軌道修正かけるも良し。ただ、そろそろサンタさんやらお正月が巡ってくるのはみんな一緒。僕はそのことは覚悟して願い事をします。

最近の写真

  • Img_2509
  • Img_2439
  • Img_2434
  • Img_2419
  • Img_2411
  • Img_2407
  • Img_2361
  • Img_2360
  • Img_2350
  • Img_2297
  • Img_2296
  • Img_2286