何も足さない何も引かない Feed

2018年10月27日 (土)

11月は葉巻に合う一杯を

おつかれ様です。

11/2(金)、3(土)は

唐津くんちでお休みします。

11/17(土)~12/2(日)は田中千智展。

会期中に

氏が表紙を描いた

詩人・黒田喜夫の出版イベントも。

~深秋から初冬に

美味しいなぁと特に思う一杯を3つ。  

I will introduce you tree glasses especially in the fall and winter,

I think it's delicious

・アレキサンダー カクテル

*コニャックブランデー      1/3

*カカオリキュール            1/3

*フレッシュクリーム         1/3

*ナツメグ                       極少量

1.ナツメグ以外の材料をシェイクし

   ストレーナーで漉してグラスへ

2.ナツメグを削りかける

3.お待たせしました

34dc72ad531a417287c9c661fb1cb833


オリエンタルな香りや

柔らかな口当りに

気を囚われている隙に 

すっかりブランデーに

魅了されてしまう一杯。

秋が忙しくなっている方へ

何かを取り戻すきっかけに。

・ジャパニーズウイスキー宮城峡と

   その熟成に使われたデザートワインを

   チェイサーに

急な冷え込みが減った分

主張の強いウイスキーより

スイスイっと流れゆく宮城峡タイプに

一層うまみを感じます。

一方、ウイスキーの熟成樽に使われた

デザートワインはモスカテル種

(マスカットオブアレクサンドリア)を

皮ごと発酵させた香り高い一杯。

52ec5aa6636f4211a0fd64d39005f0da


単独で飲むとマーマレードや

熟れた柿に似ています。

並んだ2つのグラスに

お水を交え

あおったり、すすったり、くゆらせたりして

酔いを楽しんで。

・秋ジンフィズ

*ドライジン                        30ml

*レモンジュース                 15ml

*シロップ                            1tsp

*ソーダ                               60ml

*アンゴスチュラビターズ  2dsh

*カルピス(濃縮)                  1tsp

*レモンの皮

1.ソーダ、ビターズ以外の材料を

   氷と共にシェイカーに入れ、 

   その氷の上にビターズを垂らし

   シェイクする

2.あらかじめ、氷を組み

   ソーダを注いでおいたタンブラーへ

   1をそっと注ぐ

3.レモンの皮で香りを飛ばし

   グラスに浮かべる

4.お待たせしました

4586947921a44d54af782657d68eb8df


 

バーマンにとって基本のジンフィズを

秋の苦味~冬の風味+アレンジ。

ひとりひとりお顔の見えるカウンターで

せっかく仕事をしているので

呼び方は同じジンフィズでも

季節やお客様の具合に合わせた調合を

その都度心掛けています。

このジンフィズは

「モンゴル鍋を食べて来たよ」という

お客様にもオススメしています。

〜今日もあなただけの一杯をへ

遊びに来ていただいて

ありがとうございます。

たぶん10年は経っていないぶりに

写真メニューを更新しています。

これまで考案した

展示作品へのリスペクト・カクテルも

一部加えてみました。

店内暗くて見づらいんですが

酔いのかたみに

めくって下さいませませ。

2018年6月 9日 (土)

梅雨とW杯に交わす一杯

2018年のワールドカップが

ロシアで始まります。

勝敗はもちろんですが

バーマンとしては

出場国の人たちが

どんな風にお酒を楽しんでいるのかが

気にかかります。

サッカーと言えばブラジル。

カイピリーニャ(Caipirinha)は

ブラジルで一番親しまれているカクテル。

Img_3248



・カシャッサ Cachaça 適量
・ライム (皮ごとサイコロ状に切る) 1/4個
・レモン (同上) 1/4個
・マラスキーノ リキュール 適量
1.レモン、ライムを少量のクラッシュアイスと共にスリコギで潰す
2.氷がシャリシャリしなくなったら
お酒を加え再びスリコギで潰す
3.クラッシュアイスを盛ったグラスへ2を注ぐ

蒸し暑い日本の6月にぴったしの一杯。

oneのオリジナルカクテル、

<コンフェイト>にも

6月の花あじさいアレンジを施し

おすすめしています。

Img_3251



・カシャッサ 1/3
・マデイラワイン ブアル10年
MADEIRA BOAL 10y 1/3
・ガリアーノ リキュール 1/3
・レモンジュース 1tsp
1.上記の材料を氷と共にシェイクし
グラスへ注ぐ
2.あじさい色の金平糖をグラスへ沈める

ポルトガル代表のFW

クリスチャン・ロナウド氏の故郷

マデイラ島MADEIRAワインを使う

一杯です。

W杯開会の48時間前に

シンガポール・セントーサ島で行われる

米朝首脳会談。

会談の無事を願って

キングス ランソムKING'S RANSOMで

乾杯しませんか。

かつて

第二次世界大戦におけるポツダム会談で

振舞われた唯一のウィスキー。

その美味しさは

<王様の身代金>に匹敵するという

ユーモアと共に

長く親しまれていました。

Img_3256_2

今日も

あなただけの一杯を

へ遊びに来て頂き

ありがとうございます。

シンガポールのラッフルズホテルには

<シンガポール スリング>という

オリジナル・カクテルがあります。

一人歩きして

世界中のbarで親しまれています。


スリングで

談笑交わす

ふたりのボス

永遠の梅雨明け

てるてる坊主

2018年3月 9日 (金)

春により美味しいお酒

おつかれ様です。

3/29(木)〜4/5(木)は春休みを頂きます

baroneエントランスの

white spaceでは

3/31(土)〜4/14(土)

しまうちみか個展-境界線からみえる風景-

今年は花粉症傾向なone

ハチミツに効果を期待しつつ

ホット カムパリ カクテル作っています

Img_2691

カムパリ
ハチミツ
レモンジュース
キュンメル
お湯

ハチミツを引き立てるカムパリの苦みは

キュンメル・リキュールを加えると

春の食べ物特有の息吹感じる苦みへ

表情が変わっていきます。


ハチミツは

ミツバチの採ってくる花の蜜

花の香りの印象的な

シングルモルト・ウィスキー

アベラワーは三月四月頃の気候にこそ

っと美味しさを増します

Img_2689

少し水を足し

より香りを舞わせ

今年は

チャーチル・サイズの葉巻と

たのしんでみては?

祝ゲイリーオールドマン!

次回は

ブラックパンサー2の仇役に

三月四月は別れと出会いの季節

ソメイヨシノの花の実は

あまりに小さく

わかりにくい

それでも

サクラの別れは

ふしぎと実になります

さくらの赤ちゃん、さくらん坊、さくらんぼ

さくらんぼのお酒マラスキーノを使う

別れの一杯


ダスピダーニャ カクテル

ウォッカ
マラスキーノ
グレープフルーツジュース
ライムジュース
ライムの皮ツイスト

Img_2690

ダスピダーニャは

ロシア語で

またねっ

てニュアンスの別れの挨拶


今日も

あなただけの一杯を

に来て頂いて

ありがとうございます

♫さよならは別れの言葉

じゃなくてふたたび♬

あの鮮烈な音飛び?体験は

それからのラップ時代との出会いを

予感させるものだったんだら

2018年1月 6日 (土)

いぬどしもoneでいっぱい

おつかれ様です。

あけまして

おめでとうございます。

開催中の

アート・ジュエリー・マーブル展は

戌年1/14(日)まで。

〜自身の身体に

どこかしら

不具合がでたり

家族の健康が

途切れたり。

そこらへんで

お酒への理解や

仕事への姿勢が

深まったような

気がしている

とり〜いぬの年末年始。

睦月如月の

しっかりと冷え込んだ日に

美味しい

ウォッカ・ギムレット。

Img_2434



vodka gimlet
ストリチナヤstolichnaya              3/4
ライムジュースflesh lime jeuce      1/4
上記の材料を
シェイクしグラスへ注ぐ

丁寧なシェイクを求められる

初心忘るべからずな一杯。


〜「ようこそ」の

おしぼりに

「あったか〜い」って

ほころんで頂けると

ホット・カクテルの

スタンバイはじめっ。

耐熱グラスを

熱湯で満たしておきます。

お客様が

oneのプレゼンに乗って

頂けると

三個の丁子の頭を割り

金柑煮と水と鍋へ。

ひと煮立ちさせ

温めておいた

耐熱グラスに

オールド・パーを入れ

鍋をあけます。

Img_2439



金柑は

替玉もどうぞ。

〜新春ブラタモリのおかげで

oneの初夢は

富士山のようなもの。

乗れる波には

乗っとかなきゃと

平成30年の幕開けボトルは

ハイランドパーク。

ハイランドパークは

スコットランド最北の蒸留所。

緯度と標高の違いはありますが

両方とも

いちばん。

縁起良ぉし。

Img_2509



しっかりと残る

熟れたベリー風味は

ピーンと張り詰める寒さを

ゆっくりと

ほどいてくれます。

2017年10月22日 (日)

秋のシガーカクテル

おつかれ様です。

bar oneは毎月1,11,21,31日に

定休日を頂いておりますが、

11/2(木)は

臨時休業します。

bar oneエントランスの

white spaceで

10/21(土)〜10/30(月)開催の

福嶋さくら個展/一編。

アクリル画のとある箇所に

刺繍を施した作品です。

ラジオから流れるフレーズに

ふと

巻き取られる日常。

日常の暮らしの中

記憶にふけるきっかけ。

きっかけに刺繍。

そんなoneの解釈からの

オマージュカクテルはこちら。

Img_2138


Brunswick Sour
ブランズウィック・サワーと
呼ばれる一杯

・white rum
ホワイトラム 3/6
・lemon juice
レモンジュース 1/6
・sugar siro
シュガーシロップ 1tsp
・red wine
赤ワイン 2/6

1.赤ワイン以外の材料を
シェーカーに入れ
いっぱいの氷とともに
シェークしグラスに注ぐ

2.赤ワインをゆっくりと浮かべる
シラー種を選ぶと
秋っぽい仕上がりに


どことなく

煙ただよう秋。

秋のフルーツ・ラフランスで作る

葉巻と相性の良い

シガーカクテルを紹介します。

Img_2141


・calvados brandy
カルバドス 2/3
・Baileys Original Irish Cream
べイリーズ 1/3
・poire silop
ポワール シロップ 適量
・Claude Blanchet
ラフランス 1/4個

1.全ての材料に
クラッシュアイスを入れ
ミキサーにかける

2.とろとろをグラスに注ぎ
焦がしたラフランスの皮を飾る

3.葉巻くゆらせごくり


秋の深まりと共に

美味しさの増す

スペイサイド・ウィスキー。

アイラ川、リベット川、

そしてスペイ川と

地形を空想しながら

飲んでみては。

Img_2142


恵那寿や(えなすや)さんの

栗きんとん、

喜多林堂さんの

割板ピーナツ、

ピエトロ・ロマネンゴ
(PIETRO ROMANENGO)さんの

シュガーボンボン。

ウィスキーの

すすむこと、

すすむこと。

2017年9月25日 (月)

めぐみの秋に飲むお酒

おつかれ様です。

bar oneは毎月1,11,21,31日に

定休日を頂いておりますが、

9/30(土)は臨時休業します。

〜そろそろ十五夜。

ブルームーン ウサギのもちつき 見えるかな

blue moon cocktail

*ジン 1/2
gin
*レモン・ジュース 1/4
lemon juice
*ヴァイオレット・リキュール 1/4
violet liqueur

全ての材料をシェーカーに入れ
氷を詰めシェークしグラスへ注ぐ

Img_1887


いわゆる

スタンダード・カクテルなのですが

oneはお月見仕様で

ラベンダー・シロップを
lavande sirop

少量加えるアレンジで

提供しています。

ススキ🌾とラベンダーって

かぶりませン?

〜芸術の秋。

映画のタイトルに頻繁に使用される

「マンハッタン」。

カクテル発祥の地アメリカには

彼の地の地名そのものや

地名の入ったカクテルが

いくつかありますが

マンハッタン・カクテルはその代表。

アメリカのHERO

ケネディ大統領の愛した葉巻・

アップマンをくゆらせながら

一緒にいかがでしょう?

manhattan cocktail

*ライ・ウイスキー 3/4
rye whiskey
*スウィート・ヴェルモット 1/4
sweet vermouth
*アロマティック・ビターズ 3振り
aromatic bitters
*グリオッティーヌ・チェリー 3個
griottines cherry
*オレンジの皮 2枚
orange peel

1.ミキシング・グラスに氷を組み
氷中央にヴェルモットを注ぐ。

2.グラスの周りに霜がふるまでステアして
ヴェルモットを捨て切る。

3.アロマティック・ビターズを
ミキシング・グラスへ振る

4.霜がスルーッと涙するまで待ち
ビターズを捨て切る

5.スウィート・ヴェルモット、
ライ・ウイスキーの順に注ぎ
再びステアしてグラスへ注ぐ。

6.オレンジの皮で
香りのみをグラスへ飛ばし
チェリーを飾る

Img_1891


マンハッタン・カクテルは

ライ麦主体のライ・ウイスキーと

赤ワインのハーブ酒、ヴェルモットを

混ぜ合わせて作る一杯。

一般的に、

ライ麦はたわわに実っても

こうべを垂らさないようですが

ことさら

秋冬に飲むマンハッタン・カクテルは

豊穣を感じて頂けると思います。

マンハッタン 馳せるはこうべを 垂れるライ

〜収穫を祝う秋。

ぶどうもお祝いされます。

ワインとなってブランデーとなって

お祝いする側にも回ります。

甘く優しい

コニャック・ブランデーは

うわあ、美味しい‼️

生きてて良かったーと

おへその下あたりから感じられます。

大自然への恵みをいささか

オーバーランして

一個人の健康のありがたみにまで

行き着く訳です。

Img_1894

oneは虫歯の治療が終わる度に

ふくよかなコニャックに癒されます。

ふねを漕ぐ わかっちゃいるけど チョコレート

2017年9月 7日 (木)

実りの秋の一杯を


におつかれ様です。

沢山のお祝い🎂メッセージを

ありがとうございました☺️

9/7(木)〜9/17(日)は宮下大輔展

[series 20170907]を

oneエントランスの白い空間で開催します👏

広島生まれの氏とお話しする機会が

五年前くらいにありました。

カセット・テープ📼の話で

盛り上がりました。


今回、6年振りの個展は

自身収集の既製品や部品を並べた作品を

展開します。

作品へのオマージュ・カクテルとして

選んだのは

ファイン アンド ダンディ fine & dandy。

one十八番のホワイト・レディ・カクテルに

アロマティック・ビターズを

垂らす一杯です。

Img_1865_2


fine & dandy

*ジン 1/2
gin
*レモン・ジュース 1/4
lemon juice
*ホワイト・キュラソー 1/4
white curaçao
*アロマティック・ビターズ 3dsh
aromatic bitters

アロマティック・ビターズ以外の材料を
シェーカーに入れ氷を詰めた後に
氷の上からビターズを垂らし
シェークしてグラスへ注ぐ

夏が記憶になりはじめたら

セプテンバー・モーン・カクテル

september mornは

いかがでしょうか?

Img_1861_2


september morn

*ホワイト・ラム 3/4
white rum
*ライム・ジュース 1/4
lime juice
*グレナデン・シロップ 適量
grenadine syrup
*卵白 適量
the white of an egg

全ての材料をシェーカーに入れ
氷を詰めシェークしグラスへ注ぐ


♪朝焼けの光の中にの立つ影は~♪

…………9月の朝もやの情景です。

グレナデン・シロップの赤を減らして

アロマティック・ビターズを加えて

色褪せてゆく夏を強調しています。


9月には

シングルモルトウィスキー、

「ク」ライネリッシュを飲りませんか?

Img_1859_2


読「ク」書の秋も間近。

oneはジュン「ク」堂で

みつくろった文庫本を

肴に夜長を楽しみます。

2017年7月 3日 (月)

曲線酒で乗り切る梅雨前線

おつかれ様です。

barスペースへの入口、white spaceで

7/1(土)~7/9(日)開催の菅雄嗣展。

scraped paintingという

キャンバスに塗布した絵の具から

筆跡や痕跡を描き出す作品。

スピードの象徴・ハイウェイという題材は

ひっかき傷やシワの質感に

時間量のみならず匂いまで

もたらしています。

oneはスタンダード・カクテル、

beach comber ビーチコーマーを

オマージュの一杯として提供します。

湾の曲線に引き寄せる大波の意味のほか、

砂浜に櫛をする人、転じて

砂浜で漂着物集めに興じるピュアな心を

模した一杯です。

砂浜に櫛をする事から

キャンバスを引っかく事を連想しています。

white rum                            1/2

white curaçao                     1/6

maraschino liqueur             1/6

lime juice                              1/6

Img_1121


梅雨入りから

よくオーダーを頂くようになった

レモン・グラスのハイボール。

レモン・グラスの実り方は

菅氏の描くハイウェイ曲線に類似点が幾つか。

Img_1130


海が近くなる七月。

舟遊びを匂わす

シングルモルトウイスキーは

いかがでしょうか?

スコットランド本土最北にある

海岸沿いの蒸溜所、

old pulteney オールド プルトニー。

そちらからの

clipperと呼ばれる帆船レース記念の一本。

そのいきいきとした味わいは

風をいっぱいに受けた帆の曲線のよう。

Img_1117

2017年5月25日 (木)

ミント・ジュレップを飲み干す前に

おつかれ様です。
昨日は久しぶりの雨。
今日はきっと
野原に跳ねるバッタが見られるでしょう。

Img_1013

grass hopper cocktai
グラスホッパー(バッタ)と呼ばれる一杯。
グリーン・ミント・リキュール 1/3
ホワイト・カカオ・リキュール 1/3
フレッシュ・クリーム 1/3
なめらかな口当たりの一杯は
夏へ跳ねる気持ちをまどろませます。

晩春、低く飛び交う姿の見られるツバメ。
空模様に反比例曲線を描きます。
目で追っているうちに
飲んで帰ろっとよぎっちゃったなら、
GLEN ELGINグレンエルギン。

Img_1008

ツバメ(岩ツバメ)の描かれた
シングルモルトウィスキー。
その強い主張のない味わいが
底知れぬ旨さへつながる
よせてはかえすツバメ返し。

五月のまぶしさへ
さらにだめ押しをする
山椒の実の青さ。
ちりちりと燃える線香花火状の実をほぐし
無味無臭のウォッカに漬け込みます。

Img_1009

ブラッディメアリーカクテルの隠し味や
カカオ、チョコの甘さを軽くするのに
重宝します。

2016年12月30日 (金)

酉年はカクテル・バーが吉

おつかれ様です。

酉年の来年。

カクテルはcocktailと綴ります。

雄鶏の美しい尾羽で

飲み物を混ぜた事に由来します。

私達の使うバースプーンに

その名残りがあるでしょうか。


十二支・犬猿の仲、サルとイヌの間に

割って入った立役者、トリ。

「間に入る」とドリンクといえば

カクテル「ビトウィーン・ザ・シーツ」

☆ブランデー 1/3
☆ラム 1/3
☆ホワイト・キュラソー 1/3
☆レモン・ジュース 1tsp(極極小量)

Img_0330



葉巻と好相性のシガーカクテル。

シンプルな美しいレシピは

ブランデーの産地や

ラムの熟成度合をアレンジする事で
季節感や

間に入るシーツの素材感、織りの

表現を狙えます。

“Between the sheets”とは、

“ベッドに入って”という意味。

執事(バトラー)さんがバーマンとなり

ご主人様のベッドサイドで

作っていたのかも知れません。


いわゆる

'にわとり'の酉年とはズレますが

冬にこそ美味しいモートラック蒸溜所の

Mortlach シングル・モルト・ウイスキー。

その中に

トリ(鷹)が目印の一本があります。

Img_0331

ゴードン&マクファイル社

GORDON&MACPHAILの

46%瓶詰めボトル。

初夢に縁起の良いとされる

一富士「二鷹」三茄子ですし

その味わいと共に

'トリ'ラベルをまぶたに焼き付けてみては。


紅白歌合戦ではありませんが

トリは

ホット・ウイスキーhot whiskeyを。


食べる酉年、焼き鳥。

焼き鳥やさんで

「玉ひも」と呼ばれる部分。

色・形・大きさともに

フルーツの金柑に似ている事から

「キンカン」の愛称で親しまれています。

oneではキンカン煮を

グローブとウイスキーとお水と一緒に温め

ホットグラスへ注いでいます。

Img_0333



立ち上る湯気が

トサカに見えたら御利益アリでしょう。

最近の写真

  • 7144837465f347b5b00ee3068562317e
  • E0f04fdf483f4ad88ec43a10dd3f7e6a
  • 0caa106c6523449da0b6e0944149d913
  • 34dc72ad531a417287c9c661fb1cb833
  • 4586947921a44d54af782657d68eb8df
  • 52ec5aa6636f4211a0fd64d39005f0da
  • 178de06861514dff9d6abd70d1b9ed33
  • A7ff59b4eaff4e108028e17e5c7c1849
  • Ef2b9bb6edd7413e87c71792661ffa29
  • E506edd462874610947574631b9f6fca
  • 7aea619600f04f04b7d855b118e47c21
  • E6ac86e9c8434d478399c290f142821f