« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

ドリフ・カクテル

おつかれ様です。

しっかり雨が降り切れない日が続きます。日増しに体力が消耗されていく感じがしますpenguin
カラダの中の不快なモノの占める割合が増えていく感じがします。
デトックスせよ!sweat01とカラダが知らせてくれます。体内の不純物や毒素を出さなきゃ度、レベル4.0。

昔、八時だよ!全員集合!というドリフの番組がありました。志村けんさんが三日月のスイカにむしゃぶりついて、種をマシンガンのように飛ばす芸がありました。
水泳をやっていた僕は肺活量があるガキで、種の実射性は大人の域でした。でも、心は子供、ウケルと調子に乗るわけで・・、推測するに、人生一生分量のスイカをあの時期に食べたことになります。いまでは、好んで口にするコトはなくなっちゃいました。一世を風靡したモノ悲しさへのトラウマなのかもしいれません。

でもでも、じっとりした汗をかきたくなーい。さらさらと光る粒立ちのいい汗をかきたーい。スイカに武者震りぃつきた〜い。
そこで、スイカのマルガリぃータ
テキーラとお塩が、吹っ切れたアントニオ・バンデラスさんばりに、種を撃ちまくる幼少を思い返させます。
スイカのグラスに赤い果汁をたっぷり閉じ込めた一杯です。しゃきっと気持ちよい汗をかけることでしょう。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。







2007年6月27日 (水)

バンビ〜ノロケ地にて

おつかれ様です。

「王様のレストランrestaurant」ってTVドラマをご覧になったことありますか?
飲食業界でメシ食っている方なら一度は観た事がある三谷幸喜さんのコメディです。

僕自身、バーテンダーを職業として始めた頃と放映が重なった事もあり、とっても刺激になった記憶があります。そして、あれから十年以上経てまた、僕を松岡tennis修三さんにさせるTVドラマに出会いました。

「バンビ〜ノ」、伊語で赤ん坊という意味のタイトル。同名の漫画が原作でイタリアン・レストランが舞台。そして、写真はその舞台の地、六本木。ヒルズを見上げて撮りました。一人、おかあさんが階段を一段越しに登っていくのに気が付いて慌ててシャッターをきりました。

TVを観ていて偶然発見したのですが、ハナッパシラの強い博多出身の新米コックが挫折し、気付く場所として、毎回、ロケ地に使われています。そういう
なにくそー!って気持ちを煽るエネルギーがある場所なんでしょうね。

パティシエに扮する<ほっしゃんの回が印象的で〜荘みたいなボロアパートに住んでいても、出勤時はキレイなパステル調のシャツに毎回、衣替えしていました。リュックも。バーテンダーにとっても色彩は最重要課題。見習おっと。

接客業に関わらず、何の仕事でもそうでしょうが、100%の出来杉クンは思いやりが足りません。こうすればよかった、ああすればもっとよかった、ずっと反省です。反面、欲深くもありますが・・。「初心忘るべからず」って世阿弥の言葉をオシャレにホンヤクコンニャクすると「バンビーノ」になるのかしらん。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。







2007年6月26日 (火)

わたしのまちの景観賞

おつかれ様です。

BAR好きな方は割と建築物buildingとか空間clubとかに興味ある方が多いと思います。
そんな方々にこんな企画はどうでしょう?
わたしのまちの景観賞〜とっておきの場所をとっておこう〜福岡市さんが主催です。

もともと僕はBAR ONEが所在するにちりんビルに強く惹かれ、地下で開店しました。築40年ほどのビルですが、マツヤレディースの方から遠く眺めてもよし、ビルの入り口で躊躇するのもよし、エッシャーの騙し絵なビル内も、たまらなく好きです。ちょっと朽ちていく感じ、あやうい感じがBARの存在自体には、しっくりきます。お客様の中には「笑うせぇるすまん」に登場するBAR、魔の巣tulipになぞらえる声もあります。

ペントハウスには傷だらけの天使のように修ちゃんと亨が暮らしてそうです。
工藤探偵事務所に出入りするナンシーやかほりもちょくちょく見かけます。
なんつったって老舗のジャズ喫茶、コンボさんが現存しているんですよ。
             ↑これホント!
そんな北天神界隈、にちりんビルが僕のとっておきの場所です。

写真はBAR ONE内のとっておきの場所、スコッチウイスキー、ボウモア蒸留所の海上からの絵。応募用紙はBAR ONEにいっぱいありますよ。皆さん奮ってご応募くださいね。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。




2007年6月25日 (月)

ハワイと風林火山

おつかれ様です。

ジメジメした日が続くとフッと吹く風が一服の清涼剤のようです。
それも、サラッとした風がいいんだよなぁ。
ハワイの風がいいかな?
波の音を聞きながら椰子の木のハンモックでひねもす
うたたねsleepyしたいなぁ。

ダイキリというサトウキビが原料のラムとライム(レモン)でつくるカクテルがあります。強い日差しがサトウキビを育てるので、夏のイメージですが、やっぱり、夏至を過ぎると途端にオーダーが増えます。

特に一杯目のオーダーは鬱蒼としたBAR ONEへの道中fujiを彷彿とさせます。アルコールも酸味も甘みも十分に利いた、ボリュームある一杯は、一気にこの不快な身体を駆け抜けていってくれるはずだっdashていうオーダーです。

写真は三角貿易のラムの歴史を語り継ぐレモン・ハート(スペルに注目!)という一本とディズニーの金字塔キャラクター、スティッチ。風林火山というハチマキがどんだけ似合うことでしょう。

BAR ONEの閉ざされた空間にも、椰子の木xmasを揺らす気持ちよいを吹かせてくれます。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。














2007年6月23日 (土)

ジューン・ブライド×キャンドル・ナイトのお酒


おつかれ様です。

ジューン・ブライド〜六月の花嫁〜。6月に結婚すると、生涯幸せな結婚生活ができる、からってわけじゃないのでしょうが最近、BAR ONEのゲストの結婚報告ラッシュです。みなさん、おめでとうございます。これからも、ブライダル・ウェディング・カウンター・バー・メロン【mel-one】 として良縁のあるBAR路線を精進していきます。

結婚の事を英語でmarriage マリアージュ と言いますが
BARではお酒×おつまみ=好相性な様をマリアージュと呼びます。
なんだかエレガントtulipな響きでしょ?僕自身、くいしんぼうなので、手のかからないナッツの類でも相方のお酒とのバランスで、ちょっとひと工夫したりします。ブラックペッパーや山椒をふったり、ブッシュ大統領暗殺テロ?に用いられた「プレッツェル」や、ペルー原産のとうもろこし「ジャイアント・コーン」を混ぜたりしています。ただ、乾煎りするだけでも、マリアージュはより深くなります。

写真は鮭とばとスコッチウイスキーを生む蒸留釜「ポットスチル」のミニチュア。つまり、鮭の干物×スコッチ・ウイスキー=マリアージュ。とばは皮面を軽く炙ってスモーキーなアクセント。梅雨時期に美味しいスコッチの飲り方は爽快なソーダ割り、通称ハイボール。レモンピール(果皮)で溌剌とした香りを打てば、ジメジメ湿気は何処へやら。明日、晴れるかな?

ハッピーな新婚のみなさーん、ハイ・ボールでハイ・ライフを。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。


2007年6月20日 (水)

セクシーボイス&ロボ


おつかれ様です。

松田優作さんが構想を練られていた物語に「荒神」というのがあります。「おかしくなった。わらった。涙が出た。心臓がむき出しになっている気がした」という一節を演じたいと強く望まれたんだそうです。

優作さんの代表作に「探偵物語」というTVドラマがあります。僕はこれで「ハズシ」を知りました。ブラウン管tvの向こうにもある人間臭さ。そして「セクシーボイス&ロボ」というチャレンジ精神あふれる探偵?ドラマが幕hairsalonを閉じました。

「いま!」を前面に押し出していたので「探偵物語」のように「酒」や「BAR」が小道具的にワキをしめるようなことはありませんでしたが、エールを送りながら観ていました。きっと、このドラマの関係者の中には「探偵物語」を目標に据えていた方がいるんじゃないかな?

印象に残った「三日坊主」の放送より
お前には不意に明日が見える 
明後日が・・
十年前が
脱ぎ捨てられたシャツの形で
食べ残されたパンの形で

お前のささやかな家はまだ建たない
小さな夢は小さな夢のままで
お前の中にそのままの形で
みにくくぶらさがっている
いろあせながら 
なかばくずれかけながら
黒田三郎さんの「ただ過ぎ去るために」の一節。

「BARっちゃ、自分と正面から向き合う場所なんだもんねー。お客減るぞう、おいっ」って工藤ちゃんsmokingの予告編ナレーション風に。

写真は京都で。「あらがみ」と読むそうです。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。





2007年6月18日 (月)

総合女性誌リセット


おつかれ様です。

先日、70歳の女性バーテンダー、角さんからおハガキが来ました。紫陽花のおハガキ。パーティのお礼と郵便番号は必ず明記してmemo投函しましょうね、という温かいアドバイス。僕はかわいい角さんが大好きです。

二三日後、パーティ参加のゲストが「あの方」が載っているよって情報誌を持ってきてくださいました。「リセット」という誌名。〜まえむきに、しなやかに生きるために〜というサブタイトル。見開きでバーンと角さん。リンかけの「ギャラクティカ・マグナム」以来のチカラあふれる見開き誌面です。

角さんとこのBARシルクは石原裕次郎さんで埋め尽くされています。角さんは女性バーテンダーのパイオニアであると同時に、おそらく女性オタクのパイオニアじゃなかろうか?しいては「鉄子の旅 train」の鉄子のハシリかも・・。

こないだ、小学館「サライ」のインタビューに井上萬二先生 http://blog.q-ring.jp/tb/barone/173 が載っていましたが、角さんもそろそろサライデビューですねー。

僕のお母さんも石原裕次郎さんが好きなので近いうちに二人で遊びに行きますね。
 
BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。











2007年6月17日 (日)

舞妓 Haaaan!!!


おつかれ様です。

京都の八坂さんで、
「こんにちわ、写真を撮らせていただいていいですか?」
こくりと、かしげ、うなずく舞妓 Haaaan!!! 稀代のセクシーショットが撮れました。ありがとうございました。

初対面で、マイノリティな髪型のせいか頭を剃り上げていると十人十色の印象を持たれます。
お坊さん、板前さん、ヤクザさん、役者さん、同性愛者さんpigが多いかな?
出会ったシチュエーションがそのように思われる要因を大きく占めるかと思います。

ですから、常日頃、自己紹介というか、断わりというか、仁義切るというか、
「あなたに悪意はありません」と含みを込めて、挨拶するように心がけています。

師匠の「店に入ってからでは遅い。自宅を一歩でたらバーテンダーという意識を持ちなさい」という言葉が思い返されます。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。





2007年6月14日 (木)

父の日カクテル

おつかれ様です。

男のカクテル
「ゴッド・ファーザー」
♪パパらパパ パパ パパ パパ パパパぁ〜

 
「スモーク」という
グラスに注ぎました。


お酒と紫煙を楽しむための
有機的なデザインをしています。


父の日も
有意義に過ごせるといいですね。

にっぽんのお父さーん、父の日は、
 喜びすぎたり淋しすぎたりするかもしれません。
にっぽんのお父さーん、父の日は、
 感情の出しすぎは特に辛抱の日です。
にっぽんのお父さーん、父の日は、
 家族の笑顔が一番と毎分声にする日です。

心の準備をするために「ゴッド・ファーザー」でワンクッションを。
自分へのご褒美presentに、ゆったりとした一人の時間が過ごせますように。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。





2007年6月13日 (水)

パッチギカクテル


おつかれ様です。

夕方、五時半回ったあたりのゲスト。一杯目は何つくろう?という心の声に「ワインをよくいただきます」と、ふっと返されました。きれいな言葉遣いだなぁと感心していたら、カクテルが舞い降りてきました。

ワインにオレンジを効かせたスタンダードカクテル「ワイン・クーラー」をCOOL BIZ 対応のフローズン・スタイルに。その上に香り、酸味ともに豊かなパッション・フルーツの実をたっぷりとのっけてみました。種を噛み噛みする食感も楽しいです。

よく知られているように、キリスト教ではワインはキリストの血、パンはキリストの肉とみなされます。パッション・フルーツの花は「十字架の上の花」としてキリストの受難を象徴しています。きれいな日本語はキリスト教の盛んなチマチョゴリの国の方でしたclub

どなたか、このカクテルに素敵な名前をつけてくださいね。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F  092-713-9301
ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。







最近の写真

  • Img_3256_2
  • Img_3251
  • Img_3248
  • Img_3225_2
  • Img_3223
  • Img_3135_2
  • Img_3117
  • Img_3110
  • Img_3108
  • Img_2691
  • Img_2690
  • Img_2689