« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

君に会いに行かなくちゃ

おつかれ様です。

BAR ONEは下一ケタに1がつく日を定休日とさせていただいております。
ですので5/31、6/1は連休とさせていただきます。なお6/3の日曜日は研修 http://blog.q-ring.jp/tb/barone/285 のため8:30からのOPENです。

〜陣内・紀香さんの結婚式TV中継のためか、5/30のBAR ONEは明るい時間にサクッと切り上げる方が多かったなぁ。今日、明日のチマタはピンクなHappyに包まれることでしょうね、おめでとうございます。

お笑いの芸人さんってタレントさんにもてるようです。「笑い」という商品の性質上、自分と向き合う機会が多く、きっと等身大のご自身で生きていらっしゃるからでしょうね。

僕はその中でも松本仁志さんが大好きです。いま生きている人に勧めなきゃ本「遺書」(baronebook調べ)の作家でもある彼が今回、映画を撮られたそうです。タイトルは「大日本人」。BAR ONEの連休中の公開なら朝からずっと観れるのになぁ。

皆さんは、いま「大日本人」と聞いて何を思い浮かべますか?パッとは、むずかしいですよね?僕は彼へのリスペクトもあって、ちかごろ繰り返しロダンでした。的が絞れ、像が重なってきたのは人。井上陽水さん。さっと昭和女子大学でのライブDVD買いました。五周年のお祝いに頂いた音楽ギフト券で。堤さ〜ん、ありがとうございます。

画一的な黒のサングラスに、なんだか笑みをたたえたスタイル、そして唄。割り切れない感。ひとりセクシーボイス&ロボ。ひいてはかえす波のようなメロディ、節回し、メッセージ。日本海と太平洋をひょっこりひょうたん島です。
♪アジアの純真からのアンコールのシメに♪傘がない。
「都ぉ会ではぁっ自殺するw若者が・・」。gogatu-byouの月の末筆に。
梅雨入りの来月、BAR ONEに傘sprinkleを借りに来てくださいね。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301



2007年5月30日 (水)

オンリーONEカクテル


おつかれ様です。

先日の五周年パーティーでお願いした[あなただけのオンリーONEカクテルつくります]のお題を書いて頂いたコースターをいくつかupします。

みなさんも内容や字体から、グラスの形はシャープ?ぷっくり?ロック・グラス?カクテルの色は赤?青?黄色?などと想像してみてくださいね。

BAR 「ONE」に絡めてでしょうか?最初の一枚は
「一分間だけ」
この人なら最後の一分間に、
何を飲んでまた何を飲みつつ別れたいかを想像したカクテル。


ふむふむ。僕の得意なジャンルです。♪シナトラを聴きながら。

会場に素敵な赤のお召し物でいらっしゃっていた方からは
心地よい風と楽しい音楽が大好き、近くにいる友達が必要。


じゆう・・南イタリーですかな?ピンクのパンツのお連れさんと上手くペアルックをたのしまれていましたよねー。


白洲次郎さんばりにきちんとタイドアップしてから朝食に向かうという方からは、ずばり
「オリエント・エキスプレス」

機知に富んだ加筆も素敵です。
「世界の車窓から」ならぬ「世界の社食から」って感じで。


今回のシメはぶっとく
「一番」

いぶし銀ブルースに影響されてか、ストレートですね。
でも、とってもとってもお気遣いの素晴らしい方なんですよー。
空振り、いや空回りしないように取り組まなきゃ。ラムはお苦手でしたね。

みなさんからのお題、ご質問などお待ちしています。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301


2007年5月29日 (火)

可愛いウオッカ

おつかれ様です。

僕はポニーテールの凛とした女性に、北村一輝さんばりな接客をしてしまいがちですが、たぶんそれは初代スケバン刑事・斉藤由貴さんのすり込みに因るものだと思われます。

ただただ斉藤さんのファンだった僕は映画「優駿horse」をいの一番で劇場にいきました。「東京タワー」くらい目を腫らした記憶と「競馬」を初めて知った記憶があります。

〜先日の日曜日、日本ダービーで「ウオッカ」という牝馬が勝ちました。女性のお馬さんです。男の馬に混じっての完勝でした。三歩下がって、いや違った、3馬身差での完勝でした。女子高生がおまわりさんの世界を席巻して20余年、おうまさんの世界でも女性が来ました。ポニーテールばんざ〜い!

写真は可愛い女の子型マトリョーシカのボトルに入った蒸留酒「ウオッカ」。「羊の皮を被った狼」って本来、♂を指す言い回しでしたよね?金田一先生。

ウオッカは比較的、無味無臭な性質のため、ジュースなどと合わせた際、お酒っぽさをさほど感じず、カクテルを楽しむことが出来ます。この特性を生かし、男が女性を口説き落とす手段としてのカクテルは「レディーキラー★カクテル」と呼ばれたりします。

でも、素晴らしい現代女性の前ではミイラ採りがミイラになっちゃうケースが頻繁に目撃されます。それでも、やっぱし、しぶとく辛抱強いスピリットが男には必要でしょ。スピリッツ【spirits】=蒸留酒をキュッと飲み干して、 スピリット【spirit】=胆力の強化を。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301










2007年5月28日 (月)

ウイスキーを美味しく飲むコツ

おつかれ様です。

先日の五周年パーティで歌って頂いた北天神のマディ・ウォーターズこと、ヨシトシさんが遊びに来られました。
「大将、ラフロイグばストレートで。
どうも、こないだのパーティで飲みつけてね、大将、くせになったごたぁとよ」
僕はヨシトシさんから「大将」って呼ばれるのが大好きです。

〜今度の日曜日6/3、18時からアクロス福岡のシンフォニーホールでチーフタンズのコンサートがあります。
なのでBAR ONEは八時半からの開店となります。

チーフタンズのスペルはThe Chieftains。 Chieftainを英和辞典で調べると首領、酋長、親分とあります。えーつまり「大将」ですな。

僕はラフロイグなどスコッチ・ウイスキーをお飲みの際、ケルト音楽を流したら美味しさが増すかな?と思っています。
ケルト音楽はバグパイプの音色が象徴的な民族音楽ですが、その中でも一番のベテランがアイルランドのバンド、チーフタンズです。
日本ではそんなに有名じゃないですが、スティングやR.ストーンズから尊敬されていて、競演もされていますし、グラミー賞やアカデミー賞の常連でもあります。でも、ひょっとすると、メンバーのみなさんがご高齢なので最後の日本ツアーになるかも、淋しいなぁ。

そのコンサートのペアチケットが余分に僕の手もとにあります。どなたかご興味ある方いらっしゃいませんか?一緒に盛り上がってみませんか?今週はBAR ONEでケルト音楽をヘヴィーローテーションします。ぜひ耳にしてみてください。
スコッチ・ウイスキーが すこっち だけ美味しくなると思います。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301


2007年5月27日 (日)

ニューシャネル

おつかれ様です。

今夏、7.14〜8.26に福岡市美術館で大竹伸朗さんの博多で初の個展が催されます。
昨日はその個展の先立って行われた大竹さんとリリー・フランキーさんのトークショーに伺いました。

大竹さんは現代美術をやられる方です。作品数はもちろん、作品「量」が多い方です。中古品や雑誌の切抜きなど少しずつ欠けたパワーを集めて重ねて新しい命を吹き込むように創られます。
星のカケラで宇宙が構成されるとかに例えた方がいいのかなぁ。
キレイとか美しいとかの価値基準のほか「時間」が濃縮された圧倒的存在感を放ちます。
その空気の濃さに酔うと、気分が悪くなり、もどし(フィジカル、時間の両義だと思います)たくなると言い得て妙な?さすがな?リリーさんの発言もありました。

僕がBAR ONEのお客様に彼の作品をお話するときには湯布院のお宿、無量塔(むらた)さんにあるマッチ箱がダーっと貼ってあるコラージュを例に出させていただきます。

僕はBARの大切な要素のひとつに、佇まいや気配があると思っていて、それがお客様の「居心地がいいね」という声に一番近いモノサシと捉えています。
「路上のニュー宇宙」と題された個展に、その皮膚感覚に、きっとたくさんの博多っ子の心が開放されちゃうんだろうなぁ。BAR ONEの理解者が少量増しかも〜。どんだけー。

昨年、東京都現代美術館で行われた「全景」のカタログも早く届かないかなぁ。まだ製作中のようですが・・。期待しています。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301




2007年5月25日 (金)

パイレーツ オブ カリビアンのカクテル

おつかれ様です。

ジョニー・デップ!
デぇップ!
デぇッパー!
デぇッペストぉ!

映画「パイレーツ オブ カリビアン」の三作目ワールドエンドが公開されます。
そう、あのジョニー・デップの当たり役、海賊★ジャック・スパロウ船長が帰ってきます。
彼がBAR ONEに遊びに来た時、
念のためのプロモーション・カクテルをこさえてみました。

海賊の船長がモチーフのスパイス・ラム、キャプテンモルガンをベースに
今回、死者からの復活を遂げるということで「たまご」を副材料として使ってみました。
彼のサーベルさばきのように、大きなボストン・シェーカーを自在に操り
ふっくらシェイクしてグラスに注ぎます。アクセントにナツメグを削って、できあがり。
チャームポイントのおヒゲが黄金色に染まっちゃうかな?

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301



2007年5月24日 (木)

なんで途中から字が小ちゃくなるのかな?

おつかれ様です。
先日の五周年パーティー参加のゲストから質問がありました。
「結局、ハガキに書いてあった[お気に入りのペンをお持ちください]ってのは何だったのよ?」
あい、すいません。大半の方にその主旨を伝えられてなかったです。
ですので、もう一度ご協力いただけませんか?

世界の中心でONEと叫ぶ〜あなただけのオンリーワンカクテルつくります〜
僕にお題を下さい。タイトルとそれに込めた おもいも。
次回、ONEにお越しの際にあなたのお好みも考慮しておつくりします。
上手にできたらメニューに加えさせて頂きます。


会場に貼っていたモノをupします。
このアンケートへのお気持ちをコースターにmemoいただく際、
語彙や文章のほか+字体やご自身のアイデン&ティティを発揮するのに
「PEN」が役立つのではと思い[お気に入りのペンをお持ちください]という表記に至りました。

昨年、僕はカクテルコンペティションに「TOSHIZO」というタイトルのオリジナルカクテルで出場しました。http://blog.q-ring.jp/tb/barone/101
http://blog.q-ring.jp/tb/barone/102
実際に、これは土方歳三ファンの可愛い方から頂戴したお題をカタチにしたものです。いろいろ調べ触れ感じて作ります。BBIQって早いなぁ。
バーテンダーとしての僕の興味の対象は「お客様」であって、そのお客様ともっとコミュニケーションとりたいなーって気持ちが共通項や共通媒介をめぐらせています。
もしよろしければ、もう一度お気に入りのペンを持って僕にお題を授けにいらっしゃってくださいね。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301





2007年5月23日 (水)

世界の中心でワン!と叫ぶ

おつかれ様です。

BAR ONEは五月二十三日、今日で五歳になりました。
 
これから、おいしいお酒を出すという信頼を基本にお客様ひとりひとりと、

どういった人間関係を結んでいけるのかな?

お客様の明日を照らす一杯を。迷いのない明日を。

まずは、このblogを観ていただいた方々に笑顔をお見舞いしたいと思って・・

「コントラ・・バス」。

ひょっとして、はじめは一人の思いつきなのかもしれない。

でも普通のバスを改造して作り上げる過程で、どのくらいの人が関わったんだろ?

完成して、どのくらいの人が乗ったのかな?どのくらいの人が維持を願ったんだろう?

ちょっぴり特殊な存在かもしれないけれど何となく桜坂の青空駐車場に停まってましたよ。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301




2007年5月22日 (火)

感謝とお礼

おつかれ様です。

五周年パーティーが無事終わりました。
ありがとうございました。みなさんのおかげです。
お手伝いいただいたみなさんやゲストのみなさんのお力添えで奇跡を見させていただきました。
ありがとうございました。
このblogを読んでいただいているみなさんにもありがとうございました。
みなさんの閲覧が、どんなにか、この小ぶりなBARの世界を広げていただいたことか・・。
ありがとうございました。

僕の出張バーテンダーとしての働きぶりはいかがだったでしょうか?
周到な段取りを踏む割には「せぇのドン!」で挑むタチ
+BAR ONE主催というのが初めての試みでして、
進行面や諸々(コルク折ったり、肩が震えたり)至らなかった点があったかたと思います。
すいませんでした。ごめんなさい。ご迷惑おかけしました。
次回は舞い上がっても泣き虫になっても乗り切れるようメモを取っておきます。
腕立てしておきます。本当に行き渡らず、ごめんなさい。三くだり半はご勘弁を。

やむを得ずご参加を頂けなかったゲストから「パーティどうだったの?」というお問い合わせが・・。
ご参加のみなさん、宜しければ、ご感想とか様子とかコメントいただけないでしょうか?
そして、パーティーの写真は「Mr.ベイビーフェイス」SOさんにおさめていただきました。
SOさん、いつもありがとうございます、今回も本当にご尽力いただき、ありがとうございました。
写真の仕上がり次第ご報告させていただきますので、ぜひ見に来てくださいね。
楽しみだなぁ。

本当にみなさんありがとうございましたheart

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301


2007年5月19日 (土)

BARと手のごい


おつかれ様です。

BAR ONEの奥に吊るしてある「メクジラ」の手のごいを写してみました。
「目くじらを立てる」の「メクジラ」。
あまりに感嘆した僕にアタマに巻いていた「メクジラ」をそのまま外してプレゼントしていただきました。コピーライターの方だったなぁ。日本のデザインって、どうしてこんなにグッとくるのでしょうね。文化?伝統?庶民?ストリート?ハズシ?遊び?洒落?控えめ?有機的?ムダ?

前から「手のごい」のことを好きだったとは思うのですが、
この日を境に一番手軽で身近な「かっこいい」の象徴になりました。

パーティーで楽しみにしておいてくださいね。

えっと、BAR ONEの営業はお客様を待つ、守りの仕事。それに対して、パーティ出張やカクテル大会出場はお客様を増やす、攻めの仕事と捉えています。

今回五年目でお客様にお声がけして、初めて僕主催のパーティーをさせていただきます。パーティ出張は趣旨や会場、ゲストなどがバラバラなので毎回イチから計画します。ガキの頃から〜会や〜祭がテレ臭いんですが大好きでした。あの感覚あのノリの繰り返しですが、毎回、前回を逸脱しよう逸脱しようと、たくらんでいます。

やや前衛?なパーティかも知れませんが、まずBARってものは常にsomething newです。それが外に対する情報なのか、自分に対する気づきなのか?明日のパーティご出席のお客様がきっと何かしら見つけることができるよう務めさせていただきます。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301






最近の写真

  • Img_2509
  • Img_2439
  • Img_2434
  • Img_2419
  • Img_2411
  • Img_2407
  • Img_2361
  • Img_2360
  • Img_2350
  • Img_2297
  • Img_2296
  • Img_2286