« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月22日 (日)

「戦争とおはぎとグリーンピース」 出版記念カクテル

おつかれ様です。

5/31まで展示中の

婦人の新聞投稿欄<紅皿>集

「戦争とおはぎとグリーンピース」

出版記念 田中千智 原画展。

西日本新聞の女性投稿欄<紅皿>

紅皿とは口紅用の紅が

塗られた小皿やちょこのことで

お水を含ませた筆や薬指で溶くと

鮮やかな赤となり頰や目元

爪を彩るのにも用いられたそう

終戦を契機に

社会へ飛び出す<ごりよんさん>の

アイコンではないしょうか。

Image

「戦争とおはぎとグリーンピース」

出版記念カクテル

<紅皿benizara>

材料

ヴァイオレット・リキュール   10ml                                                                  キュンメル                          20ml                                                                                        カムパリ                             10ml                                                                                           ペリエ                                30ml                                                                                              レモンジュース                      1tsp

作り方

a.上記の材料を
  氷の入った
  ミキシング・グラスに注ぎ
  ステアする
b.液体の澄んできた頃合いで
  冷やしておいたグラスへ
  注ぎ替える
c.ザクロの種をグラスに沈める

わたしは

表紙のふたりの女性(同一人物?)の

<間>が好きで

その経年変化というか

時間をグラスに映そうと試みました

Image_2

田中千智さんの描かれた絵の

シングル・モルト・ウィスキー、

カリラもお飲み頂けます。

トロワ・リヴィエールという

カリブ海・マルティニーク島産の

さとうきび酒・ラムを寝かせた樽での

熟成を経た特別な一本です。

そのラムを舐めながら

このカリラをお飲みいただければ

樽から浸み出した<時間>を

感じていただけます

Image_3

梅雨入り前の気持ち良い季節を

絵を観たり

ページをめくったり

グラスに尋ねたり

より快適な<時間>をお過ごし下さい

2016年5月11日 (水)

初夏に飲むカクテル、 ミント・ジュレップとは?

おつかれ様です。

5/12〜5/14は休業します。

世の中に出回っているカクテルはほぼ

様々なルーツを持つ人の集う

ニューヨーク・マンハッタン島うまれ。

わたしの故郷のお酒を

あなたに知ってもらって

友達になりたいから。

ただ

今回のミント・ジュレップ・カクテルは

もう少したくましくって

気候風土に乗っ取り独自に進歩し

現在に至る一杯。

アメリカを別の側面から

見ることも出来るのでは?
材料
・ケンタッキーバーボンウィスキー 45ml
・ミントの葉 10枚
・角砂糖 1個
・ミントの一芯ニ葉 1本
・ストロー 2本
・クラッシュ・アイス 適量
・ソーダ 適量

作り方
a.適当な器の中でミントの葉、角砂糖、
   クラッシュ・アイス、ソーダを
   スリコギ(割り箸可)で潰す。

Image_4

b.aがミゾレ状になったら
   ウィスキーを加えて、
   クラッシュ・アイスを
   7分目に詰めた背の高いグラスに移す。

c.bにソーダを適量加えた後
   バースプーン二本を背中合わせに構え
   グラス底に当たらぬよう
   クラッシュ・アイスの中を上下する。
   「ジュレップ、ジュレップ」と鳴く氷。

Image_5

d.グラスに霜が降ってきたら
   クラッシュ・アイス、ソーダで
   見栄えを整える

e.二本のストローをグラスに挿し
   ミントの一芯二葉を潰さないように
   手の腹で叩き
   ストローを二本くわえた際に
   鼻先のくる位置へ飾る

ミント・ジュレップ・カクテルは

先日、武豊騎手が20数年ぶりに

日本調教馬ラニで参戦の競馬祭典・

ケンタッキー・ダービーで

もてなされる一杯。

〜はるか海を越え

はるばるたどり着いた

新天地ニューヨーク。

夢と希望に満ちあふれるのも束の間

独立戦争やら新政府の税金やらで

フロンティア・西部開拓へ。

アパラチア山脈ふもと

豊富な水脈かつ広大な草原を持つ

ケンタッキー

(原住民の言葉で平原の意) と呼ばれる

地に落ち着く。

かのち由来のトウモロコシへ

開拓民持ち込みのライ麦を混ぜ蒸留、

ミント・ジュレップ・カクテルに

欠かせない

ケンタッキー・

バーボン・ウイスキーは生まれます。

激しい労働の日々
 「そういや  故郷の貴族や上流階級の連中は                                                                        みんなしてオシャレして馬の競争に興じていたっけ」

「我々もここらで
みんなの気分転換になる社交場を作ろう」

養馬場そばに

杭を打ち

縄を張り

コースを作る。

観戦スペースも出来始める。

草競馬から競馬場へ。

やがて、

自分たちの

誇りのウイスキーを飲みながらの観戦へ。

ケンタッキー発見からここまで100年余

ミント・ジュレップ・カクテルの祖誕生。

その後

ひと手間かけてみよう

手元が狂ってしまい

何らかのきっかけにより

新緑の入るウツワへ

バーボン・ウイスキーが浸ります。

氷が入り

背の高いグラスに入り

ストローを挿し

現在の形へ。

とは云うものの

ウイスキーの苦手な方は絶対。

サザン・カンフォートという

ピーチ・ミックス・フレーバーの

米国・ニューオリンズうまれのリキュールを

ジュレップ・カクテルにいかがでしょう。

このリキュールは

アルコール度数のみを

半分にするアップグレードを

やり遂げた一本。

軽めのアルコール度数を好む方が増える

市場を見据えるしなやかさと

伝統を兼ね添えています。

Image_6

2016年5月 3日 (火)

5/3〜5/8までのどんたく限定カクテル

おつかれ様です。

武豊騎手が20数年ぶりに

日本調教馬で参戦する競馬の祭典、

ケンタッキーダービーを目前に控え

ミント・ジュレップ・カクテルに

触れなくちゃですが

雨模様の博多どんたく関連イベントを

応援します。

Image

当店入口のwhite spaceで13時より

福岡のミナペルホネン、

「makumo」テキスタイル・マーケットの

開催です。

シルクスクリーンのワークショップ(有料)も空席あり。

18時まで(5/3、4、5、8)。

18時あたりからは私の居る奥のbarで

マカロンとシャンパンや

オマージュ・カクテルはいかがですか?

Image_2

お好みの作品タイプで作り分けます。

銀河/星座印象の方には
ウォッカ
バイオレット・リキュール
ライム /抹茶
カルピス仕様で
 

民族/呪術印象の方には                                                                                 テキーラ                                                                                                    バイオレット・リキュール                                                                             ココナッツ /ライム

いずれも5/8までの

どんたく限定カクテルとします。

19:30から21:00ですと

バーカウンターから振り返るだけで

熊本・大分への復興メッセージもまぶしい

「にしてつ」花自動車もご覧いただけます。

Image_3

何か「花札」を匂わせるmakumoの世界。

じゃりんこチエファンもうなずくはず。

私もカジノ用に蝶ネクタイを

オーダーしてみよっと。

最近の写真

  • 7144837465f347b5b00ee3068562317e
  • E0f04fdf483f4ad88ec43a10dd3f7e6a
  • 0caa106c6523449da0b6e0944149d913
  • 34dc72ad531a417287c9c661fb1cb833
  • 4586947921a44d54af782657d68eb8df
  • 52ec5aa6636f4211a0fd64d39005f0da
  • 178de06861514dff9d6abd70d1b9ed33
  • A7ff59b4eaff4e108028e17e5c7c1849
  • Ef2b9bb6edd7413e87c71792661ffa29
  • E506edd462874610947574631b9f6fca
  • 7aea619600f04f04b7d855b118e47c21
  • E6ac86e9c8434d478399c290f142821f