« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

情報

Img_0767 おつかれ様です。

この時期の

三寒四温って

東尾や魁皇の

勝敗みたいで

救われます。

で、ビラ配り。

おとなりのゴルフ道場、

ゴルフステーション天神さんの

桃色チラシ。

下段の一角に

BarONEを

掲載していただきました。

ありがとうございます。

マイノリティなBarが、

ビラ配りってのは、

矛盾していますが

JALさんがビラ配りから

再スタートと伺いますし、

アンコール演奏で

CDや書籍販売を

易々と

やってのける音楽家を通じて

ちっくと、ビラ配りも

おもしろそうぜよ~と

相成りました。

バーテンダーのブログを

やっておいて何ですが、

人間くさいBar文化の伝承は

さらり体温の感じられる

‘手渡し’に

ヒントがあるのかもしれません。

BBIQの一階窓口ショウルーム

‘BBIQ Plaza’さんも、

たのしみですね。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月25日 (木)

頭痣

Img_0768 おつかれ様です。

ゴルバチョフさんが

日本のバラエティ番組に

出演されていました。

いいなぁ、SMAP。

マトリョーシカ人形を片手に

「ダスビダーニャ」と

別れのあいさつを

されていました。

写真は

カクテル「ダスビダーニャ」と

マトリョーシカ・ボトルに

入ったウオッカ。

ウオッカと

グレープフルーツジュースに

アクセントとして

ライムジュースと

マラスキーノ・リキュールを加え

シェイクした一杯が

カクテル「ダスビダーニャ」。

薄く細くカットしたライムの皮は

香りと苦み。

別れの余韻と寂しさを

ほんのりと漂わせています。

とは言っても、

おニャン子クラブの

♪じゃあね♪のノリで

さらりと

別れの一杯を心掛けています。

ゴルバチョフさーん、

あなたのおかげで、

冷戦下のスパイ映画音楽で

美しく舞うオリンピック選手を

観れる時代になったっちゃけん、

ありがとね。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月24日 (水)

春酔

Img_0772 おつかれ様です。

春を頂きました。

小袋ふたつ分のつくし。

季節感存分のつくしですが、

無理矢理に

カクテルするより

卵にとじた方が

つくしも幸せでしょ?

青く閉じた若い芽の

ハカマに、

そろっとあたりながら

真央&ヨナ観戦。

じゅわっと

あふれてる恍惚物質。

さっと、

長洲未来ちゃんの演技がよぎり、

鏡で鼻を確かめます。

つくしの胞子が

花粉症ぎみの鼻に

当たったのかしらん。

それにしても、

女子フィギュア観戦による

体幹から湧きだす

不思議な酔いには感心しました。

もしかしたら、

ターミネーターみたいな

機械にでも理解できるかもしれません。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月23日 (火)

南博

Img_0745_2 おつかれ様です。

赤い液体、

もしくは

媚びてこない甘いお酒

(例えば、

歴史あるイタリア酒)で

口を湿らせたくなる

音を聴きに

下関「BILLIE」へ。

古い知人の

門司港「新浜司寿し」さんで

腹ぁ作り、

関門トンネル散歩で

腹ぁこなし、

いざ「花と水」。

ソプラノ・サックスとピアノのサシ。

菊池成孔と南博。

「花と水」は、

BarONEお問い合わせ「音」NO.1。

(次点は、

福岡拠点に活動する「BEAT NOIR」)

「花と水」ライブは

また、行きたく

ナルナルの演奏でした。

あー、

あの音に合わせて

お酒を提供してみたいなぁ。

写真は、新浜司寿しさん「対の招き猫」。

あまり目にしないですよね?

「花と水」の音も、

そうなんですけれど、

「対」って、

簡潔できれい。

濃淡のゆとり。

「白鍵と黒鍵の間に」は南博著。

僕と同じ年で熱心な大将と

ふんわりなソムリエ女将。

また、お逢いしたい二組、

いや、ニャン組・・でした。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月 9日 (火)

一息

Img_0532 おつかれ様です。

せんとくんカクテルで

お世話になった方への

おハガキをやっと

書き終えました。

旅の足跡帳も

仕上がりました。

関西のお客様に好評だった

せんとくんカクテル

「まほろばの暁」(写真)は

BarONEゲストにも

楽しんで

いただけているようです。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月 7日 (日)

栄作

Img_0631 おつかれ様です。

古都旅のなごりなのか、

美しい日本の景観、

電線や電柱の埋設を

考えます。

が、

「毎度おさわがせします」

ばりに立春する

バレンタイン魂。

この緊急事態に、

美しい日本の景観は

どこへやら、

毎度

「女子の電柱待ち伏せ」を

期待しちゃいます。

あの電柱の影にこそ・・、

次の電柱の影にこそ・・、

そのまた次の電柱にこそ・・、

・・来年こそ。

こっそりと闘志は萎えてゆきます。

~ことしの2/14は、

かの吉田栄作さんが来福です。

BiVi福岡1Fに17:00~。

入場無料。

かっこよく歳食ってる人なんだろうなぁ。

電柱の陰から観てみよっと。

~古都旅には、橿原神宮に参拝するのが、

高校時代からの夢だったという父も

連れ添いました(写真)。

バレンタインの前にある

2/11の建国記念日は

橿原さんにお祀りしてある

神武天皇ゆかりに制定されました。

佐藤栄作内閣により

昭和42年から適用されたということですから

僕より五歳上。

わりと最近の記念日なんですね。

日本でのバレンタイン習慣と

ほぼ同じ時期。

あ、Barカウンターでのチョコの受け渡しだと

横並びで照れくさくないし、

その場でリボンをほどけば

贈り主の口にも入ることになります。

シャンパンやシガーをオーダー頂ければ

より素敵なマリアージュを堪能できます。

せっかくのサンデー・バレンタインを

もっともっと楽しめますように。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

2010年2月 4日 (木)

立春

Img_0687 おつかれ様です。

昨日、工場見学を

させていただいた

奈良の春鹿という

日本酒作り手さんは

立春当日がたいそう

慌ただしいそうです。

写真は、春鹿名物の

発酵米ジュースから

日本酒を絞る

長ーい「ふね」。

~春鹿さんでは、

その日に作った

「立春」メイドの一本を

その日のうちに

お得意さんの手元に届ける

立春のならわしがあります。

スタッフはもちろん、

問屋さんや販売店さん自ら、

縁起の良い一本をご自身のお客様に

飲んでいただくために

早朝から助っ人に

いらっしゃるそうです。

押しかけ助っ人に僕も行きたい。

~お酒も女性も同じなんですが

特に日本酒は

ていねいに扱うほうがいい。

この考えを貫くカタチで

平城京1300年日本酒カクテルコンペティションに

応募したのですが、

とてもいい満足が得られました。

実際に試飲されたお客様にとても

興味を持っていただけたから。

温かいご理解で最終選考会にまで

呼んで下さった選考委員会の皆様にも

感謝、感激です。

~お水やソーダと同じように

素材を割る材料として

日本酒を使用した今回のレシピ。

このように伝えると

主役を脇役に使う冒涜に

感じるかもしれませんが、

日本酒のきれいなうま味を

損なうことなくカクテルにして

飲み手に伝えるためには

混ぜるだけ、がベスト。

バーテンダーは

大きな音が出るような処方は

日本酒にとって

好ましくないことを

薄々、知っているはず・・。

ま、いろいろもあるはず。

あたりがつくのは、

他のどのお酒より

「酸」が少ないバランスのため

劣化(酸化)を感じやすいということ。

~いま話題のCM、

ソーダを注いだあとに

混ぜすぎない(炭酸が逃げるから)と

小雪さんが語る美味しいハイボールのコツ。

炭酸の発泡と同程度に

デリケートな日本酒のうま味。

三島由紀夫さーん、

「うたかた」って、この事ですか?

~春鹿さんと同じく

奈良を代表する日本酒「梅の宿」さんが

2010.9/5に主催される

日本酒カクテルコンペティション。

ぜひ

神宿る清水の里で

磨きに磨いて

磨きぬいたアタマ×、

違った

レシピ◎で

再チャレンジしたいです。

Bar ONE

福岡市中央区天神3-15-1にちりんビルB1F

(紳士服フタタ近所)

℡ 092-7130-9301

定休日 毎月1,11,21,31

(下ひと桁が1の付く日)

アップライト・ピアノやシュミレーション・ゴルフ、大型モニターも有り。

ピアノの身内発表会や自主上映会などお気軽にご利用ください。

出張バーテンダー、ケータリング・カクテル・サービスも行っています。

最近の写真

  • 7144837465f347b5b00ee3068562317e
  • E0f04fdf483f4ad88ec43a10dd3f7e6a
  • 0caa106c6523449da0b6e0944149d913
  • 34dc72ad531a417287c9c661fb1cb833
  • 4586947921a44d54af782657d68eb8df
  • 52ec5aa6636f4211a0fd64d39005f0da
  • 178de06861514dff9d6abd70d1b9ed33
  • A7ff59b4eaff4e108028e17e5c7c1849
  • Ef2b9bb6edd7413e87c71792661ffa29
  • E506edd462874610947574631b9f6fca
  • 7aea619600f04f04b7d855b118e47c21
  • E6ac86e9c8434d478399c290f142821f