« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

オリジナル・カクテル

おつかれ様です。

芽吹きの春。

何かと生まれる季節ですから

oneオリジナルの一杯を

幾つかご紹介します。

Image

ラフティング・リリー・カクテルは

緑豊かな球磨川での

激しいラフティングの中、

深緑の水面に映る白百合の影に

着想を得ています。

*ホワイト・ラム 45ml
*キウイ・フルーツ 1個
*お抹茶 茶杓2
*パッションフルーツ・シロップ 5ml

全ての材料を入れたミキシング・グラスへ

クラッシュアイスも入れて

バーミックスで

フローズン・スタイルに仕上げます。

和風トロピカル・カクテルと

いったていの野趣溢れる一杯。

お抹茶は

①みどり色の補てんと

キウイ・フルーツのジューシーさに潜む

えぐ味やイガイガを

②にが味で和らげる

双方に欠かせない存在。

朝食みたいな一杯と

中洲へパトロール前に

お召し上がりになるお客様も

いらっしゃいます。

Image_2

桜咲くこれからは

えぐ味・にが味の

成長エネルギーを

体内へ取り込むのに

もっとも適した季節です。

温かさが増すにつれ

増えるのが

フローズン・スタイルのオーダーと

お腹を引っ込める戦闘タイム。

カラータイマーが点滅するのは

3分間と決まっている訳じゃない。

「ヘルシーなお酒…」

この無邪気にこぼれ落ちるオーダーに

かぶり四つして

がぶり寄りして生まれた

豆乳✖️ベイリーズ・リキュール。

ベイリーズ・ソイ・カクテル。

🎶ギリギリまでがんばって〜

ギリギリまで ふんばって〜

ピンチの ピンチのピンチの連続

そんな時ウルトラマンがほしい!

稀勢の里ぜぇきー🎶

ベイリーズ・リキュールは

酪農王国アイルランドの誇る

クリーム・リキュール。

甘いだけのリキュールと見ないで欲しいと

アイリッシュ・ウィスキーがボケがちな

味の稜線をキリリと引き締めます。

セント・パトリック・デーのある三月は

召し上がる機会も多いのでは。

*ベイリーズ45ml
*豆乳 適量
*ナッツのトッピング

豆乳の繊維っぽさや

ベイリーズ・リキュールの練り上げ感に

素材の良さを知って頂けます。

Image_3



現在は

八女・加藤豆腐メイドの豆乳を

使っていますが、

発見して間もない頃は

大塚食品さんの「スゴイ
                         ダイズ」豆乳を使用。

その事からは

「スダゴイイズをちょうだい」と

お客様から呼んで頂ける名物に。

oneでは

「ベイリーズ・ゴイイズ」が通称です。

今日3/25から4/3まで

福岡城跡はさくらまつり。

22時迄ライトアップされています。

夜桜散歩のついでに

お立ち寄り下さいませ。

2016年3月11日 (金)

セント・パトリックデー

おつかれ様です。

3/15(火)〜3/22(火)は休業します。

バーテンダー岸久さん特集のNHK

「プロジェクトX」を

ご覧になったよ、というゲストがちらほら。

私は再放送を少し。

米国在住ご夫婦の

アイリッシュ・コーヒー・エピソードに

選ばれていた

イッタラのホット・グラスを早速購入。

Image

〜マフラーを巻いてのご来店。

「モヒートを下さい」とのオーダーに

ラム酒は暖かくしても美味しいんですよって

季節感をそっとおススメする

ホット・カクテル、グロッグ。

・ブリティッシュ・ネイビー・ラム 45ml
・レモン・ジュース 15ml
・角砂糖 1個
・グローブ 3粒
・シナモン・スティック 適量
・お湯 適量

Image_2



金柑入りのパディントン・マーマレード風。

グロッグは英国海軍提督のニックネーム。

彼の着ているコートの

グロッグラムと呼ばれる織りから転じて。

水兵さんの酔っ払い

(フラフラに酔う状態'グロッキー'の語源)

防止や

どんどん長くなる航路での飲み水の腐敗

防止に

ラムの水割りを推奨した提督。

もちろん

帽子の似合う提督。

〜革新的な飲み方も時の流れとともに定着。

ビタミンC不足がもたらす

水兵さんの病気・壊血病対策に

航海途中の島々で手に入るレモンや

インドからのスパイスも

カクテルする流れへ。

ラム酒のお湯割りを甲板で飲み

吹きすさぶ寒さから身を守る水兵さん。

なんだか

「博多華丸のもらい酒みなと旅」の

様相を呈してきましたが、

読み返して発見!

冒頭のNHK「プロジェクトX」は

「プロフェッショナル」の間違いです。

Xといえば

3/12(土)公開の劇場版ウルトラマンX。

Image_3

思い出を大切にされる海外からのお客様、


無邪気なウルトラマンXのキャラ弁オーダー、

日本のバーテンダーは喜んでお相手つかまつる💦。

3/12からは

セントパトリックデーのパレードや、

イベントも各地で楽しまれます。

もともとは、

アイルランドにキリスト教を広めた

聖パトリックの命日3/17を祝う

カトリック信者のお祭り。

緑色のモノを身につけ

ご当地ギネスビールや

ベイリーズ・リキュールで盛り上がります。

世界中のお客様を

心から暖めている

ダブリン空港発祥のカクテル、

アイリッシュ・コーヒーも

お忘れなく。

Image_4

珈琲豆を

アイリッシュ・ウイスキーで

燃やす炎に

ウルトラマンXが降臨!

Image_5

2016年3月 7日 (月)

ジャックダニエル

おつかれ様です。

3/15(火)〜3/22(火)は休業します。

サウナの日、3/7。

サウナの似合う人を思い浮かべると…

何と、やんちゃ顔の多いこと!

ジャック・ダニエル好きで知られる

フランク・シナトラも、そんな顔つき。

一般的なジャック・ダニエル・ブラックは

no.7の表記のあることからラッキーさんや、

ゲンかつぎに飲まれる一杯。

「7」と言えば

ジン・ベースの

「セブンス・ヘブン」と呼ばれる

ショートカクテルもあります。

・ジン 4/5
・マラスキーノ 1/5
・グレーフルーツジュース 2tsp

サクランボ(マラスカ種)のリキュール、

マラスキーノを使う代表的なカクテル。

このお酒を使うカクテルは

春夏に、より美味しさを増します。

Image

このボトル・デザインに

菜の花ばたけが映る3月〜4月。

♫菜の花ばたけに

〜おぼろ月夜♫

思い浮かんでくる

日本人のセブンス・ヘブン。

最高の天国の情景。

Image_2

フランク・シナトラの代表曲

♫フライ ミー トゥ ザ ムーン♫

どんな月夜でしょ?

姫に

「お月さまへ連れていって」の瞬間は

オトコ誰しも、サウナ顔なのかも。

カクテル、アイリッシュ・コーヒーに

浮かぶ月ウサギ。

♫ぴょんぴょん、もうすぐいちねんせーい♫

Image_3

・アイリッシュ・ウイスキー30mlを                                                              

ワイン・グラスに注ぎ、

濃ゆめのホット・コーヒーを適量加える。

甘みを加えたホイップクリーム を浮かべる。

いつもは

アイリッシュ・ウイスキー、

ブラック・ブッシュを使いますが、

今回はジャック・ダニエル・「ハニー」へ

コンバート。

一塁だろうが、外野だろうが、

月だろうが、火星だろうが、

どこだって姫を守りますよ。

「ハニー」ムーンを夢見る殿方に。

2016年3月 4日 (金)

シンガポール・スリング

おつかれ様です。

ル ル ルルル~
 
ル ル ルルル~

ル ル ルルル~

シンガポール

ラ ラ ラララ~

ラ ラ ラララ~

ラ ラ ラララ~~

♫夜明けのスキャット♫

ならぬ、雛祭りのスリングこと

シンガポール・スリング。

つい「スリリング」と

オーダーされても大丈夫ですよ。

丈夫と言えば

赤ちゃんの抱っこヒモもスリングslings

シンガポール・スリングは

透明に細かい泡が立つジン・フィズに

深紅のチェリーブランデーを

ドロップするミステリアスな一杯。

a.ジン 45ml
b.チェリー・ブランデー 15ml
c.レモン・ジュース 20ml
d.砂糖 スプーン1杯
e.ソーダ水 適量

Image

eを注いだ後にシェーカー(a,c,d)、
ステアののちbをグラスふちに添わせて
ドロップします。


oneでは古今亭志ん朝のお気に入りと

お伝えしておりますが、

味わい、色あい、意味あいともに

日本の3月から4月に

より美味しく飲める一杯。

ただ、ご本家シンガポールにある

ラッフルズ・ホテルのオリジナルとは

レシピが随分と違います。

・ジン30 ml
・チェリー・ブランデー15 ml
・パイナップルジュース 120 ml
・ライム・ジュース 15 ml
・コアントロー7.5 ml
・ベネディクティン 7.5 ml
・グレナデン・シロップ 10 ml
・アンゴスチュラ・ビターズ 1 Dash

こちらは

潮騒かようトロピカル・カクテル風。

昨年2015年で生誕100歳になるこの一杯。

フランク・シナトラと同い年。

Image_2

oneではどちらのスタイルでも

調合させて頂きます。

どうぞ♫スキャットにてご来店を。

子守唄にも聞こえるル ル ルルル~。

Image_3

スリング。

シンガポール・スリング。

2016年3月 1日 (火)

春の隠し味

おつかれ様です。
うるう年って、どうしてあそこまで、
せわしないのでしょう?
春を待ち侘びまくる時期こそ美味しい苦味。苦味が隠し味の一杯、ベネット・カクテル。
ハードボイルドの定番・ギムレットに
アンゴスチュラ・ビターズを一滴ほど
加えるアレンジの一杯。
いわば、早春仕上げのギムレットです。
例年より1日多い早春に。

最近の写真

  • Img_3117
  • Img_3110
  • Img_3108
  • Img_2691
  • Img_2690
  • Img_2689
  • Img_2585_2
  • Img_2574_5
  • Img_2529_2