« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

吉川vs布袋

おつかれ様です。

12/1土曜日
営業します。

まもなく師走。
師匠も走るって書くのは当て字のようですね。
でも、そんなの関係ない。
僕にも師匠がおりますが、なんだかんだと忙しく走らなきゃいけない12月を迎えられるコトと思います。

そんな折の12月1日、同じ師匠を持つ僕のライバル・バーテンダーのお店が一周年を迎えられます。
おめでとうございます。写真は一年前のもの。

吉塚うなぎを川に沿ってちょっと上がったところにある
BAR Nelombo ネロンボ
こちらのマスターとは約七年間、同じ釜のメシを食べた仲です。

とはいっても、最初の三年は習う一方で、
人生初のコンプレックスというのを覚えたのが彼でした。
彼は一週間先に入店した同期で、いっこ年下。
ただ、仕事が早く正確なうえ好印象かつイケメンに輪をかけて面倒見がいい。
そのせつは本当にほんとにお世話になりました。
あなたの存在無しに今日の僕はありません。

彼はいろいろあって少しの間この業界から離れたけれども
BAR ONEのOPEN当日には駆けつけてくれました。
嬉しかったなぁ。初日を甘くみて、独りてんてこ舞い<の僕に
全てのゲストが気を遣って、注ぐだけで足るシャンパンor瓶ビールをオーダーされるなか、
彼だけは真っ正面からカクテルをオーダーしてくれました。

サイド・カーをください。%&$#<!


〜いまは中洲でバリバリやられて大繁盛のこととお聞きします。
こちとら五年早くお店を持ちはしたものの、もはや風前の灯火。
駆け出しのときのように、また、大きく溝を開けられちゃったー。
ま、なんとか追いつくから、これからも目の上のたんこぶでいてねー。

あなたから贈られたカード千日の稽古を鍛とし万日の稽古を練とす。は、これからもずっとBAR ONEの宝物です。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。



2007年11月27日 (火)

八木橋のチーズ

おつかれ様です。

12/1土曜日
営業します。

三連休
お仕事の方
ご苦労様です。

25日の日曜日、BAR ONEは
お休みをいただき、
影ぼうしの長さが無いうちからバーテンダーの後輩の結婚式、披露宴。

二次会の前に
別件のフォーマル・シャンパン・パーティーに参加していったん帰宅。

二次会はちょっとドレス・ダウンしようと、ネクタイを緩めてテレビをONしたところで事件を知りました。

八木橋の訃報。うえーん。八木橋、ごくろうさま、達者でね。

写真は阿蘇で撮った一枚。
アルプスの少女ハイジのユキちゃんみたいでしょ?
八木橋もDASH村に来たときは、これ位ちっちゃかったんだよねー。

ヤギのミルクはシャンパンと相性のいいチーズになります。
熟成度合いにもよりますが、酸っぱい香りと味わいを持つチーズでシェーブルと呼ばれます。シェーブルというのはフランス語でヤギのことです。

シェーブルを口に含みシャンパンで追っかけると豊かに素材が感じられます。あぁ両者とも農産物なんだ、手作りって手間ひまって・・心が満ちてきます。

ばっちしオシャレしてパーティの愉しみ(人の輪つなげ)を提案する一方、
そんな外ヅラに、なんとか追いつけるような内面の豊かさを切望するのなら、
とりあえず、人の輪に自分を放り込む一歩がBESTとわかった一日でした。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。





2007年11月24日 (土)

お笑い漫画道場のカクテル

おつかれ様です。

11.25の日曜日は結婚式出席のためお休みします。 振り替えに
12.1の土曜日を営業します。

きのうは
勤労感謝の日。勤労感謝の日・・。

はい、あなた
お勤めごくろうさま。

・・・あなたみたいな
ロクデナシ
あなたみたいな
カイショウナシ
あなたなんて
ヨウナシよー。

なぜ女性はこうも突然なんですかねー?

がばいばあちゃん、がばいばあちゃん、教えて。

うんにゃ、あなたはラ・フランスよー。

写真は今が旬のラ・フランスのカクテル。
川島なお美さんのダーリン、鎧塚さんの洋梨のミルフィーユは食べた事はないのですが、いろんな洋梨ケーキを食べまくって、
アクセントにアイリッシュ・クリームhttp://blog.q-ring.jp/tb/barone/135" target="_blank">ベイリーズを使うところ迄は行き着きました。
ケーキ・サービスをカウンターで繰り広げると聞く鎧塚さんのお店はいま一番伺いたいお店です。

もとい、ラ・フランスは西洋ナシの一種。見た目はゴツゴツして愛想ナシですが、リンゴと一緒に追熟させたものにナイフを入れると、うっとりした芳香が広がります。その弾力と、とろけるような口当たりに、つい味見のおかわりをしちゃいます。

ふーん、がばいばあちゃんは男は中身で勝負、
男は熟れるまで我慢が大事って言いたかったんだー。

街のクリスマス・ムードに襟を立てたそこのあなた、BARで何か見つけてみませんか?

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。

2007年11月23日 (金)

ミシュランわびさび版

おつかれ様です。

11.25の日曜日は結婚式出席のためお休みします。
振り替えに12.1の土曜日を営業します。
よろしくお願いします。


何か美味しいゴハンを召し上がって来られたんですか?

って一杯目のドリンクを作る際に
とっかかりを探したりするのですが、遠く離れた博多でも、ミシュラン東京版の話題があがりました。

最高位の☆☆☆にカウンターでのサービスが主なお寿司やさんが取り上げられているそうです。
カウンター文化バンザーイ!そして、この先、お蕎麦やさん、天ぷらやさんといった日本特有の味にもいい影響がでるといいですね。そのずいっと先かな?僕らの業界まで飛び火するのは・・。カウンター・ワークに特化した本なんて、おもしろいと思うんだけどなぁ。

BARというものは☆だとかランキングとかで判断がつかないタイプのものですが、そのひとつの要因にお客様と店主とが対面するカウンターが挙げられると思います。大切な仕上げのひとシゴトをお客様に魅せて提供する
ひとつの芸能だと僕は捉えています。
カウンター席があるお店でテーブル席から埋まってゆくのは、カウンターに立つ者にとってストレスだったりしちゃいます。
BAR ONEはカウンター席っきゃないのでその心配はありませーん。

同じようにカウンター席のみのお蕎麦やあ三五さんで先日そば打ちを見せていただきました。
打ちたて!といっても打ってから二時間ほど寝かせるあくまで仕込みのシゴトなので、カウンターでは無く、奥の間にお邪魔しての見学でした。
従来のそば打ちのイメージをひらりと覆す見事なシゴトでした。
あっちゅうま。
でも、スピードとか気合いとかは微塵も感じさせないシゴトっぷり。

あ三五の大将にとって普段の事、日常なんですねー。
力の入らない無駄の省けたその動きに、やっぱりキャリアを感じちゃう。
見た感じからは信じられないことですが、僕より二周り24歳も年上なんです。来年年男。
なるほど、あ三五の大将はヒザの使い方も言われていました。
バーテンダーのシェイクという仕上げのシゴトも、
仕込んだフレッシュ・ジュースの味わいに負担をかけないように、
ヒザの柔らかさを意識します。

写真は、プロのけん玉師、伊藤佑介さんのヒザ元。
このあたりのライブ感が魅せられるゆったりスペースのBARで働くぞ。
中洲のBar Cherokeeさんはそのあたりゆったり作ってあったなぁ。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。


2007年11月21日 (水)

沢庵


おつかれ様です。

11.25の日曜日は結婚式出席のためお休みします。
振り替えに12.1の土曜日営業します。
よろしくお願いします。

池澤夏樹さんに倣って腕時計にコンパスをつけてみました。
方向感覚は普通と思うのですが、地下鉄まわりをぐるぐるしたり、
見知らぬ土地をひとりぶらりするのに楽しいかな?と思って。

目の前に見えるものにとらわれる事無く、
俯瞰で自分を見るのにもいいかな?客観視?ご先祖様の視線?
一枚の葉にとらわれては木は見えん、一本の樹にとらわれては森は見えん、
どこにも心を留めず見ることもせず、全体を見る?

何か建物や標識などを目印にするわけでは無く、
自分自身の足元が地球の根っこにつながっている。
腕や脚の筋肉を動かすのではなく、
その付け根につながる胴体の筋肉にアクセスする。

そんな効能をもたらす叡智なおもちゃです。

写真はBAR ONEの地図です。みなさん遊びに来てください。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。


2007年11月20日 (火)

権太

おつかれ様です。

夏の終わりに
初体験した球磨川ラフティングですが、
その時お世話になった
RAFTING STONESの総大将GONTAさん御一行に遊びに来ていただきました。
みなさん、ありがとうございます。バーテンダー冥利に尽きるなぁ。涙。

二杯目にBAR ONEオリジナル・カクテル、ラフティング・リリーを飲んでいただきました。美味しいって言っていただけました。よかったー。
GONTAさーん、兼業されている焼き肉屋さんで出してみてくださーい。

これまで僕は自分の独創なカクテルをオリジナル・カクテルと呼ぶのは、ちょっと軽々しいなって、敬遠していました。新商品は別にして、どのお酒にも歴史やカクテル調合の基本があるわけで、そこはリスペクトしなくちゃ、と。あくまで、そのチカラを借りて応用したアレンジ・カクテルの範疇としてきました。ですから、 「オリジナルをちょうだい」ってオーダーには一言、注釈を入れさせていただいてました。

でも、果たして、その注釈でカクテルの美味しさが増すかなぁ?って、今日この頃。僕は、もともと一言多いタチ。ネーミングのイメージや「〜です。」って名前を呼ぶタイミングで美味しく感じていただけるのも力量でしょう。
二、三の逸脱ならいいか?このご時勢、決して経営がうまくいっているわけじゃなし、看板商品、必殺技、飲まずに死ねるか!があっても楽しかろうもん。

そこで、自信があり、一年中提供でき、新聞にも紹介されたことのある
生のキウイ・フルーツのカクテル
看板商品としてBAR ONEオリジナル・カクテルにすることにしました。
ネーミングにみなさんのご協力を頂きましたが改めてラフティング・リリーと呼ぶことにします。

由来は、緑豊かな球磨川の水面に写ったユリ。
キウイ・フルーツのつぶつぶをユリの花びらの斑点になぞらえました。
写真は泡盛で一番好きな白百合
正直、一か八かはっきり好みは分かれると思いますが、あのラフティングの思い出のように、身体の内側という内側にビッシリこびりつく、クセになる美味しさです。

BAR ONE  福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。





2007年11月18日 (日)

純情

おつかれ様です。

千代大海関がんばれー。
やっぱり九州場所で九州出身の力士さんが頑張ってくれるとうれしいなぁ。
後半戦が大関の正念場なんです。地元の声援で支えていきましょう。

「お相撲を観に行くことがあったら寄らせてもらうからね」
受話器からは、おっとーりしたあったかぁい訛りのある女性の声。
宮崎からの電話。今日まで彼女の声を聞いたのは、合計四回。

一回目は写真の芋焼酎、蔵乃介とおろちの響をBAR ONEに置いてみませんか?
二回目は写真の芋焼酎、蔵乃介とおろちの響は無事に届きましたか?
三回目は写真の芋焼酎、蔵乃介とおろちの響の感想はいかがですか?
四回目は、いまお忙しいですか?とまでしか、お話できませんでした。

毎回、あたかも絵本を読むような豊かなテリのある語り口。
僕はその声にずーんと惚れちゃっているんだなぁ。
ずっとこの先、九州場所がある度に、千代大海関が優勝した年だっけ?
得意でもない芋焼酎をちびーり飲ったよなぁって思い出す。

あの声がリフレインしちゃうんだろうなぁ。

お酒って、お酒を飲む場所って、どうしったっちゃ浸る瞬間がありますよね。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。







2007年11月14日 (水)

葡萄牙


おつかれ様です。

15日の木曜日は小曽根真さんのピアノ・コンサートを聞きに行くので
9:30からの営業とさせていただきます。

僕はピアノが弾けません。でも、いつかトライしたいなぁとは思っています。
トム・ウェイツさんみたいにロック・グラスをピアノの片隅において酔いどれ詩人を気取ってみたいなぁ。毎日少しずつ、セルフ地獄突きをして、しゃがれ声にしなくちゃ・・。

彼は別格総本山として是非、一曲目にマスターしたいのは、
ニノ・ロータさんが作曲した♪ロミオとジュリエットです。
この曲にピ〜ン!ときたのが
小曽根さんのラジオ番組OZ MEETS JAZZでの生演奏。
いきなしテーマから弾き始めて、その一音目から、ロマンティックなんです。
しびれあがりました。今回のコンサートでプレイしてくれますように。
いつかアルバムに収録されますように。

写真はプレミアム・ハバナ・シガー
Romeo y Julietaロメオ イ ジュリエッタのチャーチル・サイズ。
いっつも葉巻をくわえてる英国首相ウィンストン・チャーチルさんに敬意を込めて、このサイズを開発したのがこのブランドです。
ポートワインと一緒に楽しめば自然にCAN'Tがカントの発音になります。

そして僕にとって思い出深い初めて吸った葉巻なんです。
ハナから圧倒的なモノを体験したおかげで葉巻が大好きになりました。
師匠のカクテルダイキリもそうだったなー。
いきなし、めちゃめちゃ美味しかったもんなー。

逆に14歳のときに三千円を握り締めての初パチンコは、
あまりの秒殺で20年過ぎたいまも未だに足が向きません。
せっかくBAR ONEの定休日は
1、11、21、31でパチンコが良く出る日なのに〜。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。

2007年11月13日 (火)

野生


おつかれ様です。

15日(木)は
小曽根さんのピアノを聞きに行くので9:30からの営業です。
ごめんなさい。

バーボン・ウイスキーの限定新商品、
ワイルド・ターキー15年アメリカンスピリットのセミナーに出席しました。
上位三位に食い込むくらい早めに受付を済まし砂被りをとっぴ。
何と言っても、ターキーの味を決めるボス、ジミー・ラッセルさんが講演しにいらっしゃるのです。

英語が堪能でかつ、お酒に詳しい司会の方がとても上手に立ちまわfootられて、歴史や製法はもちろん、ボスのそのお人柄がよく伝わる講演でした。
乗せられたりもしましたが、とっても拍手の多い講演だったと思います。
拍手が及ぼすチカラを今日まで知らなんだー。

さて第二部の懇親会。ノベルティグッズが当たるプレゼント抽選会。
事前に渡された番号を呼ばれる進行までは何も無かったのですが、
この数分後、僕は身体のある欠陥について気づくコトとなります。

小栗旬さんの情熱大陸ばりに次回に続く・・とblogを〆たい所ですが
まーさておき、ジャンケン抽選会。
司会の人と参加者全員で勝負し少しずつ人数を絞っていくのです。
チャンスです。僕、ジャンケンは強いんです。ざわ・・

結果、圧敗してハッとしたのは、
実際に腕を掲げて頭の上でジャンケンするのは今回が初めてだったー!
衆団ベタな僕は、勝ち抜いてステージに上げられるヴィジョンが見えて、
過去いつも引いていました。
今回、バーボンへの憧れが、欲の皮が腕をつっぱり上げました。

写真はシャンパン・クリュッグのコルクとジャンケン、グー。

ともかく、猪木さんの影響か、♪フォルテシモの影響か、
腕を突き上げると気持ちが乗って、自然とグーが出ちゃうんです。
おてんとさんに、腕を向けると、ついつい拳を握るタチのようです。
強く握り込まずにはいられない。どうりで、深爪気味なわけだ。あいやー。

ま、勢い余ってジャンプしなかっただけ、いっか。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。






2007年11月11日 (日)

拡越

おつかれ様です。

15日(木)は
小曽根さんのピアノを聞きに行くので9:30からの営業です。
ごめんなさい。

さて、11月11日はチーズの日です。そういや、そろそろボジョレー解禁ですもんね。

僕自身ボジョレーの事は、FM福岡・女子プロにゲスト出演、
別府のワインバー・ラタフィア、吉村さんのアナウンスで気づきました。紅葉遅ーい。
少しカレンダーの表記よりに体内時計のネジを巻き戻さなくちゃ。
女子プロはDJ田代さんのオシャベリも素敵です。

写真はチーズ、テット ド モアンヌと
シロップ・ブランド、モナンのレアチーズケーキ味。

前者は花びらのように、うすぅく削って食べます。
足音立てずに軽やかに舌の上に乗って、何食わぬ顔でうまみを行き渡らせるのが特徴のチーズです。この薄さが、
ワインほどチーズとハモるチカラの無いウイスキーやジン、ウオッカなどの蒸留酒、その周辺のカクテルとも仲良く食べれる要因です。
お食事と一緒に楽しむ食中酒の世界をぐっと広げてくれる逸材です。
また、実際に削る体験はお客様にも楽しんでいただいています。

後者はマスカルポーネ・チーズや豆乳、ハーゲンダッツなどのクリーム系との相性はもちろん、おだやかな酸味のフルーツとあわせても、美味しいです。
また、チーズケーキ底のクリスピーな部分も香ばしくナッティーに表現されています。
ナッツ風味のお酒をカクテルに使用する際、その褐色な色目に創造を支配されてしまうことが、ままあるのですが、らくらくに乗り越えられる頼もしい一本です。

BAR ONE 福岡市中央区天神3−15−1にちりんビル2F(紳士服フタタ近所)
092-713-9301    17時OPEN
出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスを行っています。
ひと味違う演出をお届けします。ぜひご相談ください。
温泉でも結婚式場でも伺います。



最近の写真

  • E506edd462874610947574631b9f6fca
  • 7aea619600f04f04b7d855b118e47c21
  • E6ac86e9c8434d478399c290f142821f
  • 17416f4ead634519a17deb4113538954
  • 2f6ebc6c1a5349c3a20f1a717aa35f5a
  • 660573dd4d8b487d9da3778f8ffc5d5e
  • Img_3256_2
  • Img_3251
  • Img_3248