2017年1月29日 (日)

節分カクテル三部作

おつかれ様です。
2/2は節分休業します。

鬼は外酒、ホットストレガ
hot stolega

Img_0406

liquore storega
ストレガ リキュール 45ml
hot water お湯 asyoulike 適量
clove 丁子 3peace
ザ「鬼」とまではいきませんが
魔女の顔が印象的な黄色のボトル
ストレガのお湯割り
丁子はお湯割りにする時の必需品。
基本の味わいが飛んでしまいがちな
ホットカクテルに輪郭を与え
バランス良く仕上げてくれるから不思議。

福は内酒、ハッピーハニー
happy honey

Img_0412

cognac brandy
コニャック ブランデー 1/2
grape fruits juice
グレープフルーツジュース 1/2
honey はちみつ asyoulike 適量
ひと口飲めば、
たちまち笑顔のハッピーな一杯。
蕎麦のはちみつにアレンジすると
風邪予防にもなります。

生きてりゃ
鬼も福もありますよん♫
清濁併せ呑み酒 ホワイト ルシアン
white russiun

Img_0430


vodka ウォッカ 3/4
chocolat silop 1/4
cream 生クリーム asyoulike 適量
クリームが清(白)、チョコレートが濁(黒)。
バレンタイン・デーに
シロクロつけたいあなたにも。
シビれさせるなら
山椒の実に漬け込んだ自家製ウォッカに
アレンジします。

2017年1月13日 (金)

おつかれ様です。

2017.1/14(土)よりoneエントランスの

white spaceで開催されます

「超抽象 超絵画/three crash」

三種類のオマージュ・カクテルを

紹介します。

まず

前田信明氏の作品へは

「aldila アルディラ」と呼ばれる一杯を。

「〜を超えて」の意のイタリア語。

Img_0342_2

white rum ホワイトラム 1/2
Frangelico liqueur フランジェリコ 1/4
blue curaçao ブルーキュラソー 1/4
lemon juice レモンジュース 1tsp

*全ての材料をシェークしてグラスへ

ラム酒の人懐こさを

ヘーゼルナッツの味わいと香りが支え

より立体的に仕上げます。

ヘーゼルナッツ・リキュールを生み出す

イタリアの空でしょうか海でしょうか

文字通り「全てを超えて」

飲み手の唇に伝わってきます。

そのような突き抜け感を持つので

ラム酒はジャマイカ産が心地良いと

捉えています。

次に
廣末勝己氏の作品へは

福岡八女産のキウイ・フルーツ、

「熟成っ娘」うれっこを

丸ごと一個仕様の一杯を。

Img_0353

kiwi fruits キウイ・フルーツ       1peace
southern comfort /
サザン・コムフォート                  15ml
tonic water トニック・ウォーター 15ml

*トニック・ウォーターを少し残して
上記の材料をミキサーにかけグラスへ。
*残りのトニック・ウォーターを注ぎ
軽くかき混ぜる

氏のお人柄のもたらす空気なのでしょう、

作風の「超え」に、まとまりとは言い難い

バランスを覚えます。

バランス、調和と捉えると緑色。

新緑の一杯で乾杯。


背格好が私とウリ二つの

原泰樹氏作品をトリの一杯に。

Img_0338_2


kiss of rose キス オブ ローズ 1/3
tio pepe ティオ ぺぺ 1/3
havana club 3y ハバナクラブ3年 1/3

全ての材料をシェイクしグラスに注ぐ。
コンペイトウを沈める。

「刺彩」の表題に閃いたバラのリキュール。

氏の第2の故郷、

スペイン産ドライ・シェリーを加え、

さぁどうしよう?

黄色系のお酒を試行錯誤の末に

ハバナ・クラブの三年に辿り着く。

「刺彩」の実際に尖った感じが欲しくて

コンペイトウを入れてみることに。

やっぱし、

この御三方、尖ってますもん。


なお、

1/14(土)16時〜は

オープニングイベントとして

ギャラリートークを、

18時〜は

ワイン片手にパーティーを行ないます。

皆様のご参加をお待ちしています。

2016年12月30日 (金)

酉年はカクテル・バーが吉

おつかれ様です。

酉年の来年。

カクテルはcocktailと綴ります。

雄鶏の美しい尾羽で

飲み物を混ぜた事に由来します。

私達の使うバースプーンに

その名残りがあるでしょうか。


十二支・犬猿の仲、サルとイヌの間に

割って入った立役者、トリ。

「間に入る」とドリンクといえば

カクテル「ビトウィーン・ザ・シーツ」

☆ブランデー 1/3
☆ラム 1/3
☆ホワイト・キュラソー 1/3
☆レモン・ジュース 1tsp(極極小量)

Img_0330



葉巻と好相性のシガーカクテル。

シンプルな美しいレシピは

ブランデーの産地や

ラムの熟成度合をアレンジする事で
季節感や

間に入るシーツの素材感、織りの

表現を狙えます。

“Between the sheets”とは、

“ベッドに入って”という意味。

執事(バトラー)さんがバーマンとなり

ご主人様のベッドサイドで

作っていたのかも知れません。


いわゆる

'にわとり'の酉年とはズレますが

冬にこそ美味しいモートラック蒸溜所の

Mortlach シングル・モルト・ウイスキー。

その中に

トリ(鷹)が目印の一本があります。

Img_0331

ゴードン&マクファイル社

GORDON&MACPHAILの

46%瓶詰めボトル。

初夢に縁起の良いとされる

一富士「二鷹」三茄子ですし

その味わいと共に

'トリ'ラベルをまぶたに焼き付けてみては。


紅白歌合戦ではありませんが

トリは

ホット・ウイスキーhot whiskeyを。


食べる酉年、焼き鳥。

焼き鳥やさんで

「玉ひも」と呼ばれる部分。

色・形・大きさともに

フルーツの金柑に似ている事から

「キンカン」の愛称で親しまれています。

oneではキンカン煮を

グローブとウイスキーとお水と一緒に温め

ホットグラスへ注いでいます。

Img_0333



立ち上る湯気が

トサカに見えたら御利益アリでしょう。

2016年12月 7日 (水)

カクテルくるみ割り人形三部作

おつかれ様です。

いよいよ

one店頭のイチョウが散り始めました

「クリスマス」のフレーズが無くとも

クリスマスムードが盛り上がる

チャイコフスキー作のバレエ曲

🎶くるみ割り人形🎶

今年こそ 

くるみ割り人形の

オリジナル・カクテル制作に

チャレンジしてみよう

*くるみリキュールnocello 1/3
*ウォッカstolichnaya1/3
*リレlillet1/3

Img_0238_2

全ての材料をシェイクしグラスに注ぎ

金平糖を沈める

1.くるみ割り人形にちなみ
クルミのリキュールと
作曲者チャイコフスキーの故郷酒ウォッカ。

2.🎶金平糖の踊り🎶と呼ばれる一節より
金平糖を飾ります。

3.クリスマスのキラキラ感を
液体の透明感として反映させたい。

3+.ワクワクする曲のイメージから
007のテーマ曲が思い浮かび
転じて
ボンド・マティニーに調合される
アペリティフ・ワインに絞り込む。

以上のような過程で

oneのナッツクラッカー・カクテル

nutscracker cocktailの出来上がり

上記の創作過程では

冬らしさを反映出来なかったので

冬こそ美味しいマンハッタン・カクテルを

🎶くるみ割り人形🎶風にアレンジ。

*ライ/バーボン・ウイスキー
very old st.nick1/3
*くるみリキュールnocello 1/3
*スイート・ヴェルモットbiermu1/3

Img_0242

全ての材料をステアしグラスに注ぎ

オレンジの皮の香り付けをして

ミントチェリーを飾る

1.せっかくですから                                                                                       サンタクロース・モチーフのウイスキーに                                                        くるみのリキュールを注ぎます。

2.🎶スペインの踊り🎶と呼ばれる一節から
スペイン産のヴェルモットをチョイス。

3.チェリーもクリスマスカラーに。

冬ならではのホットカクテルにも

🎶くるみ割り人形🎶な

湯気を漂わせてみましょう

厳冬の定番カクテル、

アイリッシュ・コーヒーに

くるみリキュールの調合をします

*アイリッシュ・ウイスキーblackbush30ml
*くるみリキュールnocello15ml
*ホット・コーヒー適量
*コーヒー豆2粒
*ホイップクリーム適量

Img_0244

温めたホットグラスへ

コーヒー豆を二粒落とし

ウイスキーを少量落とし、焼いた後に

ウイスキーとリキュールを注ぐ

そして、

熱いコーヒーを注いだ後に、

軽くホイップした生クリームを浮かべる

三者三様の

🎶くるみ割り人形🎶カクテル。

どれがお好みでしょうか。

2016年10月 6日 (木)

肉球グラスのマンハッタン・カクテル

おつかれ様です。

10/17(月)は臨時休業します。

銀杏の実が落ち始め

すっかりと

秋めいてきました。

one入り口の白い空間にも

珍入者が…。

赤い額に

ひと休みのトンボ。

Image

〜10/10展示中の田中千智「猫物語」。

さて、

白い空間に

一体何匹の猫がいるのでしょう?

oneオマージュの一杯は

肉球グラスのマンハッタン・カクテル。

黒ネコの描かれた

ジャパニーズウィスキーへ

スペイン産ベルモットを注ぎ、

丸氷を沈め、

オレンジの皮、

グリオッティーヌ・チェリー添えの

組み合わせで調合します。

Image_2

お酒のシメには

ジャコウネコと深い関わりのあるコーヒー、

コピ・ルアクはいかがでしょう。

Image_3

秋の夜長をキャット・ウォークで

帰れる事うけあいです。

2016年9月22日 (木)

中秋の名月カクテル三部作

おつかれ様です。
きれいなお月さまの秋。
月にまつわるカクテルの紹介。

○ブルームーン・カクテル

ジン30
ヴァイオレットリキュール15
レモン15
ラベンダーシロップ1tsp

全ての材料を
シェイクしてグラスへ
月に見立てた柑橘の皮を飾る

Image

♪月の裏で会いましょう♪

深夜ドラマもカッコよかった

○ムーンライト・カクテル

ジン20
白ワイン20
キルシュ5
グレープフルーツジュース15

全ての材料を
シェイクしてグラスへ
月に見立てた柑橘の皮を飾る

Image_2

かすかに揺れる萩を

キラキラと照らします

○ムーンライトキッス・カクテル

バイオレット45
ホワイトキュラソー5
パイナップルジュース30
レモンジュース5
ラベンダーシロップ1tsp

全ての材料を
クラッシュアイスと共に
シェイクして氷も一緒にグラスへ

Image_3

映画「ゴースト」の陶芸シーン。

主題歌「アンチェインド・メロディ」を

グッチ裕三インプットしているone。


- [ ]

2016年9月15日 (木)

店名変更のお知らせ

おつかれ様です。

沖縄の儀間さんmadeくまモンが

oneバックバーに出現!

中身は

SAMAROLIサマローリのラム酒ですが

「KUMAROLI」くまローリ!や

「GIMAROLI」ぎまローリ!と

正確にボケましょう。

沖縄県伊江島産ラム酒漬の

冬瓜スライスをプレゼント。

Image

10月は猫画。

田中千智の猫物語が10/1〜10/10に

one入り口、ホワイトスペースで開催。

犬モチーフのロゴでoneの当店ですが、

期間中はBarニャンに様変わり!

Image_2

坪庭の塀に

キャットウォークを拝める事の出来るone。

たまに

長めの猫も駆け抜けます。

…イタチ。

そちらさんに

どうも双子ちゃんが生まれたようで

坪庭へ下りてきて

追いかけっこする様子を激写!

Image_3

…坪庭フクロウ・バー計画は

見送る事にします。

2016年9月 8日 (木)

ロング・アイランド・アイスティー秘話

おつかれ様です。
one入り口の白い空間で
〜9/18開催のダンボール・アート。
沖縄の儀間さん作。

日本なら
カブキ、スシ、スモウかな?
ハリウッド、ファストフード、バスケと
いったアメリカン・デザイン。

ダンボールという機能紙で切り貼り再構築。
時間や量の見える現代アートに。

私は美味しくなるまで長い目で見る
ブランデーやウイスキーが好きですが、
パパパっと
手早く作るカクテルの作り手。

Image

言わんがな

カクテルはアメリカ生まれ。

儀間さんへ
勝手にシンパシーを感じています。

9/11は儀間さんの
ギャラリートーク15:30〜17:00もあります。

会期中のオマージュ・カクテルは
ロング・アイランド・アイスティーと
呼ばれる一杯。

Image_2

四種類の蒸留酒
(ジン・ウォッカ・ラム・テキーラ)を
等分にミックスして
レモンと
オレンジの皮のリキュールを足し
アメリカを代表するコーラを注ぐと
あら不思議!
見た目も、味わいも、
「ティー」になります。

「私の故郷のお酒なんだとか
私の好きなお酒なんだとか」
世界中の酒場どちらでも
繰り広げられるコミュニケーション。

人種のるつぼ、ニューヨークで
出来上がるのも、うなずけます。

Image_3

S、M、Lの三種類を取り揃えています。

2016年8月28日 (日)

メッセージにありがとう

おつかれ様です。

9/2,3,4は休業します。

たくさんのお祝いメッセージを

ありがとうございます。

夏休み 家族の濃さに作る カルピス

このシンプルな一歩を忘れずに。

Image

2016年9月より

天神・日本銀行前へ移転営業の

屋台バーえびちゃん。

ご近所さんとまではなりませんが

oneと同じ昭和通り沿い仲間になります。

ベロタクシさーん、

循環運行をお願いします。

Image_2

同じく9月に

西新から大名へお引越しの

Bar Porte du bonheurさん。

私とは

同じ釜の飯を食った同胞。

そのシノギを削ったバー、

DURANDの名前を引き継ぎしての

凱旋営業。

マスターの好きなシャンパン、

ビルカール・サルモンを

エールを込めて

しばらく

グラス提供させて頂きます。

Image_3

2016年8月19日 (金)

TOUMEIなカクテル

おつかれ様です。

one入り口の白い空間で〜8/21開催のTOUMEIのガラス展。

三点の飲用ガラスに

三杯のドリンクを提案しております。

無色透明なクリスタル・グラスを

ドリンク提供にほぼ用いるone。

今回、三者三様の色付きガラスのお陰で

新しい価値観が見えました。

ジン・ライム。

ジェニパーベリー、

1種類のみの香りを持つジン・ショリゲルを

輪切りライムでシンプルに。

忌野清志郎の唄う

♪ジン・ライムのようなお月さまぁ♪は

あんがい三日月ではなく満月なのかも。

Image

ベンチャーウイスキー、

イチローズ・モルト。

ミズナラの葉をにほわす濃いヒスイ色と

ミズナラ樽での熟成を経たハチミツ色。

まるで、

あつらえたかの様な色合いのグラスへ

注ぎます。

Image_2

聖杯のような風格を持つ

青の洞窟色のガラスへは

アブサン・ソーダ。

透明な液体の白く変化する様子が

神秘さを増します。

Image_3

最近の写真

  • Img_2142
  • Img_2141
  • Img_2138
  • Img_1894
  • Img_1891
  • Img_1887
  • Img_1865_2
  • Img_1861_2
  • Img_1859_2