シガーバー Feed

2017年10月22日 (日)

秋のシガーカクテル

おつかれ様です。

bar oneは毎月1,11,21,31日に

定休日を頂いておりますが、

11/2(木)は

臨時休業します。

bar oneエントランスの

white spaceで

10/21(土)〜10/30(月)開催の

福嶋さくら個展/一編。

アクリル画のとある箇所に

刺繍を施した作品です。

ラジオから流れるフレーズに

ふと

巻き取られる日常。

日常の暮らしの中

記憶にふけるきっかけ。

きっかけに刺繍。

そんなoneの解釈からの

オマージュカクテルはこちら。

Img_2138


Brunswick Sour
ブランズウィック・サワーと
呼ばれる一杯

・white rum
ホワイトラム 3/6
・lemon juice
レモンジュース 1/6
・sugar siro
シュガーシロップ 1tsp
・red wine
赤ワイン 2/6

1.赤ワイン以外の材料を
シェーカーに入れ
いっぱいの氷とともに
シェークしグラスに注ぐ

2.赤ワインをゆっくりと浮かべる
シラー種を選ぶと
秋っぽい仕上がりに


どことなく

煙ただよう秋。

秋のフルーツ・ラフランスで作る

葉巻と相性の良い

シガーカクテルを紹介します。

Img_2141


・calvados brandy
カルバドス 2/3
・Baileys Original Irish Cream
べイリーズ 1/3
・poire silop
ポワール シロップ 適量
・Claude Blanchet
ラフランス 1/4個

1.全ての材料に
クラッシュアイスを入れ
ミキサーにかける

2.とろとろをグラスに注ぎ
焦がしたラフランスの皮を飾る

3.葉巻くゆらせごくり


秋の深まりと共に

美味しさの増す

スペイサイド・ウィスキー。

アイラ川、リベット川、

そしてスペイ川と

地形を空想しながら

飲んでみては。

Img_2142


恵那寿や(えなすや)さんの

栗きんとん、

喜多林堂さんの

割板ピーナツ、

ピエトロ・ロマネンゴ
(PIETRO ROMANENGO)さんの

シュガーボンボン。

ウィスキーの

すすむこと、

すすむこと。

2017年9月 7日 (木)

実りの秋の一杯を


におつかれ様です。

沢山のお祝い🎂メッセージを

ありがとうございました☺️

9/7(木)〜9/17(日)は宮下大輔展

[series 20170907]を

oneエントランスの白い空間で開催します👏

広島生まれの氏とお話しする機会が

五年前くらいにありました。

カセット・テープ📼の話で

盛り上がりました。


今回、6年振りの個展は

自身収集の既製品や部品を並べた作品を

展開します。

作品へのオマージュ・カクテルとして

選んだのは

ファイン アンド ダンディ fine & dandy。

one十八番のホワイト・レディ・カクテルに

アロマティック・ビターズを

垂らす一杯です。

Img_1865_2


fine & dandy

*ジン 1/2
gin
*レモン・ジュース 1/4
lemon juice
*ホワイト・キュラソー 1/4
white curaçao
*アロマティック・ビターズ 3dsh
aromatic bitters

アロマティック・ビターズ以外の材料を
シェーカーに入れ氷を詰めた後に
氷の上からビターズを垂らし
シェークしてグラスへ注ぐ

夏が記憶になりはじめたら

セプテンバー・モーン・カクテル

september mornは

いかがでしょうか?

Img_1861_2


september morn

*ホワイト・ラム 3/4
white rum
*ライム・ジュース 1/4
lime juice
*グレナデン・シロップ 適量
grenadine syrup
*卵白 適量
the white of an egg

全ての材料をシェーカーに入れ
氷を詰めシェークしグラスへ注ぐ


♪朝焼けの光の中にの立つ影は~♪

…………9月の朝もやの情景です。

グレナデン・シロップの赤を減らして

アロマティック・ビターズを加えて

色褪せてゆく夏を強調しています。


9月には

シングルモルトウィスキー、

「ク」ライネリッシュを飲りませんか?

Img_1859_2


読「ク」書の秋も間近。

oneはジュン「ク」堂で

みつくろった文庫本を

肴に夜長を楽しみます。

2017年7月17日 (月)

給食番長の夏休み

おつかれ様です。

bar oneは

7/27(木)〜7/30(日)、

8/10(木)、8/12(土)を臨時休業します。

そして、いよいよ、

あの「給食番長」が夏休み早々

bar oneエントランスの

white space へやってきます。

7/17(月)〜7/30(日)

よしながこうたく絵本原画展。

オマージュ・カクテル、

今回は宇治金時。

Img_1173 自家製のあま酒をベースにした意欲作です。

基本的にノンアルコール・カクテルですが

ご希望でジャマイカン・ラムを調合します。

給食番長宇治金時と呼んでいます。

Img_1174 スイカのマルガリータも

よしなが氏の作品に馴染みます。

Img_1177 給食番長の夏休み。

葉巻とラム酒でリラックス。

家族サービスの息抜きに。

 

2016年8月 5日 (金)

リオ五輪カクテル

おつかれ様です。

いよいよ目前に迫るリオ五輪。

渇きを癒す一杯を。

コルコバード・カクテル
・ゴールド テキーラ 30ml
・ドランブイ リキュール10ml
・ブルーキュラソー リキュール20ml
・レモネード 60ml
クラッシュアイスと共にシェイクして、
共にグラスへ注ぐ。

巨大なキリスト像の立つ

コルコバードの丘から

リオ・デ・ジャネイロの眺めを

グラスへ映したスタンダード・カクテル。

Image

パクチー・モヒート
a.カシャーサ 45ml
b.パクチーの葉 適量
c.角砂糖一個
d.アンゴスチュラ ビターズ 2ダッシュ
e.ソーダ 適量
f.ライムジュース 15ml

1.a,b,cと
クラッシュアイス大さじ1を入れた器を
スリコギで、みぞれ状になるまで潰す。
2.クラッシュアイスを入れたグラスへ1を。
3.d,eを加え、グラスに霜が回るまで
かき混ぜる
4.fを注ぎ、2本のストローを挿す

ブラジル産のラム、カシャーサと

ブラジル料理に欠かせないパクチーの葉で

夏の定番モヒートをアレンジしたカクテル。

葉巻モンテクリストNo.2と飲りつつ

書いとりますが上々です。

Image_2

コンフェイト・カクテル
*カシャーサ 1/3
*マディラワイン ボアル10年 1/3
*ガリアーノ リキュール 1/3
*レモンジュース 1tsp
全ての材料をシェイクしグラスへ注ぎ
金平糖を沈める

ブラジル産のローカル・ラム、カシャーサも

リオ五輪を契機に流通へ向く

700mlサイズ(左)をメインに据え

世界浸透を目指しちゃうようです。

コンフェイトはブラジルで金平糖の意味。

oneオリジナル・カクテル。

Image_3

2016年7月10日 (日)

ヘミングウェイなカクテル

おつかれ様です。

7/10(日)は臨時休業します。

お客様から

ヘミングウェイの飼っていた猫は

6本指だったんだよ。

そして、

なんとその遺伝子は

今も残っているんだよ、と伺いました。

へぇ〜、全く知りませんでした。

ありがとうございます。

ヘミングウェイあっての夏のone。

猫が盗み酒するくらいに美味しいアブサンを

シャンパンに落とすカクテル

「デス イン ジィアフタヌーン」

彼の「午後の死」という

タイトルの作品から

生まれた一杯。

陽の長い夏へ溶け出しまどろめます。

Image

彼がキューバで飲んでいた

'モヒート'というカクテルもあります。

先日、

エメラルド・モヒートと

題した一杯をいただきました。

ライムと

アンゴスチュラ・ビターズの代わりに

フレッシュ・キウイの酸味と苦味を使う

新解釈のモヒート。

さすがはアマン東京のバー!

このエメラルド・モヒートは

ほぼほぼの再現ですが

oneでもお愉しみいただけます。

Image_2

ヘミングウェイの肖像入キューバ産ラムは

イタリアの瓶詰め業者サマローリ社の一本。

長めのハバナ・シガーや

ミント・チョコとのマリアージュで

時間をお忘れ下さい。

パナマ帽をお忘れなく。

Image_3

最近の写真

  • Img_2142
  • Img_2141
  • Img_2138
  • Img_1894
  • Img_1891
  • Img_1887
  • Img_1865_2
  • Img_1861_2
  • Img_1859_2