« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

滋味

032






























おつかれ様です。

十月開催の廣末勝己氏展示会へ向けて

オマージュ・カクテル創作に励んでいます。

作品集から

すくいあげた印象は「NEO」と「なお」。

これに

新発売のジャックダニエル蜂蜜味を掛け合わせてはどうだろう。

カウンターのこちら側から汲み取れた情報は

①ハイボール、カシス、

②宇宙、結晶、ノスタルジア、

③ミックジャガー、ドゥニャ、先生。

まずは、季節感から順序立てよう。

~夏休みの宿題。

「葉巻にあうジンベースのカクテルを」というオーダーに取り組んだ今夏。

写真の「JIMI」は答えの一杯。

ピンク・ジン、フランシス・アルバートと呼ばれる二杯のカクテルをきっかけに、

私の十八番スティンガー・カクテルへ編曲。

同時に

葉巻を「紫煙」に見立て、ジミ・ヘンドリクスの「JIMI」と呼ぶ方向へ。

ヘンドリクス・ジンを3、

 ライ・ウイスキーを2、

イエガ―マイスターを1。

およよ、オーダー氏がジミヘンに見えてきたぞ。

~展示の頃は通りのイチョウがまぶしい頃かな、さびしい頃かな。

深まる秋へ想いを馳せ、ひらひらひらっとあふれてくる素材は

金平糖、バナナ、ミスター・・・・・気分転換のタイミング。

栗のアレキサンダーカクテルで身体から秋に。

http://www.barone.jp                     

----------------------------------------------------                      

なお、BarONE入口の白い空間(10.5×3.5×2.5m)は                      

再訪しやすい夜の時間帯18~23に開いている     

ギャラリー(レンタルスペース)です。                    

夕食後の寄り道、帰宅前の気分転換、日没にとらわれることのない、                    

さまざまな文化発信にご利用、お愉しみください。                    

平面・立体作品の展示・販売や映像・演奏発表など、               

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。                    

福岡市中央区赤坂1-14-24                                                 

℡ 092-713-9301

2014年9月10日 (水)

拓本

013


















おつかれ様です。

私がカウンター席に腰を下ろすのは

10、20、30日。

気がつけば

指先でカウンターの年輪を触っています。

目を閉じれば

木の声を聴けるような一体感。

近年、ウイスキーの美味しさは

どのような素性の樽で眠っていたか?

が重要視されています。

~島育ちのウイスキーチケットに見られる

渦巻のような縁取り。

このぐるぐるは

文字を持たないケルト文化の代表的な文様。

例えば、木や石に紙をあて

鉛筆を滑らせると浮かび上がる時間のあと。

目の奥へ静かに写し込めば、

どうやら遠くにおぼえがある。

どちらさんでしたっけ?

語りかけるでもなく、眺めているでもなく

たたずみ、いや、ただただ、そこにある不思議。

ケルトと日本民族のみが持つ八百万の神の皮膚感覚でしょう。

アイルランドの石の美術 拓本展が

アクロス福岡二階で

9/16~9/21の10時から18時、最終日は16時まで行われます。

ところで、

バーマンの仕事道具のひとつ、

バースプーンにもケルトの息使いがみえる時があるんですよ。

http://www.barone.jp                    

----------------------------------------------------                     

なお、BarONE入口の白い空間(10.5×3.5×2.5m)は                       

再訪しやすい夜の時間帯18~23に開いている    

ギャラリー(レンタルスペース)です。                   

夕食後の寄り道、帰宅前の気分転換、日没にとらわれることのない、                   

さまざまな文化発信にご利用、お愉しみください。                   

平面・立体作品の展示・販売や映像・演奏発表など、              

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。                   

福岡市中央区赤坂1-14-24                                                

℡ 092-713-9301 

2014年9月 2日 (火)

青春

082
















おつかれ様です。

夏をあきらめない実写版ルパン三世。

私は「ルパンズ ジャケット」と銘打った

カクテルコンぺティション初挑戦の一杯を想い出します。

アニメ・ルパン三世のユーモア×チャーミングな

キャラクターに手を焼き、

クールかつスパイシーな原作漫画に活路を見出し、

シャルトリューズやテキーラを起用したっけ。

エンターテイメントを掲げたはずが、

お客さまへのストライクゾーンを極狭にして着地。

その限られたシチュエーションへの演出ばかりにとらわれる現場。

バーテンダーになりたいんか、

パーテンダーになりたいんか。

~漫画の映画実写化に誰をキャスティングする?

Barで愉しい話題のひとつ。

ミスマッチっていうのか、別の息吹が出来る方がより良い。

膝を打つ「ホットロード」のあまちゃん配役。

「湘爆」と「ビーバップ」を読みつけていた私は、

春山にはミステリアスな魅力がこびりつき、

今回演じられてる登坂さんへの興味が尽きません。

15、16、17の青さ、阿呆さ。

そして、

そろそろ尾崎豊楽曲はaiko×菊池成孔にカヴァーして欲しいです。

ともあれ、

まずはルパン公開記念の珈琲風呂へ行かなくちゃ。

http://www.barone.jp                   

----------------------------------------------------                    

なお、BarONE入口の白い空間(10.5×3.5×2.5m)は                      

再訪しやすい夜の時間帯18~23に開いている   

ギャラリー(レンタルスペース)です。                  

夕食後の寄り道、帰宅前の気分転換、日没にとらわれることのない、                  

さまざまな文化発信にご利用、お愉しみください。                  

平面・立体作品の展示・販売や映像・演奏発表など、               

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。                  

福岡市中央区赤坂1-14-24                                               

℡ 092-713-9301  

最近の写真

  • Img_3256_2
  • Img_3251
  • Img_3248
  • Img_3225_2
  • Img_3223
  • Img_3135_2
  • Img_3117
  • Img_3110
  • Img_3108
  • Img_2691
  • Img_2690
  • Img_2689